総合防火訓練終わる

6月17日(月)年2回実施している総合防火訓練の1回目を実施しました。 この総合防火訓練は、病棟での火災発生を想定し避難誘導及び初期消火活動、そして通報が適切で迅速に対応できるよう訓練を行い、併せて職員の防火意識の向上を More »

落語会

5月30日 西川病院作業療法室で、「柳亭左龍落語会」が開催されました。 紙切りでは、観客のリクエストに応えて1枚の紙からハサミを使ってコウモリやお花など様々な形を、あっという間に切り抜き、観客にプレゼント~観客からは歓声 More »

令和元年 西川病院運動会が行われました

令和になり初めての運動会が行われました。当日は、万国旗も新調してもらい絶好の運動会日和! 応援合戦や関所破りリレーなど、患者さんと職員が一緒に参加し皆さん笑顔いっぱいの一日でした。 みなと保育園の園児たちもご参加いただき More »

心理教育公開講座

毎月行っている心理教育公開講座にて、『心身の健康と幸せについて』というタイトルで医局の吉田先生にご講演をいただきました。 先生ご自身の体験談を通して、心身の健康とは?幸せとは?についてお話をしてくださいました。先生は毎日 More »

心理教育公開講座を行いました

当院の管理栄養士・藤川さんを講師に迎え、「摂食・嚥下障害って?!~加齢に伴う変化を知り予防しよう~」が10月11日(木)に開催されました。 老若男女問わず約70名の参加があり、みなさん自分自身のこととあてはめながら、熱心 More »

新入社員オリエンテーション

清和会では、4月に新入社員のオリエンテーションを行っています。対象は、入社式を終えたばかりの新入社員と昨年度5月以降に入社された方です。今年度は、4月に入社されたばかりの11名も含めて22名の方が、3日間に渡るオリエンテーションを受講されました。

理事長をはじめDSCN0024副院長、各部長、課長の講義に耳に傾け、清和会の全体像を少しでもつかんでもらえたのではないかと思います。

まだまだ、入社後間もない方々にたくさんのことを一度に覚えていただくのは、難しいと思いますが、日々働きながら少しずつ講義の内容を思い出しながら、清和会の色に染まっていって欲しいなぁと在りし日の自分を思い出しました。 HP委員:S

昼ごはん

皆さん、今日のお昼はどんな食事をしましたか?カップ麺?おにぎり?手作り弁当?

月一回開催される「安全衛生委員会」では職員の健康管理については、何時も大事な議題です。

職員健診後に「ちょっと体重管理をしましょうね~~」と優しく?指導された方もあるでしょう。

最近では「各企業で、どんなアイデアで健康管理に取り組んでいるか」が問われています。

清和会でも働く方達への「メタボ対策」「禁煙対策」をもう少し積極的に進めなくてはいけないでしょうかね。

さて、このお弁当「何キロカロリー」あるでしょうかね?

産業医 M

DSC05205弁当

しおかぜ隊も頑張ってる!

今朝も、皆さん元気で作業をしています。

頑張る女性

頑張る男性

 

 

 

 

 

 

 

 

見ているとかなりの力が必要ですね。

病院中のリネンを集めて、ヴィレッジで綺麗にクリーニング。

ぴっちりとアイロンのかかった白衣が届けられます。トラック

 

 

 

 

 

 

 

「はまかぜ隊」は庭園作業、「しおかぜ隊」もこうして頑張っています。

ご苦労様。有難う。

診療部 M

 

 

気持ちを新たに…

桜も咲き始めた4月1日、新入職員を迎え辞令交付が荒木理事長から行われました。

新入職員の皆さんは、IMG_0032期待と不安の両方を抱えての辞令交付となったことと思いますが、個々の力を思う存分発揮していただき、清和会全体で温かく迎えたいと思いました。

あおむし

 

IMG_0036

 

 

 

 

 

IMG_0044

 

 

 

合わせて、昇格・移動・各委員会の任命の辞令交付も林副院長と松本副院長からあり、こちらも気持ちを新たに身を引き締め、より一層業務の向上を図って日々取り組んでいかれると思います。

さあ、新年度のはじまりです!            HP委員:S

春 爛漫!

