総合防火訓練終わる

6月17日(月)年2回実施している総合防火訓練の1回目を実施しました。 この総合防火訓練は、病棟での火災発生を想定し避難誘導及び初期消火活動、そして通報が適切で迅速に対応できるよう訓練を行い、併せて職員の防火意識の向上を More »

落語会

5月30日 西川病院作業療法室で、「柳亭左龍落語会」が開催されました。 紙切りでは、観客のリクエストに応えて1枚の紙からハサミを使ってコウモリやお花など様々な形を、あっという間に切り抜き、観客にプレゼント~観客からは歓声 More »

令和元年 西川病院運動会が行われました

令和になり初めての運動会が行われました。当日は、万国旗も新調してもらい絶好の運動会日和! 応援合戦や関所破りリレーなど、患者さんと職員が一緒に参加し皆さん笑顔いっぱいの一日でした。 みなと保育園の園児たちもご参加いただき More »

心理教育公開講座

毎月行っている心理教育公開講座にて、『心身の健康と幸せについて』というタイトルで医局の吉田先生にご講演をいただきました。 先生ご自身の体験談を通して、心身の健康とは?幸せとは?についてお話をしてくださいました。先生は毎日 More »

心理教育公開講座を行いました

当院の管理栄養士・藤川さんを講師に迎え、「摂食・嚥下障害って?!~加齢に伴う変化を知り予防しよう~」が10月11日(木)に開催されました。 老若男女問わず約70名の参加があり、みなさん自分自身のこととあてはめながら、熱心 More »

ストレングス探しの旅

NACTの訪問スタッフのモットーに「1回の訪問で1つ以上の利用者さんのストレングス(長所)を発見すること」があります。

写真は昨年10月にACT-Jの伊藤順一郎先生と久永文恵さんが浜田で講演されたときにくださったシートです。NACTでは訪問で感じた利用者さんのストレングスを1〜4に分類して訪問記録に蓄積し、週末のケースカンファレンスに活用しています。

どうしてもタバコがやめられない利用者さんもストレングスの視点でみると「タバコを買うためになら外出できる」や「タバコを吸う前に相手に断りを言うことができる」など、問題のタバコを通じてでさえ彼らのプラスの側面が発掘できます。

治療や支援がうまくいかない時は、どうしても症状やできていないことに注目してしまいますが、ストレングス探しの旅に切り替えると気持ちが前向きになって元気がでますよ☆ by 70

自主・管理

先日、TVで福岡県の高校ラグビーの強豪校である東福岡高校と筑紫高校の指導方針についての特集がありました。この2校は県大会の決勝で何年も対戦しているらしいのですが、その監督の指導方針が全く異なるなかで結果を残しているというものでした。

東福岡高校は選手の『自主性』を重んじ、監督からの指示は最小限で練習や試合も選手達が自分で考えて行っていき、対する筑紫高校は監督のスパルタ教育で選手を『管理』して練習や試合に挑んでいくスタイルを貫いています。

このTVを見た時に、私は精神保健福祉の分野でも、この『自主』と『管理』の支援の方法について選択に困ることがよくあるなぁ~と感じました。先日、ある利用者から「今度からお金は自主管理をしたいと思います。」と相談がありました。この利用者も以前は自主管理をしていましたが、入退院を繰り返す要因を分析したところ、“お金の管理が上手に行えない”ことが精神症状の悪化につながっていることが判明しました。金銭を管理することで、以前に比べて落ち着いて日常生活を送ることはできていますが、本人の中では『自主』を求めていることを知り、今後の支援の方法について判断に困った場面がありました。

筑紫高校の監督が「自主ができればそれにこしたことはない。しかし、人間は弱い生物のため、すぐに甘えや楽な方向に逃げてしまうためそこをコントロールしないといけない」と発言されていました。両者の監督は選手の目的達成(勝利)のために、『自主』か『管理』かの判断をされて結果を残しています。私達も利用者個々の目標や特性を充分に認識し、『自主』か『管理』かの判断を適切に行っていかなければならないと感じたのでした。

By  kyuu

気持ちいの良いあいさつをしよう!!

6日(水)にヴィレッジ本館で、職員向けの接遇研修会を開催しました。あいさつ(おじき)の練習や電話対応など実践を交えた1時間の研修でした。

おじぎも時と場合によって、角度に違いがあること、公の場で使ってはいけない言葉などについて教わりました。

これからも気持ちの良い接遇を心掛けたいと改めて思いました。

≪GYUU≫

温泉☆

みなさん、温泉はお好きですか?
私は、大の温泉好きなので・・私がブログ担当の回は温泉紹介にしてみたいと思います。
第1回目は、私が1番好きな益田市匹見町にあるやすらぎの湯という温泉を紹介します。
浜田からは、186号線を通って車で1時間30分くらいの山の中の温泉で、たぬきの置物がお出迎えしてくれます。
お湯は、内湯と外湯があり外湯には露天風呂、五右衛門風呂、打たせ湯、内湯にはサウナ、薬湯などがあり結構楽しめますよ(^-^)
私のおすすめは、薬湯でとってもくさいのですがそのくささが、体にすごく良さそうで癖になります。
興味がある人は、ぜひ行ってみて下さい☆
≪陽だまり≫

