心理教育公開講座

毎月行っている心理教育公開講座にて、『心身の健康と幸せについて』というタイトルで医局の吉田先生にご講演をいただきました。 先生ご自身の体験談を通して、心身の健康とは?幸せとは?についてお話をしてくださいました。先生は毎日 More »

心理教育公開講座を行いました

当院の管理栄養士・藤川さんを講師に迎え、「摂食・嚥下障害って?!~加齢に伴う変化を知り予防しよう~」が10月11日(木)に開催されました。 老若男女問わず約70名の参加があり、みなさん自分自身のこととあてはめながら、熱心 More »

心理教育公開講座

毎月恒例の心理教育公開講座を開催しました。薬剤師の佐々木さんに『精神科で使われるお薬について』というタイトルでお話をしていただきました。 当院の心理教育公開講座は平成19年にスタートし、今年で11年目になります。薬につい More »

心理教育公開講座 S・IPS

少し前のことになりますが、心理教育公開講座『「働く」ってなんだろう?Part2~みんな誰でも働ける~』を開催しました。講師はS・IPS就労支援専門員の川本作業療法士とS・IPS利用者のAさんにお願いしました。タイトルにP More »

第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。 これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。 今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り ②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でし More »

楽しいですよ!休憩室

新2号館には、職員休憩室が1階に1ヶ所、2階に男女各1ヶ所の合計3ヶ所あります。

主に昼食とあわせた昼休憩の時に使用しています。それまでは、各部署でそれぞれに休憩をしていました。今回、新2号館竣工にあたり、「職員間のコミュニケーション」と言うコンセプトで、病棟以外は各部署ごとの休憩室は作らず、職員が誰でも利用できる3ヶ所の休憩室が設置されました。昨年の新館引越しの前に事務長から、「新館への引越し後は、3ヶ所の休憩室を利用し、各部署ごとでの休憩はできません。」と連絡された時は、病院全体でかなりの衝撃が走りました。(「職員間のコミュニケーション」の説明もされたのですが、どうなるのだろう?という不安の方が強かったような…)実際、休憩室を利用するようになって、私個人的には、かなり「職員間のコミュニケーション」が取れているような感じです。休憩時間内では、子供や家族の話が主なのですが、病院内の情報交換、政治問題について発展するときもあり、今まで挨拶程度の付き合いだった人との楽しい関わりが持てるようになりました。職員同士が、色々な角度で、また立場でお互いの意見を伝え会えるツールの一つとしてとてもいい環境だなと思っていますが、お昼の皆さんはどうですか?

我が家の鯉

私の家には猫の額程の小さな庭がありその小さな庭にふさわしい小さな池があります、そこには30年にわたり2匹の鯉を飼っています。                     2匹ではかわいそうと子供たちが、祭りの夜店ですくった金魚を数回入れた事があります、翌日その金魚を見たくて子供達が廊下を勢い良くかけて行ったかと思うと、しょんぼんとして帰って来て「おとうさん、金魚がいっぴきもおらん、どこにいったろ~か」 とがっかりする姿が2~3回あった。

犯人は、この2匹鯉で全部食べたに違いない、それ以来ずっと2匹のままである。
ところでこの2匹の鯉、餌の食べ方が大変んへたくそで毎朝餌をやる私をあきれさせてくれる、食べやすい様にまとめて餌をまいてやると2匹で口を大きく開いて突進してくるのであるが普通の鯉は、水面近くで口を開け水と一緒に餌を吸いこむ様食べるのであるが、我が家の鯉は、餌を目の前にして水面で口をパカと開けるため、その勢いで餌が四方ハ方へ散らばり口を閉じると入るのは空気だけ、これを2回ぐらい繰り返すとさすがに苦しくなると見えて餌食いを中断一旦、もぐってエラから空気の泡をごぼごぼと吐きだし又トライするといった、まるでダイバーのごとく繰り返すのです。
彼ら(メスではないと思っている)が口に出来るのは、池の淵まで追いやられ逃げ場をなくした餌を食べつくしています。
毎朝この繰り、返し我が家の鯉は学習能力がないのかこの馬鹿鯉と思いつつ今日も池の真ん中にまとめて餌を蒔いています。

<オアシス>

100パーセントの笑顔

笑いが脳や心に及ぼす効果はたくさんあり、医学的にも有効だと色々なところで言われています。

悲しくても表情だけでも笑顔にしていれば、自分の脳なのに楽しいと錯覚して体に良いホルモンや物質を分泌するのだとか・・・

それとはちょっと違うのですが、訪問車で移動していると知り合いとすれ違います。目が合ったとき笑いかけてもらえるのですが、その笑顔が100%のニッコリ笑顔なのです。とても幸せ気分になれる笑顔パワー出ており、何歳になっても嬉しいものです。          めざせ!笑顔美人・・    郷

ヴィレッジせいわ写真展 出展作品

 5月19日・20日にヴィレッジせいわで、第2回ヴィレッジせいわ写真展が、開催されました。多くの作品が出展され、たくさんの方が来場されました。現在、西川病院の総合受付ロビーにて、引き続き作品の一部を展示しています。お楽しみください。

