心理教育公開講座

毎月行っている心理教育公開講座にて、『心身の健康と幸せについて』というタイトルで医局の吉田先生にご講演をいただきました。 先生ご自身の体験談を通して、心身の健康とは?幸せとは?についてお話をしてくださいました。先生は毎日 More »

心理教育公開講座を行いました

当院の管理栄養士・藤川さんを講師に迎え、「摂食・嚥下障害って?!~加齢に伴う変化を知り予防しよう~」が10月11日(木)に開催されました。 老若男女問わず約70名の参加があり、みなさん自分自身のこととあてはめながら、熱心 More »

心理教育公開講座

毎月恒例の心理教育公開講座を開催しました。薬剤師の佐々木さんに『精神科で使われるお薬について』というタイトルでお話をしていただきました。 当院の心理教育公開講座は平成19年にスタートし、今年で11年目になります。薬につい More »

心理教育公開講座 S・IPS

少し前のことになりますが、心理教育公開講座『「働く」ってなんだろう?Part2~みんな誰でも働ける~』を開催しました。講師はS・IPS就労支援専門員の川本作業療法士とS・IPS利用者のAさんにお願いしました。タイトルにP More »

第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。 これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。 今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り ②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でし More »

まるでホテルのロビーのよう…

西川病院スタッフブログ看護部以外の部署、トップは検査室です。検査室から見た、検査室として感じた病院の様子や西川病院の周辺の様子などを皆さんにお伝えできればと思っています。

西川病院では、通常の診察以外に特定健診や外部健診などを年間通して受託しています。外部健診の方は、事業所の健診で来られる方ばかりなので、病院に来られるの1年に1度。昨年は、古い建物で受診された方が、今年来られた時の第一声、「いつから変わったんですか?広くて明るくてビックリしました。まるで、ホテルのロビーみたいですね。」と口々に言われます。(確かに、以前の病院は天井も低く、暗かったのですが…。)

この写真が、皆さんが初めにびっくりされるロビーです。天井も高く開放的で、待合ロビーも廊下も以前の倍くらいの広さはあります。

また先日、検査に来られた患者さんから、「やっぱり、こうよね~。なんだか、気持ちまで明るくなりそうよ!」と声を掛けられました。正直こんなに反響があるとは思っていなかったので、目からのイメージって凄いなぁ~と改めて感じました。検査を終えたその方に「ありがとうございます。建物に負けんように、私たちも頑張らないといけませんね~。」と答えながら、自分自身に言い聞かせていました。【人も素敵ネ!】を目指して。

夕食スペシャルメニュー

ヴィレッジせいわでは、年末年始、お盆を除いて毎日食事のサービスを提供しています。
品数も多く、ファンが多い食事サービスですが、3週間に1度夕食スペシャルメニューを提供しています。
夕食スペシャルメニューの日は、バイキング料理で、どの料理も食べ放題!
この日はみなさんどんな料理が食べられるのか胸を躍らせて楽しみに待っておられます。
ちなみに6月3日(日)のメニューはといいますと~
☆カレーライス、サンドイッチ、豚カツ、エビチリ、和そば、ポテ玉チーズ、サラダスパゲティ、だし巻卵、フルーツポンチ☆
でした♪

次回はどんな料理が出てくるでしょうか。
ご期待ください!

HM                                                                  ≪ひまわり≫

カラオケタイム

こんにちは!地域活動支援センターオアシスのYです。実はブログなるもの初めての体験です。

オアシスでは、利用者様を対象に”憩いの場”として毎日15:30~16:30までカラオケをしています。

先ごろパソコンにカラオケ機器を取り付けてインターネットで選曲できるようになったのです。今までのCDカラオケに無い曲も選択できるようになり、若い方から年配の方までの曲幅が広がり、皆様は楽しそうに歌っておられます。ところが、私にとってカラオケタイムは”魔の空間”です。

「なぜ」「それはパソコンの操作が苦手だから!!」

68歳を前にしてパソコンで新しいことを覚えるのは至難の業。逆立ちすることより難しい技!!でも、カラオケを楽しみにしている方がまっています。

「何とかしなくちゃ~」

1日目・・・パソコンの前に座るもチンプンカンプン

2日目・・・恐る恐るマウスを握って動かしてみる

3日目・・・「今日もパソコンでカラオケするのは無理なのかな~」・・・背中あたりから利用者様のひそひそ声が聞こえてきます。隠れていた”意地”虫が騒ぎ始める。マニュアルを片手に悪戦苦闘。3日目にして、ついにスクリーンに画面が映り音楽が流れてきました。

「やった~」「やればできるじゃない!」利用者様からお誉めの言葉をいただきウキウキ。

脳の活性化=挑戦ですね!

まだまだパソコン操作は完璧ではありませんが利用者様に助けてもらいながらカラオケタイムを楽しんでいます。今では私にとっても”癒しの空間”になりました。

皆様ご協力いただきありがとうございました。

♪ 地域活動支援センター オアシス ♪

《がちゃがちゃ》と《がちゃおばさん》

5cmくらいのまるでドジョウのようなウナギが訪問宅にいます。

8ヶ月経過した今では6倍くらいの大きさになりました。その家の小学生とも話しをするのですが、ウナギに名前を付けた方が声かけしやすいと言ったところ《がちゃがちゃ》という名になっていました。そして私にも名前がついており《がちゃおばさん》と呼ばれていることを最近になって知りました。

「今日 がちゃおばさんが来たよ」「がちゃおばさんに病院で会ったよ」と子供が懐いてくれないと悩んでいる彼女の、親と子のコミュニケーションの橋渡しになっていると聞き、変な名前ですが、嬉しいかも・・・と思っています。

金曜日のブログは港夢の担当です!