四季を感じる庭

今日訪問したお宅には池のある庭があります。池には鯉?と思うような大きな金魚が何匹も泳ぎ、池の周りには木もあり、緑が生い茂っています。

その庭を眺めながら、今日は利用者さんと話をしました。

時折、「ゲコゲコ」という鳴き声が聞こえ、沢山のカエルも池やその周りにはいました。

春にはうぐいす、梅雨時期にはうるさくて眠れないくらいに鳴くカエル、夏にはこれまたうるさくて困るセミが来るとのこと。毎年青ガエルが卵を産みつけ、おたまじゃくしとなり、カエルになるため、どんどん増えていると話しておられました。

庭を通して四季を感じることが出来、うらやましい限りでした。

写真は今朝我が家で咲いたコスモスです。秋桜と書くだけに、秋に咲くものだと思っていたので、びっくりしました。我が家の庭では四季を勘違いしそうです。     by N

からふる下駄箱

ヴィレッジ本館の玄関に設置してある下駄箱を紹介します。普通の下駄箱でしたが、靴をどこに入れたかわからなくなることがあったため、番号の書いてあるマグネットを付けました。どこに入れたか忘れないように、自分の靴を入れた番号のマグネットを持ち歩く仕組みです。

マグネットをカラフルにしたので玄関の雰囲気が変わりました。利用者のみなさんにも好評です。

≪GYUU≫

道端に咲く花

ヴィレッジ花シリーズ第2弾

今回は、ヴィレッジ本館の入り口前の歩道に咲いている花を紹介します。どなたかが植えたのでしょうか街路樹の下にきれいに咲いています。道行く人の中には、足を止めて観ている人もいるようです。

花に疎いので名前はわかりませんがとてもきれいな花です。

≪GYUU≫

追伸:名前は「マツバギク」との情報をキャッチしました。

公開講座やって来ました。

西川病院にて、OTの企画で入院患者さんを対象とした、心理教育公開講座が行われています。

今回、私は「地域の生活をのぞいてみよう」というテーマで、地域に住む利用者さんたちの頑張っている姿を紹介させていただきました。

私の思いは、地域でも様々なサービスを利用したり、自分なりの生活を見つけることができれば、誰でも主体的な社会生活は可能であること。そして、夢や希望が湧いてきて、楽しめる人生を送ることができること、みんなにはその可能性を大いに秘めていることを伝えることができればと思っていました。

本来、人の生活する場は、病院ではなく地域なのです。その地域で、自分らしく「あたりまえの生活」を送ることができるように、支援していける仲間が増えてくることを願っています。

by kino

今日からしおかぜ実習月間が始まります!

いよいよ、この日が来ました!今日から6/30まで、しおかぜにはたくさんの実習生が来られます。フレッシュな面々に、利用者の皆さんもウキウキです。

私にも、こんな時代があったなあ…と思いつつ。
若さを吸収して、より元気に!タオルを巻いて頑張ります!!

実習生の方々との触れ合いを通して、利用者の皆さんのステキなところも発見できました。まだまだゴールまで長いですが、皆さんと一緒に頑張ります☆
SS しおかぜ

ここで実習します

 

まるでホテルのロビーのよう…

西川病院スタッフブログ看護部以外の部署、トップは検査室です。検査室から見た、検査室として感じた病院の様子や西川病院の周辺の様子などを皆さんにお伝えできればと思っています。

西川病院では、通常の診察以外に特定健診や外部健診などを年間通して受託しています。外部健診の方は、事業所の健診で来られる方ばかりなので、病院に来られるの1年に1度。昨年は、古い建物で受診された方が、今年来られた時の第一声、「いつから変わったんですか?広くて明るくてビックリしました。まるで、ホテルのロビーみたいですね。」と口々に言われます。(確かに、以前の病院は天井も低く、暗かったのですが…。)

この写真が、皆さんが初めにびっくりされるロビーです。天井も高く開放的で、待合ロビーも廊下も以前の倍くらいの広さはあります。

また先日、検査に来られた患者さんから、「やっぱり、こうよね~。なんだか、気持ちまで明るくなりそうよ!」と声を掛けられました。正直こんなに反響があるとは思っていなかったので、目からのイメージって凄いなぁ~と改めて感じました。検査を終えたその方に「ありがとうございます。建物に負けんように、私たちも頑張らないといけませんね~。」と答えながら、自分自身に言い聞かせていました。【人も素敵ネ!】を目指して。