第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。 これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。 今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り ②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でし More »

第19回こころの日音楽会

「こころの日音楽会」を7月5日に行いました。今年で19回目になります。会場が満席になり立ち見が出るほどの盛況でした。日頃なかなか聴けないチェロの生演奏や合唱など色々なエントリーがあり、楽しい時間をすごすことができました。 More »

夏季総合防火訓練終了!

梅雨空のすき間をねらった晴れの日に毎年行っている防火訓練を実施しました。 西川病院では、年2回の総合防火訓練を実施しています。 今年も夜間病棟での火災発生を想定し、避難誘導や初期消火活動、通報が適切で迅速に対応できること More »

精神科デイケア”来夢” プログラム紹介

ニュースでは梅雨入りしたとのことですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。次に今回デイケアのプログラムから今回「導入期プログラム(PFC)」をご紹介したいと思います。3月より始まった新しいプログラムでPFCはPOWE More »

心理教育公開講座を行いました!

先日、今年度第1回目の心理教育公開講座を行いました。 今回は「WRAP元気回復行動プラン~元気に役立つ道具箱をつくろう!~」と題して、私がお話させていただきました。 WRAPとはWellness Reconery Act More »

ACTブロック別研修会IN中四国に参加して

6月11日岡山県立図書館にてACTの研修会に参加してきました。朝、6時30分に浜田を出発し、高速を走らせて3時間、岡山県市内に着くことができました。運転してくださったFさんとTさん有難うございました。

午前中の研修は東京都医学総合研修所の糸川昌成先生の講演でした。演題は「回復を支援する~病気からの回復、魂の回復」

講演の前半は、最先端の遺伝子研究の取り組みや統合失調症の原因を解明しようとする新しい治療薬の開発ストーリーであり、難しい話を面白く聴くことができました。

講演の後半は糸川先生の生い立ち、先生と家族のリカバリーの物語を話されました。幼い頃から母親の話はタブーであり、大人になって初めて母は統合失調症という病気で何十年も入院生活を送っていたことを知ったこと。亡き母の人生と症状を調べる中で「全ての症状は意味があり、その人の人生の文脈を理解したときに尊厳が回復する」と話されました。母への熱い思いと切ない話しに思わず涙がこぼれました。

午後からは各グループに分かれて事例検討会を行いました。家族を含めた難しい症例でしたが息づまりながらもそれぞれが意見を出し合い、共感しました。

最後に糸川先生から基本ではあるが本人と寄り添う態度、傾聴すること、嫌なことをしない。原因を取りのぞくのではなく、押したり引いたりし駆け引きも必要と助言されました。

この度初めてACT研修会に参加させて頂きましたが皆様と意見交換ができ、活気ある研修会であったと思います。有意義な研修会に参加させて頂き有難うございました。by37go

次の画像結果: 岡山県立図書館の写真

岡山城 に対する画像結果

 

 

 

 

柳亭左龍落語会開催!

   落語家・柳亭左龍さんが落語、手品師・伊藤夢葉さんが奇術を、
   作業療法室にて約100人の患者さんを前に披露されました。

   落語を耳にする機会がほとんどない皆さんの笑いがとても
   幸せのひと時のように感じました。

DSCN0041[1]

DSCN0039[1]

   手品は日頃、目にすることがあっても、
   ネタが分かってしまうのではないかというくらいの
   至近距離でたくさんの手品を見ることができて
   みなさん大満足だったことと思います。

   手品を見ながら「わぁ~」「へぇ~」と童心に返り
   楽しいひと時を送りました。

DSCN0042[1]HP委員 新米S

梅雨のひと時 ☂

OLYMPUS DIGITAL CAMERA認知症治療病棟のホールは、スタッフが奏でる大正琴の音色と患者さんの歌声で素敵な時が流れていました。

6月9日、しっとり雨が似合うアジサイやカエルの壁画に囲まれて茶話会が催されていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪ 夏も近づく 八十八夜  トントン ♪

    患者さんもスタッフも笑顔いっぱいで歌って、手拍子。

ジメジメ梅雨も吹き飛んでいきそうなパワーを感じました。

これから一雨ごとに暑くなっていきます。元気で過ごしましょう~

ホームページ委員 リップ

 

今年もやってます!お寿司バイキング!

栄養管理科では、昨年リクエストNO.1だったお寿司バイキングを今年も先月より、各病棟に回り実施しています。肝心の寿司ネタはというと、まぐろやイカ、いくら、しめ鯖、エビ、玉子などなど・・・今年はなんと10種類にバージョンアップ!!sushi1shu1
せっかくなので、咀嚼・嚥下機能が落ちている方にもお寿司を食べていただこうと
軟らかいソフト食のお寿司も提供しました。su3
普段あまり食べられない方がおかわりをしたり、中にはご家族の方にも普段の食事とは違った雰囲気を感じていただけたりなど、私たち職員も楽しくもあり、うれしいひと時でした。
やっぱりお寿司は人気ですね!su4栄養管理科
                                

「雨の日」

雨の日2DSCN0271

楽しい詩と一緒に,3病棟のフェルト細工が梅雨のうっとうしさを忘れさせてくれます。
雨の日の色んな光景が詰まった作品です。
ちょっと足を延ばして、見に来てください。子供の頃は「雨の日」も楽しかったな~~って気持ちになりますよ。

DSCN0270

診療部:M

第11回島根県精神当事者連絡会総会が開かれました!

