雨の日の運動会

運動会が始まる前から天気予報とにらめっこしていた実行委員会。当日の雨マークをみて、運動会の前日まで快晴なのに本当に降るのかと思っていました。 そして迎えた5/18当日。みるみる曇っていった天気はやがて土砂降りになり、運動 More »

入社して1ヵ月が経ちました!

初めまして、りんと申します。 今年度から作業療法士としてリハビリテーション部に加わらせて頂きました!これからよろしくお願いいたします。 社会人としての第1歩、4月は新しい環境に慣れようと四苦八苦、息も絶え絶えでしたが、最 More »

デイケア‟来夢”12月活動報告

デイケア“来夢”では春から物作りグループとして“来夢製作所”を立ち上げ、木工や園芸など様々なモノづくりを行ってきました。12月後半の活動としてミニチュア門松作成、デイケア棟の門松作成を行いました。 初めて作る方が多い中、 More »

公開講座特別講演

去る11月27日、福島県立医科大学会津医療センター特任教授、SST普及協会会長の丹羽真一先生を講師としてお迎えし、『リカバリーの時代』というタイトルでご講演いただきました。 今回は公開講座特別講演とし、入院外来患者さん、 More »

職員スポーツ大会開催!

毎年恒例の職員スポーツ大会が、今年も精神科デイケア棟のアクティビティーホールで開催されました。 種目は、男女2名ずつの4人に行われるソフトバレーボールです。 今年は、参加チームが5組と少なかったのですが、それでも各部署の More »

ACT全国研修帯広大会

110253sACT(包括型地域生活支援プログラム)の全国研修に北海道帯広に行ってきました。

「ACT入門・基礎」の分科会の担当でしたが、「地域でアウトリーチをやっていくぞ」という参加者の熱気に負けないよう、頑張って講師を務めてきました。今大会はアメリカのACTの本場マディソンからジャナ・レーン・フレイさんが来日され、基調講演や分科会で臨床現場のリアルな話が聞けました。アメリカのチームリーダーの言葉にはとても重みがあり、我々の活動の原点を見直すのとともに、これからのチームのあるべき姿をみたように思いました。

とても充実した日中の大会でしたが、帯広の夜もすばらしいものでした。全国各地のチームとの交流に花が咲き、日本の精神医療の未来を語りながらいただいた地元の料理やお酒に大満足でした。特に行列ができる有名店で食べた十勝名物の「豚丼」は絶品でした。 70

IMG_4530

デイケア来夢 9月のイベント

25日にふるさと体験村でバーベキュー会を行いました。前日の天気予報では降水確率が80%でドキドキしていましたが、何とか持ちこたえ曇りでした(^^♪

38人参加され、先発準備班が頑張って炭をおこしてくれ準備もバッチリでした。緑が多い中、みんなで食べる肉や野菜は勿論、焼きそばやおにぎりは格別美味しく感じました。

マムシやヒグマ注意の紙が貼ってあり、びっくりしましたが周辺を散策したり、普段交流がないメンバー同士話をしたりゆっくりと充実した時間を過ごせました。スタッフK

images[1]

動物愛護週間

DSCF12909月20日~9月26日は「動物愛護週間」でした。我が家では、捨て猫を4匹飼っていることもあって、動物に関する愛護を考えることが多くなっています(と言っても、ほとんど妻ですが・・・)。今回、シルバーウイークの最後の日に、鳥取の米子市立図書館で「小さな命の写真展」と映画「みんな生きている~飼い主のいない猫と暮らして」が開催されることを知り、子ども達を連れて行ってきました。

映画は90分間と長い上映時間でしたが、子ども達もしっかりと見てくれていました。長男は、この映画を見て、密かに「獣医になる夢」の火種を燃やしてました。私も、何か使命感にかられたような気がしましたが・・・。

今のACTでは、仲間がいることで、大きな力を得ることができ、仲間の大切さを実感できますが、一から始めるには、相当な勇気と気持ちが必要だな~とつくづく思いました。  by kino

デイケア来夢 創作プログラム作品紹介

6月より、革細工を不定期に行っています。初心者向けのキーホルダーやコースター作りと色々な柄の目打ちをトンカチで打つのはストレス発散にもなります。慣れたらキーケースや財布などもいいですね。

夏はうちわと風鈴を作りました。各々のセンスが光る、世界に一つだけの作品で涼しく夏を越せたのでは!?IMG_2512IMG_2524IMG_2508IMG_2448

デイケアにミシンがきました!早速、手芸部始動、ペットボトルホルダーや、ティッシュカーバーなどミシンや手縫いで作っています。男女問わず参加され手芸部人気です。

これらの作品は10月のしおさい祭りで展示したいと思いますので、お近くの方は是非お越しくださいませ。IMG_2622ペットボトルホルダー

スタッフK

久々のブログ、デイケア来夢

IMG_23144月以来のブログです。今回はその間の来夢の近況報告です。 6月6・7日『障がい者ソフトバレーボール中四国大会』が米子市で開催され、島根県代表で出場しました。

熱気ムンムンの会場で緊張感が高まる中、1回戦の広島県には敗退しましたが、交流戦では香川県に1勝できました。普段の練習の成果を発揮でき、他県との交流もありよい経験となりました。 後半はイベントで出雲バス旅行へ。まさかの大雨の中、出雲大社参拝や蕎麦やぜんざいと出雲グルメに舌鼓、グループごとに分かれて観光を楽しみました。浜田に着いた途端、晴れ間が!・・思いで深いバス旅行となりました。 IMG_2373 この4カ月間、デイケアの玄関が正面に変わり、8月より沖野智美Nsが病棟へ、田原美和子Nsが来夢に異動となり色々と変化もありました。 今後は定期的にブログをアップしますのでよろしくお願い致します。 スタッフK

