心理教育公開講座

毎月行っている心理教育公開講座にて、『心身の健康と幸せについて』というタイトルで医局の吉田先生にご講演をいただきました。 先生ご自身の体験談を通して、心身の健康とは?幸せとは?についてお話をしてくださいました。先生は毎日 More »

心理教育公開講座を行いました

当院の管理栄養士・藤川さんを講師に迎え、「摂食・嚥下障害って?!~加齢に伴う変化を知り予防しよう~」が10月11日(木)に開催されました。 老若男女問わず約70名の参加があり、みなさん自分自身のこととあてはめながら、熱心 More »

心理教育公開講座

毎月恒例の心理教育公開講座を開催しました。薬剤師の佐々木さんに『精神科で使われるお薬について』というタイトルでお話をしていただきました。 当院の心理教育公開講座は平成19年にスタートし、今年で11年目になります。薬につい More »

心理教育公開講座 S・IPS

少し前のことになりますが、心理教育公開講座『「働く」ってなんだろう?Part2~みんな誰でも働ける~』を開催しました。講師はS・IPS就労支援専門員の川本作業療法士とS・IPS利用者のAさんにお願いしました。タイトルにP More »

第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。 これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。 今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り ②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でし More »

ACT全国研修会浜田大会

今年の11月23日と24日に浜田市の石央文化ホールでACT全国研修会を行います。 ACT(包括的地域支援プログラム)では、重い精神障害をもった人であっても、地域社会の中で自分らしい生活ができるよう訪問支援を提供していきます。前回大会は埼玉県大宮市で盛況に行われましたが、今回は浜田市での開催です。宿泊や会場準備、プログラム作成など、清和会の頼りになるスタッフの力強い協力のもとで準備を進めています。

今大会のテーマは「地方の小さな町におけるアウトリーチ」です。大会開催地の浜田市は人口5万4千人ほどの小さな町ですが、日本に多くあるこのような小さな町だからこそできる地域支援の形や、当事者の方々が希望を持ち安心して暮らせる町づくりについて考えていきたいと思っています。

地域支援実践者のみならず、当事者やご家族、学生さんなど、興味のある方は是非会場にいらしてください。by 70

概要

ヴィレッジ研修(個人情報の取り扱い)開催しました

今月のヴィレッジ研修は「個人情報の取り扱い」についてです。

個人情報の取り扱い(管理)はとても重要な業務です。

職員全員が個人情報の取り扱いに対してさらに意識を高めるいい機会となりました。

まいにち まいにち

鉄板で焼かれるくらい暑い夏でしたね。

みなさま体調をくずされていませんか。

先日、41歳で脳梗塞を発症し高次脳機能障害をもつ当事者である鈴木大介さんが書かれた本『脳が壊れた』を読み、その中で

“「頼れる相手」や「頼るべき相手」と「頼りたい相手」とは、別物なのだ”

という文がありました。

ある利用者さん(Aさん)が、24時間待機の訪問看護ではなく、救急車や警察を呼んでしまう気持ちもここにあるのかと思い至り

つい、「何で救急車を呼ぶの!?」と端的に言ってしまう自分自身を振り返りました。

Aさんの考える「頼れる相手」・「頼るべき相手」・「頼りたい相手」と

私の考える

「Aさんの頼れる相手」・「Aさんの頼るべき相手」・「Aさんの頼りたい相手」

が違っており、Aさんにとって不利益にならない方法を考えていかなければ、と思いなおすことができました。

緊急ではないのに救急車を呼ぶことが迷惑行為であることに変わりはないですが、

地域で支援していく立場として何ができるのか、

本人にとって「頼れる相手」になるためにはどうしたらいいのか、考えていく必要があると思いました。

By ポン

8月 来夢活動報告

皆さん残暑厳しい今日このごろですが、いかがお過ごしでしょうか。今回来夢の8月イベントについてメンバーさんが感想を書いてくださったので許可を頂いての載せさせてもらいます。以下、メンバーさんの感想です。

