心理教育公開講座を行いました

当院の管理栄養士・藤川さんを講師に迎え、「摂食・嚥下障害って?!~加齢に伴う変化を知り予防しよう~」が10月11日(木)に開催されました。 老若男女問わず約70名の参加があり、みなさん自分自身のこととあてはめながら、熱心 More »

心理教育公開講座

毎月恒例の心理教育公開講座を開催しました。薬剤師の佐々木さんに『精神科で使われるお薬について』というタイトルでお話をしていただきました。 当院の心理教育公開講座は平成19年にスタートし、今年で11年目になります。薬につい More »

心理教育公開講座 S・IPS

少し前のことになりますが、心理教育公開講座『「働く」ってなんだろう?Part2~みんな誰でも働ける~』を開催しました。講師はS・IPS就労支援専門員の川本作業療法士とS・IPS利用者のAさんにお願いしました。タイトルにP More »

第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。 これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。 今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り ②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でし More »

第19回こころの日音楽会

「こころの日音楽会」を7月5日に行いました。今年で19回目になります。会場が満席になり立ち見が出るほどの盛況でした。日頃なかなか聴けないチェロの生演奏や合唱など色々なエントリーがあり、楽しい時間をすごすことができました。 More »

ゆうゆう敬老会

9月20日(木)にゆうゆう敬老会を行いました。

当日は中学生の職場体験もあり、敬老会に花を添えてくれました。

ひばり合唱団さんもお祝いに駆けつけて下さり、たくさんの方々にゆうゆう通所者さんを祝って頂きました。

マジックに始まり、ひばり合唱団の1964年東京五輪の映像を見ながらの”東京五輪音頭”は、懐かしそうに一緒に口ずさんでおられました。”川の流れのように”も参加者全員の大合唱で盛り上がりました。

ゆうゆうスタッフによる即興ソーラン節は、こころを一つに踊りましたが、なぜかみなさんから笑いがおきていました。沖縄からも?三線演奏者が来られ、涙そうそう・上を向いて歩こうを2曲みんなで歌いました。来年も来られるそうです。

最後はゆうゆうの女性方がお手伝い下さった、紅白団子のぜんざいをいただきました。大小様々な大きさの可愛らしい団子でした。大変好評で多くの方がお代わりをされていました。たくさんの出し物があり、みんなで歌って、踊って、笑って楽しい会となりました。笑いの力で元気アップし、これからもますます長生きをして頂きたいと思います。  by いわっち

ありがとうございました!

朝晩がぐっと冷え込みはじめ、秋らしさを感じるようになりました。

平成最後の夏が終わったんだな〜と思うと、つらかった連日の猛暑も少し恋しくなります…。

さて、訪問看護へ異動し半年が経ちましたが、10月より西川病院の方へ異動となりました。

迎えてくださった利用者の皆さま、本当にありがとうございました。

文章を書いていると出会った方々のお顔や声が自然と思い返されます。

長いようで短い訪問時間、ありのままで接してくださり、思いを伝えてくださったこと、とても嬉しかったです。

生活するって本当に大変な作業です。

今後は入院されている方と接する時間が多くなりますが、その方の希望する生活を後押しするお手伝いができるよう、頑張っていきたいと思います。

by すずめ

デイ・ケア❝来夢❞9月の活動報告

922日に恒例のバーベキュー大会を来夢ガーデンで行ないました。

今年の7月から月に12回、土曜日の開所が始まっており今年のバーベキュー大会は土曜日に開催しました。当日は、朝まで降っていた雨も上がりお肉はもちろん、焼きそば、焼きおにぎり、焼き鳥など美味しく頂きました。平日は就労で来所出来ないメンバーさんの参加もあり、「久しぶりだね。元気だった。」など会話もはずみ楽しいバーベキュー大会になりました。40名の参加がありました。

 

      9262ヶ月に1度のオープン講座を開催しました。テーマは、『写真で綴るデイケアプログラム』と題して、今まで行なったクリスマス会や屋台祭り、しおさい祭り、バス旅行などの写真を皆で「あの時はこうだった。」「この時は、雨が降った。」などと言いながらスライドを見ていきました。

46名の参加があり「写真と共にメンバーさんと職員さんたちが楽しそうな様子が十分伝わりました。」「懐かしい写真を見せてもらって大変良かった。」という感想を頂きました。

“来夢”M子

 