思わぬ悪戦苦闘

西川病院では、約30年くらい前から抗てんかん薬やリチウムなどの精神科に欠かせない薬の血中濃度(一部の薬剤ですが)を院内で測定することで、患者さんの状態をいち早く把握し、そのデータをもとに診療や治療にあたっています。当初は、それぞれ専用の機器を使って測定していましたが、現在は、生化学のデータも一緒に測定でき、大学や大きな病院の緊急検査機器として使用されている機器を導入し測定しています。生化学の検査と合わせても採血から約30分で結果を臨床ヘ報告できるようになっています。今回新2号館移転に伴い、10年来使用していた同機器を再購入し、甲状腺や感染症については、より精度や時間短縮などを考慮した機器ヘ変更しました。それにあわせて、採血管に直接バーコードを貼って、運用を始めたのですが、それがなかなかしっくりしなくて、毎日バーコードや採血管との睨めっこです。メーカーの方も色々対応していただいているのですが、なかなか解決の糸口が見つからず、患者さんからの採血する量にも関係があって、採血量は出来るだけ少なくしたいという思いもあるので、運用から半年が経過する中で、思わぬ悪戦苦闘しています。検査データに関しては、全く問題ないので、検査室の知恵を結集してあの手この手で、早々に解決をしたいと思うこの頃です。

*送迎について*

「ひまわり」は月曜日から土曜日まで、「しおかぜ」は月曜日から金曜日まで利用者さんの送迎を行っています!

送迎車両をご紹介すると、ハイエース3台、ステップワゴン1台、マイクロバス1台とコースに合わせて様々な車両を使用しています。

送迎を担当して、早1年・・。いろいろなことを覚えました。
浜田に土地勘がない私でしたが、送迎ルートを考えたりしているうちに、随分と道路や町名に詳しくなりました(^o^)丿マイクロバスは乗用車と違って、毎年車検があるんです。これもこの仕事を担当して覚えたことの一つです。

運転手が心がけていることは、「無事故、無違反、安全運転!!」です。私は毎日、無事に送迎が終わるとホッと一安心します(*^_^*)

送迎を利用して通ってみたいな~という方は、是非一度ご相談ください☆                       By H

綺麗に咲くツツジ

ヴィレッジ花シリーズ第3弾

こんにちは!港夢のKです。4月から、こちらで勤務させてもらっていますが日々季節を感じながら外を歩いています。春になるとお花が綺麗に咲き癒されています☆水やりをするとグングン葉っぱも元気になり嬉しくなります。今は、オアシス前庭には綺麗なツツジが丸型に咲いています。丸型・ピンクでとっても可愛いらしいので是非見に来て下さい☆☆   港夢

ストレングス探しの旅

NACTの訪問スタッフのモットーに「1回の訪問で1つ以上の利用者さんのストレングス(長所)を発見すること」があります。

写真は昨年10月にACT-Jの伊藤順一郎先生と久永文恵さんが浜田で講演されたときにくださったシートです。NACTでは訪問で感じた利用者さんのストレングスを1〜4に分類して訪問記録に蓄積し、週末のケースカンファレンスに活用しています。

どうしてもタバコがやめられない利用者さんもストレングスの視点でみると「タバコを買うためになら外出できる」や「タバコを吸う前に相手に断りを言うことができる」など、問題のタバコを通じてでさえ彼らのプラスの側面が発掘できます。

治療や支援がうまくいかない時は、どうしても症状やできていないことに注目してしまいますが、ストレングス探しの旅に切り替えると気持ちが前向きになって元気がでますよ☆ by 70

自主・管理

先日、TVで福岡県の高校ラグビーの強豪校である東福岡高校と筑紫高校の指導方針についての特集がありました。この2校は県大会の決勝で何年も対戦しているらしいのですが、その監督の指導方針が全く異なるなかで結果を残しているというものでした。

東福岡高校は選手の『自主性』を重んじ、監督からの指示は最小限で練習や試合も選手達が自分で考えて行っていき、対する筑紫高校は監督のスパルタ教育で選手を『管理』して練習や試合に挑んでいくスタイルを貫いています。

このTVを見た時に、私は精神保健福祉の分野でも、この『自主』と『管理』の支援の方法について選択に困ることがよくあるなぁ~と感じました。先日、ある利用者から「今度からお金は自主管理をしたいと思います。」と相談がありました。この利用者も以前は自主管理をしていましたが、入退院を繰り返す要因を分析したところ、“お金の管理が上手に行えない”ことが精神症状の悪化につながっていることが判明しました。金銭を管理することで、以前に比べて落ち着いて日常生活を送ることはできていますが、本人の中では『自主』を求めていることを知り、今後の支援の方法について判断に困った場面がありました。

筑紫高校の監督が「自主ができればそれにこしたことはない。しかし、人間は弱い生物のため、すぐに甘えや楽な方向に逃げてしまうためそこをコントロールしないといけない」と発言されていました。両者の監督は選手の目的達成(勝利)のために、『自主』か『管理』かの判断をされて結果を残しています。私達も利用者個々の目標や特性を充分に認識し、『自主』か『管理』かの判断を適切に行っていかなければならないと感じたのでした。

By  kyuu

気持ちいの良いあいさつをしよう!!

6日(水)にヴィレッジ本館で、職員向けの接遇研修会を開催しました。あいさつ(おじき)の練習や電話対応など実践を交えた1時間の研修でした。

おじぎも時と場合によって、角度に違いがあること、公の場で使ってはいけない言葉などについて教わりました。

これからも気持ちの良い接遇を心掛けたいと改めて思いました。

≪GYUU≫