土曜日、朝一番に3病棟からコール!症状の重い方が多い閉鎖病棟だが、季節ごとに変わるエレベータホールの

フェルト細工は一見の価値あり。聴診器と一緒に、カメラもポケットに入れて出発。

4月「入学式」をテーマにした可愛い人形!
3病棟の1DSCN0209

 

 

 

 

 

でも、ちょっと窓の外も素晴らしい桜!この1号館の周囲は、桜の木が沢山植えられていて、閉鎖病棟の隔離室からも見事な満開の桜が見られるのです。3病棟の2DSCN0210

 

 

 

 

 

病棟裏手の山際のリサイクルセンターへの道路工事も進んでいました。
3病棟の3DSCN0211

 

 

 

 

 

今度は5病棟からコール!渡り廊下を歩いていると、東屋の桜も見事~~~どこかの病棟の患者さんとスタッフが

花見の最中、揃って写真撮影も。
東屋の桜DSCN0214

 

 

 

 

 

 

 

先日までの、寒さがウソの様。春の日和に桜が輝いていました。

午前中、忙しかったけど一番良い花見が出来て嬉しかったです。         医局 N

往く人来る人!

4月1日朝、リクルートスーツに身を包んだ一群が、清和会正面玄関にも集まってきました。
新入社員の辞令発布、新人オリエンテーションなどが行われています。

3月31日、年度末の昨日は長年に亘って西川病院に勤務された同志の退任を見送りました。
又功先生

中でも、内田又功先生は昭和49年(1974年)12月に院長として就任していただき、
西川病院の精神科医療の中心となってご尽力いただいた先生でした。
時に辛口!実は優しい精神科医の又功先生のファンは担当された患者さんだけでなく
病院内外にも関係者スタッフ数多くおられたと思います。

31日木曜日午前中の外来を終わられた先生を、病院内の各部署からスタッフが医局に集まり、先生に長年のご苦労をねぎらって
感謝の拍手と花束をささげました。
常勤医師として一応の区切りをつけられた先生ですが、今後も外来病棟、パート医師として病院に出勤されますのでご安心!ください。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ところで、今回先生から退任にあたって、当院内の無機質な会議室の壁に浜田出身の女性画家の絵を寄贈して頂きました。
研修会など利用する時に、皆さんに見ていただきたいとの先生のお気持ちです。会議室に入られた時、是非じっくりご鑑賞ください。
                                                診療部 M

5年間ありがとうございました

桜この度、4月より西川病院に異動することになりました。

訪問、NACTであっという間に5年が経ったように感じます。

異動の挨拶を利用者さんにした時、ほとんどの利用者さんから、看護師に戻るんですね、看護師として働かれるんですねと声をかけて頂きました。

利用者さんにとって看護師が家にやって来るという感覚はなかったということが分かり、とても嬉しい気持ちになりました。

この5年間でコミュニケーションが苦手で、ネガティブな私も利用者さんとの関わりとポジティブなスタッフのおかげで成長することができました。

訪問、NACTで学んだことを今後活かしていけたらと思っています。 by N

総合的な支援を目指して

先週、ヴィレッジ3号館の内覧会が行われた。当初は、訪問看護ステーションの移転のみかと思いきや、

この際、清和会内の利用者さんへの総合的は支援をするステーションにしたらどうかの発想に繋がった。

DSCN0198

このように、広いスペースに「相談サービス」「通所、入所サービス」「在宅訪問サービス」「就労支援サービス」

と四つの部門が一同に会して、総合支援チームを作り、利用者さんへのより良いサービスを目指す。

DSCN0199

4月1日の正式な開所に向けて、引っ越し作業に追われている所でした。

ホームページ「清和会」からは、「訪問看護ステーション浜田」では、市内二か所の出張所新設など、

新たな情報も掲載されています。業務の充実に向けて、新たな人材確保もあるのでしょうか。

リハ部 M

柔道療法

s-707DSC01042

当院では平成26年度より、活動療法の一貫として、柔道療法に取り組んでいます。

「勝負にこだわらず、自然体で楽しく柔道を行う」が目的です。

この柔道療法のおかげで、福山大学の中村和裕先生とお会いすることができました。

先生は、小学校3年生から柔道を始められ、インターハイや国体等で活躍され、

その後は「PRIDE」でも活躍された方です。

先生のこれまでの歩みや柔道に対する思いを聞かせていただきました。

学生時代の部活の思い出に花が咲きました。

わが柔道部員の柔道に対する思いを聞いて、患者さんが、休まず参加する気持ちが

分かりました。     看:K子

 

 

 

看護研究発表会

IMG_5643

看護部では毎年、看護研究委員会の主催で、看護研究について学び

日頃の看護をまとめ、発表会をしています。今年は3月23日に発表会がありました。

日頃の「どうして?」や「患者さんの声」が大切にされた、とても興味深い内容でした。

研究に取り組むことはとても大変ですが、自分の看護を振り返り、可視化する

良い機会だと思います。

1年間本当にお疲れ様でした。発表者を支えてくれたサポート役の皆さん

本当にありがとうございました。

看護っていいな!としみじみ思えた時間でした。    看:K子