「ハロウィン」の飾りつけをしました

ヴィレッジせいわ2号館の1階ホールでは、生活介護事業所「ひまわり」を利用されている皆さんが、「ハロウィン」の飾りつけをしてくれました。

ホールがにぎやかになりました。

ヴィレッジせいわ「利用者交流会」を開催しました

22日(土)にヴィレッジせいわ「利用者交流会」を開催しました。

生活介護事業所「ひまわり」、就労継続支援A型・B型事業所「しおかぜ」、就労継続支援A型・B型事業所「はまかぜ」、地域活動支援センター「オアシス」を利用されている方々の交流を目的に開催しました。

今回の「利用者交流会」の特徴は『企画』、『準備』、『実施』を利用者の皆さんに取り組んでいただいたことです。各事業所から実行委員(6名)を選出し、その実行委員が中心となって準備しました。イベントの内容を考えるだけでなく、当日の司会もこなしました。

ビーンボウリング大会、ビンゴゲーム大会、職員のお別れ会など内容は盛りだくさんで、大変であったとは思いますが、イベントが終了した後の実行委員の充実した表情は印象的でした。

 

お寺の和尚さん

8月の心理教育公開講座は、今年初めての試みで、「自分を見つめる時間」と題して、あるお寺の住職にお話しをしていただきました。

多くの参加者のみなさんも、静けさのあるありがたい雰囲気の中で、しっかりと住職さんのお話に興味を持って耳を傾けていました。また、実際に警策棒を持って会場を周り、自ら望まれて警策を受けられる方もたくさんおられ、手を合わせて感謝されている姿も見られました。

最後には、四つの言葉(1.生まれたことに感謝。2.今まで生きてこられたことに感謝。3.今日の出会いに感謝。4.これからの自分に感謝。)を送られ、感激して涙を流しておられる方もいらっしゃいました。

「お寺に行くことが好きだったので、久しぶりのお話に感謝しております」「今を大切に生きていこうと思った」などの感想をいただきました。

たまには、このようなありがたいお話に触れる機会も大事だな~と思いました。

by kino

 

 

「スイーツDAY」を開催しました。

ヴィレッジせいわ「スイーツDAY」を開催しました。

今回はおしゃれなケーキをたくさん用意して皆様に食べていただきました。

音楽を聴きながら、ゆっくりとした時間を過ごしました。

皆さんしっかりリフレッシュできたようです。

ACT全国研修会浜田大会

今年の11月23日と24日に浜田市の石央文化ホールでACT全国研修会を行います。 ACT(包括的地域支援プログラム)では、重い精神障害をもった人であっても、地域社会の中で自分らしい生活ができるよう訪問支援を提供していきます。前回大会は埼玉県大宮市で盛況に行われましたが、今回は浜田市での開催です。宿泊や会場準備、プログラム作成など、清和会の頼りになるスタッフの力強い協力のもとで準備を進めています。

今大会のテーマは「地方の小さな町におけるアウトリーチ」です。大会開催地の浜田市は人口5万4千人ほどの小さな町ですが、日本に多くあるこのような小さな町だからこそできる地域支援の形や、当事者の方々が希望を持ち安心して暮らせる町づくりについて考えていきたいと思っています。

地域支援実践者のみならず、当事者やご家族、学生さんなど、興味のある方は是非会場にいらしてください。by 70

概要

ヴィレッジ研修(個人情報の取り扱い)開催しました

今月のヴィレッジ研修は「個人情報の取り扱い」についてです。

個人情報の取り扱い(管理)はとても重要な業務です。

職員全員が個人情報の取り扱いに対してさらに意識を高めるいい機会となりました。

まいにち まいにち

鉄板で焼かれるくらい暑い夏でしたね。

みなさま体調をくずされていませんか。

先日、41歳で脳梗塞を発症し高次脳機能障害をもつ当事者である鈴木大介さんが書かれた本『脳が壊れた』を読み、その中で

“「頼れる相手」や「頼るべき相手」と「頼りたい相手」とは、別物なのだ”

という文がありました。

ある利用者さん(Aさん)が、24時間待機の訪問看護ではなく、救急車や警察を呼んでしまう気持ちもここにあるのかと思い至り

つい、「何で救急車を呼ぶの!?」と端的に言ってしまう自分自身を振り返りました。

Aさんの考える「頼れる相手」・「頼るべき相手」・「頼りたい相手」と

私の考える

「Aさんの頼れる相手」・「Aさんの頼るべき相手」・「Aさんの頼りたい相手」

が違っており、Aさんにとって不利益にならない方法を考えていかなければ、と思いなおすことができました。

緊急ではないのに救急車を呼ぶことが迷惑行為であることに変わりはないですが、

地域で支援していく立場として何ができるのか、

本人にとって「頼れる相手」になるためにはどうしたらいいのか、考えていく必要があると思いました。

By ポン