「8月29日の午後から毎年恒例の来夢夏祭りが開催されました。今回の内容は、かき氷の飲食、スカットボール、スイカの試食でした。かき氷の味は、全部で5種類。いちご味、メロン味、ハワイブルー味、抹茶味、マンゴー味と多様でした。練乳をかける方も多々おられました。自分の感想ですが、練乳がよかったと思います。自分の要望ですが、抹茶味に小豆がついていたらいいかなと思いました。次にスカットボールがありました。大人数の参加者でにぎわいました。トップは5点入れた方が二人もいました。おめでとうございます。その後、スイカの試食もありました。自分の感想ですが、スイカもまぁまぁ冷えていておいしく食べることができたと思います。参加されたみなさん、ありがとうございました。そして手伝ってくれた方々、お疲れ様と言わせてください。」

当日は皆さん楽しんでくださったようでスタッフとしても嬉しかったです。9月22日(土)にバーベキュー大会と29日(土)にフロアボール大会を予定しております。参加希望の方は人数把握のために事前申し込みが必要です。希望される方は来夢スタッフまでご確認ください。スタッフW

心理教育公開講座 西川病院の歴史と看護

平成30年7月30日 心理教育公開講座にて
「西川病院の歴史と看護~昔話は元気のもと~」について武智看護部長に講演をしていただきました。                                                                                                                   西川病院の歴史を写真もふんだんに使われ、病棟の改築の他に、若かりし頃の先生や看護師の姿があり,参加された方々はじっと見て耳を傾けられていました。
当日の感想を紹介します。
●とても分かりやすくてよかったです。西川病院の歴史が分かりました。
●今日のお話、なつかしい写真を見せてくださりありがとうございました。
A先生の昔のスカート姿を見てびっくりしました。とても感動しました。
●看護部長さんの話を聞き、昔のなつかしい病院での生活を色々思い出しました。
●当時仲の良かった患者さんとの思い出がとてもなつかしかったです。
●またお話をきかせてください。楽しみにしています。
まだまだ多数の感想がありました。はじめて見る写真が多くスタッフも驚きと発見の時間となりました。
参加者の多くはタイトルどおり元気をもらい、病院の理念・看護の理念も聞くことができました。まだまだ、残暑厳しい日々ですが、体調には気を付けてのりきりたいものです。
OT:ベリー

ヴィレッジ研修(AED操作)開催しました

ヴィレッジせいわでは月に1回、事業所内研修「ヴィレッジせいわ研修」を開催しています。

今月は「AEDの操作」についてです。ヴィレッジせいわ1号館と2号館は浜田市の「まちかど救急ステーション」に登録しています。

いざとい時に備えて、職員のだれもがAEDを操作できるよう毎年研修会を開催しています

第2回せいわ研究発表会           ~グローバルに語り合おう~

研究発表は今までにも院内で活発に行われていましたが、昨年より清話会全体で行うこととなり、清和会の全主任が集まりこの会の運営を任されています。その運営の一人から感想をもらいました。 ニッチー

 

7月14日第2回せいわ研究発表会を開催しました。この会はせいわ主任会が中心となって運営をしています。11演題の発表と2つの海外視察報告がありました。今年のテーマは「グローバルに語り合おう」です。対応困難事例や精神科治療病棟での学び、多職種褥瘡ラウンドがもたらした効果、NST多職種連携チームによる健康管理プログラムの実践、精神科チーム医療推進委員会からは、ファシリテーションスキル向上に向けてのアンケート調査、他にも多様な発表がありました。せいわ会全体の組織力の強さを感じ、多職種の強みを活かし幅広い支援に繋がっていることを改めて学ぶことが出来ました。また今回は「グローバルに語り合おう」というテーマにあわせ、2つの海外視察報告がありました。視察報告後、グループワークを行いました。ベルギーではキーワードを明確にしている事、地域に患者さんを移行する対策として、病院の収益を確保しながら病床数を削減する対策を立てていることを知りました。イタリアでは、ベッド数が少なく精神科病床数が1万人に1床ということでした。浜田市の人口が約6万人なので、イタリアで考えたら6人しか入院できない事になります。国が法律の中でベッドを削減する対策を段階的に施行したそうです。