前田ケイ先生によるSST中級研修会 in 浜田

CIMG2811 CIMG2852 CIMG28779月12日(土)、西川病院を会場に、SST普及協会中国支部の中級研修が行われ、県内外から38名の受講者が集まりました。講師としてお招きした前田ケイ先生はSSTに携わる方なら誰でも知っているというご著名な先生であることは勿論ですが、病院臨床のみならず、福祉、教育、児童、矯正機関など、様々な分野でのSST実施、発展に貢献されたことも有名で、今回も医療以外の分野の方が多く受講されました。前田先生には6時間に亘り、熱心にご指導頂きました。   西川病院のリハビリプログラムにSSTが導入されてから20年以上が経過、我がヴィレッジせいわでも昨年度から就労継続支援事業所で「就労SST」を開始しており、参加された利用者さんは確実にステップアップをされています。今後のSST実施にあたり、多くのスキルと元気をいただいた研修となりました。

38歳の卒業証書

卒業私が担当しているある利用者の話ですが、『高校卒業資格を取得したい』と高校に通い始めました。もちろん疾患のことや現在受けている障がい福祉サービス等の状況についても学校の担当者にお話ししてスタートさせたのですが、学校の担当者から弁論大会に代表者の一人として発表してもらいたいとの依頼があったようです。本人も悩んでいましたが、私もチャレンジするよう助言し、依頼を受けることにしたのです。その発表内容を先日予行練習として聞きました。小中学校のいじめの体験や成人してからの発病の状況、苦難を抱えながら歩んできたこれまでの人生が赤裸々に語られる中で、様々な人の協力や支援をたくさん受けてきた感謝も盛り込まれとても感動的な内容でした。不登校だったため中学校の卒業証書を受け取っておらず、関係機関に問い合わせたり、当時の関係者の協力で38歳で初めて卒業証書を手にしたのです。弁論大会に備え、スーツを買いに同伴し、店内で試着したその姿はとても輝いていました!! 弁論大会頑張れ!!

By kyuu

「自分の薬を知ろう」公開講座

9月30日に薬剤師の岡田さんにお願いして「自分の薬を知ろう」の題名で、入院患者さんに向けて公開講座が開かれました。約50名の方が聞きに来られました。

精神科における治療として

①薬物療法

②精神療法

③環境調整

④休養

についてお話がありました。

毎日飲んでいる薬にいては、皆さん興味津々でした。質問も沢山ありましたが、皆さんの前での質問が恥ずかしい人は、後から薬剤師さんに聞きに行ったりと、熱心に聞き入っておられました。

質問で、挙がったことは、自分の薬の種類が多いのが気になる事や、漢方薬についての質問や、喉が渇いたり、眠たくなるのは薬と関係しているのか、副作用が気になり、もっと副作用について聞きたかったと言われておられました。

主治医との情報のやりとり・自分の薬について質問する大切さを改めて実感いたしました。

皆さんも、薬について改めて考えてみてはいかがでしょうか?

医師・薬剤師さんには感謝です。 OTR:W

IMG_1517 IMG_1511 IMG_1508

作業療法普及啓発事業に参加して

9月19日(土)に松江イングリッシュガーデンにおいて作業療法普及啓発事業が行われ、オープニングイベントとして、NPOちゃんくす代表作業療法士  西上忠臣氏の『地域を活かす作業療法』という講座に参加してきました。広島の三原市で作業療法士として市の職員と地域の皆さんとで作業を媒介とした町おこしをしておられ、また大学にも属しながら活躍しておられるスーパー作業療法士でした。現在は、ちゃんくすを開業し、発達しょうがいの方に自分に合った作業(仕事)を探し出すお手伝いをされています。テレビにも出られてすばらしい活躍をしていらっしゃいました。お話も作業療法を地域と人を結びつけるために何をしなければいけないのか、何をしたら発達しょうがいの方が輝いて生きていけるのか沢山のお話をされました。私自身も作業療法についての考え方、見方が変わりました。医療現場において活かせるところはしっかり活かしていきたいです。

作業体験ではパステルアートを模擬体験でき、子供から大人まで楽しんでいました。作品展示では西川病院からも陶芸作品や絵画など展示させていただきました。一般の方たちも参加され、作品を見て感動していました。しょうがいを持っても楽しいことも悲しいことも思うことは何一つ皆さんと変わらないよ、同じなんだよ、という気持ちが作品から伝わったようで、夫婦の方や子供さんをつれたお母さん方の心に響いたようです。少しでも多くの皆様に作業療法士とは何をする人なのか、分かっていただければ嬉しく思います。

作品展示作品展示2

K

絵画展

IMG_0787

先日、広島市中区八丁堀にあるギャラリーGで藪野圭一さんの絵画展があり、家族で出かけました。

その方は、以前から風景画や花等を中心にした作品を手がけています。

今回は特殊な絵画展で、ベニヤ板の上に薄いアルミを立てて接着し、そこへ和紙で覆い色を付けた作品でした。地球をモチーフに現在の平和という観点から災害による原発事故など色々な意味を物語っている作品でした。

何時もの藪野圭一さん作品とは一味違った作品を見ることができたのと、独特な絵画の世界に感銘を受けました。

by         ミル