心理教育公開講座

毎月行っている心理教育公開講座にて、『心身の健康と幸せについて』というタイトルで医局の吉田先生にご講演をいただきました。 先生ご自身の体験談を通して、心身の健康とは?幸せとは?についてお話をしてくださいました。先生は毎日 More »

心理教育公開講座を行いました

当院の管理栄養士・藤川さんを講師に迎え、「摂食・嚥下障害って?!~加齢に伴う変化を知り予防しよう~」が10月11日(木)に開催されました。 老若男女問わず約70名の参加があり、みなさん自分自身のこととあてはめながら、熱心 More »

心理教育公開講座

毎月恒例の心理教育公開講座を開催しました。薬剤師の佐々木さんに『精神科で使われるお薬について』というタイトルでお話をしていただきました。 当院の心理教育公開講座は平成19年にスタートし、今年で11年目になります。薬につい More »

心理教育公開講座 S・IPS

少し前のことになりますが、心理教育公開講座『「働く」ってなんだろう?Part2~みんな誰でも働ける~』を開催しました。講師はS・IPS就労支援専門員の川本作業療法士とS・IPS利用者のAさんにお願いしました。タイトルにP More »

第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。 これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。 今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り ②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でし More »

訪問だより 5月号

平成24年より診療報酬の改訂が施行され、この度、皆様には重要事項において説明させていただきました。その折には、ご協力ありがとうございました。

これからも皆様に喜ばれるようなサービスを提供させていただきたいと思っています。

今後とも宜しくお願いいたします。 

 

<季節の健康管理>

風邪やインフルエンザの流行が過ぎ去り、徐々に陽射しが暖かくなってきました。スギ、ヒノキなどの花粉症を始め、春の春眠など精神面でのトラブルも抱えやすい季節です。

 ✿必要に応じて外出時マスク着用

✿自分の体調に合わせた運動をしましょう

✿お風呂の中で楽しくリラックス

✿こまめに水分補給しましょう

✿旬の野菜は天然の栄養カプセル!旬の野菜を食べましょう

 【お知らせ ~新しいスタッフです~】

*ヘルパー 佐々木 みちえ*

この度4月よりこちらでお世話になる事になりました。

皆様のお役に立てますよう、思いやりと笑顔で訪問させて頂きます。

*事務員 河野 直美*

4月から事務で働くことになりました。覚えることがたくさんあって大変ですが、頑張ります。宜しくお願いします。

<東日本大震災より早1年が過ぎました>

当ステーションでは、再度、各家庭の緊急連絡票について確認させていただいています。

ここで改めて防災について考え、気を引き締めて参りたいと思っています。

 

名もなき花

今日の訪問で出会った道ばたの花です。

名前はもちろんあるのでしょうが、無知な私にとっては「名もなき花」でした。

ひとつひとつは小さな花なのに、みんなで力を合わせて咲き誇っている姿にしばしみとれていました… 素朴だけど力強い !

by 70

五月晴れ

天気の良い日が続いていますね。クリニックに来られる患者さんも訪問に行く利用者さんも半そで姿になっているのを目にする機会が増えてきています。

さて、話しは変わりますが、本日クリニックに突然の訪問者あり。待合室に行くと一年前に訪問させて頂いていた利用者さんの姿が・・・。

当時は、服薬も拒否的で受診にも来られなくなり、訪問に行っても居留守を使い会うことができない状態となっていました。私たちもなんとか本人と会って再発を防ぎたいとの思いから何度も訪問をしましたが、状況は変わらず・・・。結局他県にて入院されてしまいました。私たちのなかにはしばらく不全感だけが残った利用者さんの一人でした。その利用者さんから「今日地元に帰って来たのであいさつに来ました。一年前はせっかく訪問に来て頂いたのに居留守を使ったりして申し訳なかったですね。またどうぞ宜しくお願いします」との言葉を頂きました。

一年前に『どうしたらいいのだろうか・・・』との思いを抱えながら、会えない訪問をしたことが、一年後の今日に『信頼』という大きな成果を得た瞬間でした。今日の天気と同様に、私の心もまさに “五月晴れ”

by  kyuu

料理教室の成果は・・・

写真の画像が良くないので、何ご飯?と思われたと思うのですが、サザエご飯です。

私の撮影技術が悪いため、決して美味しそうには見えませんが、我が家ではなかなか好評でした。

春には筍ご飯や豆ご飯を炊くのですが、今回初めてサザエご飯を作ってみました。それも、利用者さんの料理教室のおかげなのです。

調理師の資格を持つ利用者さんが、私が訪問に行くたびに、ちょっとした料理教室をしてくれて、それが今では楽しみになっています。材料・作り方・隠し味などを教えてもらい、その場で作って持たせてくれることも。今までにカレーや焼き飯をご馳走になりました。

ちなみにカレーの隠し味として、福神漬けの汁を入れるといいそうですよ。

今回のサザエご飯も作り方を教わり、材料を持たせてもらい、家で作ってみました。サザエのしごまでしてもらい、至れり尽くせりでした。

ストレングス(強み・長所)を活かして生活している利用者さんを見て、私も見習いたいなあとつくづく思いました。        by N

スーパームーン

夜空を見上げると、いつもよりきれいに輝く月が・・・

これは、“スーパームーン”と呼ばれ、月が最も地球に接近した時と満月が重なった時に見られるもので、他の満月より14%大きくて30%明るく見えているそうです。

私たちは、この月のように、利用者自身が明るく光り輝けるように、リカバリーに向かって歩んでいく姿を応援し続けいています。  by kino

GWをどう過ごす?