研究発表会は、新しい発見があり大変良い刺激になりました。  K・M

心理教育公開講座 S・IPS

少し前のことになりますが、心理教育公開講座『「働く」ってなんだろう?Part2~みんな誰でも働ける~』を開催しました。講師はS・IPS就労支援専門員の川本作業療法士とS・IPS利用者のAさんにお願いしました。タイトルにPart2とあるように、S・IPSの公開講座は昨年度に続き2回目となります。今年度は利用者の方にもお話をしていただき、実際にS・IPSの支援を受けて就労された方の生の声をお聴きすることができました。

聴講者は、現在就労をしている、就職活動中である、これから就職活動を始めたい、今は仕事について考えてはいない・・・と様々でした。しかしAさんと川本さんの話を通して、働くって素晴らしいこと、あきらめていた気持ちもあるけど自分にもできる仕事がきっとある、と希望と勇気を抱かれた様子でした。

この度ご自身の貴重な経験をお話しして下さったAさん、本当にありがとうございました。

~みんな誰でも働ける~

私達支援者も利用者の方と共に希望と勇気を持ち続けたいと思います。

今月も心理教育公開講座を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

OTR.S

優しさ補給★

今年は本当に尋常でない暑さが続いていますね。
最近は訪問先で駐車した車に入った途端、汗が滝のように流れます。車内はサウナのような暑さで、冷房が効き出した頃に次のお宅へ到着・・(涙)これ、何かの修行なんでしょうか?
そんな中、先日お伺いしたAさん宅で冷たいお茶とチョコレートのおもてなしを受けました。
「お疲れでしょうねえ。疲れた時は甘いものですね」という言葉をかけられて、暑さで参っていた私の心にも糖分が入ったようでした♪

この夏も水分とともに、利用者さんの優しさや心遣いを補給しながら乗り切っていきま~す!

By・S

 

精神科デイケア”来夢”屋台祭りに参加しました。

今年も11日に開催された屋台祭りにゲームコーナー(ストラックアウトとスカットボール)の担当として参加しました。今回は、役員として頑張って下さったメンバーさんに屋台祭りの感想を書いて頂いたので紹介したいと思います。

 

今回の屋台祭りに来夢委員さんの応援で参加させて頂きました。担当したのは、ゲームコーナーのストラックアウトです。ストラックアウトのゲームボードは、来夢製作所の手造りで、製作手順や色々な工夫を見てきていましたので、パネルが倒れてすぐに又セット出来る使いやすさに感心させられ、完成度の高さが実感出来ました。

『スカットボール』『ストラックアウト』に参加された皆さんの玉を持った時の真剣な表情、ボールが穴に入ったりボードを貫いた瞬間の笑顔、又、外れた時の残念そうな顔、私も手を叩き笑顔で応援しました。自分でもストラックアウトにチャレンジしましたが1枚しか貫けず残念な結果でした。

この様な形で参加出来て本当に良かったと思います。

屋台の食べ物は、私の大好きな「ホットケーキ」「フランクフルト」そして「たこ焼き」、暑い中職員の方が焼いて下さってとてもありがたかったです。冷たい物も「ところてん」「水ようかん」「みつ豆」「かき氷いちご」など、若い友人と話をしながら全て美味しく頂きました。祭りを企画、運営されたスタッフの皆さんに感謝、感謝です。

2時間弱の時間でしたが、いい汗をかき楽しい時を過ごす事が出来ました。

 

今回のゲームコーナーは、20名以上の来夢のメンバーさんが協力して担当して下さいました。美味しい食べ物とゲームも盛り上がっていて楽しい1日になりました。

“来夢”M子