5月29日(日)ヴィレッジせいわ2号館の地域交流室を会場に、第11回島根県精神当事者会連絡会総会が開かれ、県内から当事者の方々を中心に50名以上の参加者がありました。

来賓挨拶に始まり、会計・事業報告や新役員体制報告があり、体験発表では大田の高次脳機能障害の方がお話しされました。最後に障がい者差別解消法についてのお話が浜田市からあり、大変充実した2時間となりました。

なんと言ってもこの会、県内の当事者の方々が集まり、数回の準備会から当日の運営まで全て行っておられます。浜田圏域からも準備会に参加される方がおられましたが、まだまだ人数が少なく、もっともっとこのような会に参加して、当事者の活動が広がるとよいなと思いました。精神保健福祉士Y

toujisyakai1  toujisyakai3

 

退院の条件としての訪問

先日、訪問を開始することになった利用者さん。「退院の条件として、服薬し訪問を受けるように」と退院された利用者さんは、訪問を表面的には受け入れてくれるものの、やはり距離を感じます。本人の気持ちは「仕方なしに・・・」という感覚のようです。さらに家族は訪問者に「訪問で病気を治してくれるんでしょう」という期待も抱かれていました。

私たちはご家族に、「病気が完治すること」を第一の目標とするのではなく、利用者さんが病気とうまく付き合いながら、社会の中で再び希望を取り戻し、自らの人生を歩んでいくことを支援するのが訪問の目的だと伝え、ご家族は少しずつ現実と向き合えるようになっていきました。

dav「退院の条件として」というパターンで始まった訪問では、関係性を築きにくく、利用者さんとはマイナスからのスタートになってしまいがちです。地域支援では、何をおいても関係性を築くことがすべての始まりです。良い関係を築き、良き理解者・パートナーとして、その人に寄り添っていけるかが大事なポイントですよね。     by kino

満開のサツキ

IMG_2507(2)病院前庭のサツキが満開です。
サツキはツツジ科の植物ですが、他のツツジと比べると約1ヶ月遅く花が咲き揃います。

旧暦の5月(皐月)頃に満開をむかえることから「サツキ」の名がついたのでしょうか。

IMG_2514.2

 

今日は爽やかな風が吹いて初夏を思わせるお天気でした。

ここ最近過ごしやすい日々が続いていますが、6月に入りまもなく梅雨です☂

ホームページ委員J

 

心理教育公開講座

5月30日に今年度1回目の心理教育公開講座を行いました。
今回は、今年から作業療法士になった私が「元気回復行動プランWRAP(ラップ)」についてお話しました。

ポスタ

IMG_2889

WRAPはアメリカの精神障害の当事者の方を中心に考案されたもので、今では障害の有無に関係なく誰にでも役立つものとして広まってきています。Wellness Recovery Action Planの頭文字をとってWRAPとよばれて、日本語では「元気回復行動プラン」と訳されます。元気になるため、元気を維持するために生活の中でできることをプランとしてまとめたもので、「自分の取扱説明書」ともいわれています。

今回はWRAPの概要について説明したり、実際に患者さんが自分の元気のためにやっていることについて尋ねたりしました。WRAPでは自分の元気のためにやっていることを「元気に役立つ道具箱」と呼んでいます。みなさん自分の好きなことや、やっていることなどを色々と発表してくださいました。大勢の患者さんの前で話をするのは緊張しましたが、患者さんからは「WRAPに参加してみたい」という声も聴くことができ、嬉しかったです。みなさんのご協力もあり、和やかな雰囲気で終えることができました。

今後、OTプログラムでもWRAPクラスを予定しています。みなさんと一緒に自分の元気やリカバリーについて考えていけたらいいなと思います。

これからも作業療法科では月1回のペースで様々な内容の心理教育公開講座を予定していますので、ご参加お待ちしています。OTR.W
IMG_2883

啄木鳥(コゲラ)

  • suketti 5月のはじめ、新しく職員駐車場が完成しました。
    この高台の駐車場、行き帰りには階段と坂があり運動不足の私には多少(かなり)息があがりますが、いい運動になるので最近務めてこの駐車場を利用しています。
    先日いつものように仕事を終え、駐車場への階段を上っていたところ、どこからか「トントントントントン・・・」と木をつつく音が。
    この音はキツツキ!?と、そっと駐車場のすみを見ると木をつつく鳥の姿を見ることができました。
    後から調べるとこのキツツキは「コゲラ」ということがわかりました。IMG_0229
    携帯電話のカメラで撮ったものの距離があったため上手に撮れず残念!
    バードウォッチングもいいなあと、思い始めた日でした。
    ホームページ委員J