みなさんこんにちわ (*^_^*)。

ゴールデンウィーク(GW)となりますが、みなさんはどのように過ごされるのでしょうか?家族で旅行に行ったり、イベントに参加したりするなど様々な過ごし方をされることでしょう。くれぐれも事故やケガには気を付けてくださいね (^_^)/~。

GW前の昨日のNACTスタッフは、利用者さんのためにいつもより余分に小遣いを準備したり、一緒にスーパーで大量の食料品を購入したりするなど、利用者さんがGWを困ることなく生活できるための手段を考えて、支援を提供していました (^_^;)。

ある利用者さんから『今週の金曜日(5/4)の訪問はあるの?』との問いがあり、祝日であることをお伝えすると、『祝日なんかね・・・』と、部屋にはまだめくられていない4月の暦が・・・。私たちが楽しみにしているGW、利用者さんたちにとっては普段と変わらない1日なのかもしれないと感じたのでした。  by    kyuu

ネタ仕込み中なので・・・

ブログが始動されて1週間が経ちました・・・。

それぞれのスタッフが、日々の訪問などで感じたことや気付きなど、味のある様々な内容が載せられていく中で、私は悩みに悩んで、悩みすぎてまとまりませんでした。

そんな私は、そろそろ中年と言われる年代に突入してきて、お腹まわりの肉が・・・、段々と薄くなってくる髪の毛が・・・、年頃になる娘たちの冷めた目が・・・、と色々と気になることは増えてきていますが、日々の訪問の中で、利用者の方たちの元気な姿や頑張っている姿を見ていると、いつも私がリカバリーされていくことに気づきます。

そんなリカバリーにふれた体験をブログで紹介することができればいいな~と思っています。よろしくお願いします。

by:kino

SST

今回は、聞きなれない方もおられるかもしれないことをちょっぴりご紹介します。

「SST」という療法についてです。当院でも取り組まれています。この名称は、「Social Skills Training」の頭文字を取って省略された呼び方が根付いたようです。日本語に訳すと「社会生活技能訓練」。具体的な説明は、専門家に頼るとして、要は、「社会生活の中で人と人が折り合うには、コミュニケーションが大切になってくるので、その練習をしましょう。」という場です。実際にその場面を想定して役割演技の形で練習することもありますし、一般会話や話したいテーマを自分で決めて会話をすることで、コミュニケーションスキルの向上に取り組む方々も多くいらっしゃいます。大体は参加者それぞれの希望に沿って内容や話す相手を決めます。毎週一回一時間程度行ないます。

例えば、最近、こんな会話がありました。病気を発症して二年目になる方が言われました。

「春になると、何かスタートするような活気に満ちた季節になるのに、私自身は、そんな気になれないのです。どうも、自分だけが取り残されたような気分になっています。」

話し相手の方が言いました。

「ここが大事!。私もそういう時期、ありましたよ。私は三年間休んでから再就職して二ヶ月になりますが、今も、ゆっくりゆっくりと思っています。充電する時期が大切ですよ。充電したら、また気持ちも変わってきますよ。」と。

とても温かい雰囲気の中で会話が進みます。

そして、聞いていて、私は思いました。そう、人は、やっぱり立ち止まることも大事、と。

このように、話して勉強、聞き合って勉強できるのが「SST」です。今回の事例のように先輩の患者さんに聞いてみたいことをもって参加される方も多いようです。再就職のことや、つらい時の感じ方や捉え方など…。「SST」では、こんな患者さん同士の会話も可能です。

今回は紙面の都合上、ちょっとハード面の説明が多くなってしまいました。今後も、シリーズ化してお伝えしたいと思います。

リカバリーという文字に、つい・・・

NACTの利用者さんとトレーニングに行っています。

そこに最近 “バランスディスク” というゴム製で丸い座布団のようで表面にトゲトゲがついており、足底部を刺激する運動器具が置いてありました。

その効能に「倒れそうになる体を支えようと前後左右の筋肉が必死にリカバリーをします。」「日頃使われることのない筋肉を活性化」と書いてあり、思わず利用してみました。

必死にリカバリーをしたのか?その後の訪問は、体が・・・。

by 郷

初めてのブログ

アナログ人間であり、日々のパソコン操作でも一杯一杯である私がブログをすることとなり、軽くパニックになっていますが、日々の訪問で体験したことや感じたことをブログを通してお伝えできたらと思います。

載せた写真は利用者さんと一緒に参加した陶芸教室で、利用者さんが作った作品です。利用者さんにとって3個目の作品となるこの夫婦湯飲みは、祖父母へのプレゼントです。本人も納得のいく良い作品となりました。私はと言うと、子供の頃から不器用で図工が苦手だったため、苦戦し、陶芸の先生の力によって何とか花瓶を仕上げることが出来ました。普段出来ないことを利用者さんと一緒にすることで、私自身にとってもよい経験になりました。