心理教育公開講座

毎月恒例の心理教育公開講座を開催しました。薬剤師の佐々木さんに『精神科で使われるお薬について』というタイトルでお話をしていただきました。 当院の心理教育公開講座は平成19年にスタートし、今年で11年目になります。薬につい More »

心理教育公開講座 S・IPS

少し前のことになりますが、心理教育公開講座『「働く」ってなんだろう?Part2~みんな誰でも働ける~』を開催しました。講師はS・IPS就労支援専門員の川本作業療法士とS・IPS利用者のAさんにお願いしました。タイトルにP More »

第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。 これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。 今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り ②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でし More »

第19回こころの日音楽会

「こころの日音楽会」を7月5日に行いました。今年で19回目になります。会場が満席になり立ち見が出るほどの盛況でした。日頃なかなか聴けないチェロの生演奏や合唱など色々なエントリーがあり、楽しい時間をすごすことができました。 More »

夏季総合防火訓練終了!

梅雨空のすき間をねらった晴れの日に毎年行っている防火訓練を実施しました。 西川病院では、年2回の総合防火訓練を実施しています。 今年も夜間病棟での火災発生を想定し、避難誘導や初期消火活動、通報が適切で迅速に対応できること More »

プラスの変化☆

今日利用者さんにとっては4回目、私にとっては3回目の陶芸教室があり、一緒に参加してきました。

コミュニケーションが苦手であり、物事を自分で決めることが苦手な利用者さんは、訪問時に何をしようかと聞いても、どこにドライブに行こうかと言っても、答えは出ず、いつも訪問者が決めていました。当然陶芸教室で作る物も自分では決められず、アドバイスしていたのですが、今日は違いました。

事前に、ネットで調べるなどして、グラスを作ると決めての参加でした。その時点で私はとても嬉しくなり、その変化を利用者さんに言葉で伝えました。

今まで出来なかったことが出来るようになったこと、プラスに変化したのを感じることが出来た時が訪問していて嬉しい瞬間だとあらためて感じることができました。

今回も本人の気に入る作品となりました。1ヶ月後の完成が今から楽しみです。   by N

 

日本精神科看護学術集会に参加してきました。

ブログ初登場の武智です。

若い人に教えを請いながらの挑戦です。

 6月1日~3日まで、神戸で開催された 日本精神科看護学術集会に参加しました。全国から1300名の参加者がありました。

当院からは、「認知症患者への理解の深まりがもたらす病棟看護者のケア行動の変化」という演題で、吉永 晃 看護師が発表しました。

指導いただいた 島根大学医学部看護学科の 大森眞澄先生も駆けつけてくださいました。

会場から活発な質問もあり、有意義な発表となりました。

日ごろはなかなか会えない全国の仲間と久しぶりに会うことができるのも学会の楽しみです。

発表後の夕食は、当然盛り上がりました。

今週のブログ担当は、医療相談室です!よろしくお願いします!

皆様、医療相談室をご存知でしょうか?簡単に紹介したいと思います。まずは場所から・・・新2号館・精神科外来をまっすぐ奥まで進み、右に曲がったところにあります。受付カウンターには新2号館竣工にあたりお隣のさんさん薬局様からいただいたブリザードフラワーを飾っています。さんさん薬局様ありがとうございます!

6月11日(月)の相談室では、外来13名、入院19名の方の対応をしました。その中でも特に印象に残ったのは、ある外来の方との会話での変化です。

相談室がその方に声を掛け始めて約2年、初めは声を掛けても言葉も少なく、すぐに逃げるように帰って行かれていましたが、最近になってようやくじっくりと話ができるようになり、ご自身の希望も話をされるようになりました。その方は最近独居となりましたが、何とか生活を続けておられます。

「2年」とは非常に長い時間のように感じますが、何よりもその方に良い変化がみられることが嬉しく思い、あきらめずに関わり続けることの大切さを再認識できました。

これからも少しでも生活の質が維持・向上されるように気長に関わって行きたい!と強く思える一日でした。

重宝もの

ヴィレッジになくてはならない物・・・。それは・・・電動自転車。

ヴィレッジ本館と西川病院の距離約250m、往復にして500m。この500mの距離が近いようで遠い。1日に何度も本館と病院を往復する中で役立っているのが「電動自転車」です。電動自転車の後ろから後押ししてくれるような感覚に、感動を覚えながら「電動自転車でよかった・・・」と改めて思います。時には、市役所や保健所への出張にも役立つ電動自転車。日々、ヴィレッジの職員を楽に運んでくれています。