先月21日の日食、皆様は見ましたか?
私はちょうど公休だったので、七時過ぎから近所をうろついていました。登校中の小学生や通勤途中のおじ様方の視線を浴びつつ、撮影に励んでおりました。
…ちゃんと撮影出来たのは、これ一枚ですが(苦笑)

金曜日のブログは港夢スタッフ担当になります。港夢のあれこれをお伝え出来れば、と思ってます(個人的にはUTさんの畑も気になります)

                                            ≪港夢≫

第二の人生の開き心の中の状態

視聴された方も多くいらっしゃるでしょうか。NHK教育テレビの特別番組『ともに生きる 若者のこころの病』で、病気を経験されている方々が中継でメッセージを発信しておられました。大事だなと思われる数々のお言葉の中で、「最近は、『自分の心の形』を意識しながら生活しています。」という方がおられました。
その際、出演されていた押切もえさんが、その言葉に大変感銘を受けられた様子で、「心の形かぁ。すてきな言葉ですね。私たちも、ふだんあまり意識していないですね。」と。

今日の一枚

快晴で少し汗ばむ陽気になりました。慢性運動不足症候群の利用者さんと散歩中の一枚:火力発電所です。

煙突の高さは100mもあるのだとか。豊かな自然の中に不調和にそびえ立つ巨大建造物、原発同様この手の風景には違和感を感じてしまいます…

「昔はここの砂浜で泳いだり、潜ってアワビやサザエをとったんだよ〜」と懐かしそうに語るTさん、いい顔でした。 by 70

 

西川病院スタッフブログ はじまります!

新病棟がスタートして約半年が過ぎようとしています。清和会各部門からのブログもご覧いただけましたか?私自身、そのブログを見て改めて清和会の取り組みやスタッフ、患者さんの様子を垣間見ることが出来ました。5月には、看護部ブログがスタートしました。西川病院のことをもっとお伝えしたくて、看護部以外の部署からもブログの発信をすることになりました。各部署のいろいろな側面から、西川病院やそこに働くスタッフの様子などをお伝えできればと思っています。いよいよ6月から開始です。お楽しみに!

不安を抱えながら・・・

人は誰でも日常生活のなかで様々な『不安』を感じながら生活しています。私たちが日々、関わっている通院患者や利用者ももちろん様々な不安を抱えながら生活しています。しかし、その不安の大きさや頻度、内容は多種多様であり、時には「えっ、なんで?」と驚かされる場面があります。

ひとり暮らしの利用者は、「怖い夢を見て目が覚めました。不安なので頓服を飲んでもいいですか?」と深夜に電話をかけてきたり、「修理業者さんが来て、サインが欲しいと言われていますがサインをしてもいいですか?」と確認の電話をかけてきたりすることもあります。また、「障害年金の決定通知がきません!!」と数か月間、毎日電話をかけ続けてくる利用者さんもいます。

先日訪問した利用者さんに「家の周りを一緒に散歩しましょう」と誘ったところ、『帰って来られなくなったらどうしましょう?』との返答が・・・。私の中で『帰って来れない』との返答はまったくの予想外でしたが、利用者は本気で不安を感じていたのです。

心理教育公開講座で入院患者さんに対して退院するのに不安なところを聞いたところ、「歯医者はどうしたらいいのでしょうか?」との発言があったと聞きました。私たちにとっては、「えっ、なんで?」と思うことに大きな不安を抱えながら生活している利用者たちをしっかり理解し、寄り添いながら一緒に挑戦することで不安を少しでも取り除く支援を提供していきたいと感じた出来事でした。    By  kyuu

ハッピー イースター

皆さんイースターご存知ですか?
キリスト教の復活祭と春を祝うお祭りだそうですが、最近日本でもクリスマスよろしく知名度があがってきましたよね。
イースターのシンボルと言えば、イースターエッグ(たまご)とイースターバニー(ウサギ)。

たまごとウサギは古来より豊穣のシンボルだったそうです。

たまごが復活祭のシンボルになったのは、休止の間もその内側に生命を宿し、殻を破って生まれてくる様に由来するようです。

アラブ諸国の民間伝承でも、タマゴは新しい命のシンボルとして一般化しているとか。

イースタの時期は「休止しているようでも実は動いていて、満を持して新しい活動や挑戦をする」ときはもちろん、新しい発見をしたり、ちょっとした「いいこと」があったりしたときも、「実に復活!」という思いを込めて「エーッグ!」と仲間と言いあうのだそうですよ。

私たちのこころの中にも、まだ殻を破っていないタマゴ(希望・挑戦・活力・喜びetc)がたくさんあるかもしれません。

みなさんの素敵なこれからに「エーッグ\(^∨^)/」

☆相談支援事業所「陽だまり」☆