普通の自転車が・・・・という声も聞こえますが、やっぱり「電動自転車」が最高です。

≪GYUU≫

地域の生活者として・・・

浜田市のある町では、毎年8月の末に防火を祈願した“八朔祭(花祭り)”が行なわれています。

訪問させていただいている利用者さんも、早速、その花作りに取りかかっていました。

私も、一緒にお手伝いをさせていただいたのですが、なかなか上手くできず「ああじゃない」「こうじゃない」「それはダメでしょう」と指導してもらいながら挑戦してみました。

花のデザインは、毎年自分で考えて工夫しながら行なっているようです。材料も、市内の手芸店に行って、自分で準備をしてきていました。

昔から続く地域の行事に積極的に参加して、地域の生活者として、地元に溶け込み、頑張っている利用者のお手伝い?をする事ができて私も嬉しかったです。

by kino

練習してま~す。

16日のソフトバレー大会に向けて練習をしました。

ネットを挟んでのバレーは何年ぶりか、飛んでくるボールに体が付いて行けず思うようにボールを上げることもできず、相手コートにもなかなか返せないありさま、こんなはずでは...

16日までもう少し楽しく練習をし、試合にのぞみたいと思います。

≪しおかぜ≫

<TAM>

6月ヴィレッジくらぶ開催しました

6月10日(日)気温およそ30度の夏日の中、宮島へバス旅行に行ってきました。

大河ドラマ「清盛」放送中ということもあって、まさに清盛ブームもまっただ中。

厳島神社をはじめ、どこも多くの観光客のみなさんで大賑わいでした。

到着後、水族館に行く班と、厳島神社に行く班と別れて行動しそれぞれ見どころを楽しみました。

水族館では水槽の牡蠣に思わず美味しそう・・とつぶやいてしまった方や

厳島神社では、「この世界遺産に登録された回廊を歩くのが長年の夢だったんだ」と興奮して喜ぶ方も。

なかなか島根県西部のこの地域から遠出をする機会がない方も多く、

このバス旅行がみなさんにとってよき思い出がたくさんできたら幸いです。

HM

≪ひまわり≫

 

 

 

 

 

 

 

楽しいですよ!休憩室

新2号館には、職員休憩室が1階に1ヶ所、2階に男女各1ヶ所の合計3ヶ所あります。

主に昼食とあわせた昼休憩の時に使用しています。それまでは、各部署でそれぞれに休憩をしていました。今回、新2号館竣工にあたり、「職員間のコミュニケーション」と言うコンセプトで、病棟以外は各部署ごとの休憩室は作らず、職員が誰でも利用できる3ヶ所の休憩室が設置されました。昨年の新館引越しの前に事務長から、「新館への引越し後は、3ヶ所の休憩室を利用し、各部署ごとでの休憩はできません。」と連絡された時は、病院全体でかなりの衝撃が走りました。(「職員間のコミュニケーション」の説明もされたのですが、どうなるのだろう?という不安の方が強かったような…)実際、休憩室を利用するようになって、私個人的には、かなり「職員間のコミュニケーション」が取れているような感じです。休憩時間内では、子供や家族の話が主なのですが、病院内の情報交換、政治問題について発展するときもあり、今まで挨拶程度の付き合いだった人との楽しい関わりが持てるようになりました。職員同士が、色々な角度で、また立場でお互いの意見を伝え会えるツールの一つとしてとてもいい環境だなと思っていますが、お昼の皆さんはどうですか?

我が家の鯉

私の家には猫の額程の小さな庭がありその小さな庭にふさわしい小さな池があります、そこには30年にわたり2匹の鯉を飼っています。                     2匹ではかわいそうと子供たちが、祭りの夜店ですくった金魚を数回入れた事があります、翌日その金魚を見たくて子供達が廊下を勢い良くかけて行ったかと思うと、しょんぼんとして帰って来て「おとうさん、金魚がいっぴきもおらん、どこにいったろ~か」 とがっかりする姿が2~3回あった。

犯人は、この2匹鯉で全部食べたに違いない、それ以来ずっと2匹のままである。
ところでこの2匹の鯉、餌の食べ方が大変んへたくそで毎朝餌をやる私をあきれさせてくれる、食べやすい様にまとめて餌をまいてやると2匹で口を大きく開いて突進してくるのであるが普通の鯉は、水面近くで口を開け水と一緒に餌を吸いこむ様食べるのであるが、我が家の鯉は、餌を目の前にして水面で口をパカと開けるため、その勢いで餌が四方ハ方へ散らばり口を閉じると入るのは空気だけ、これを2回ぐらい繰り返すとさすがに苦しくなると見えて餌食いを中断一旦、もぐってエラから空気の泡をごぼごぼと吐きだし又トライするといった、まるでダイバーのごとく繰り返すのです。
彼ら(メスではないと思っている)が口に出来るのは、池の淵まで追いやられ逃げ場をなくした餌を食べつくしています。
毎朝この繰り、返し我が家の鯉は学習能力がないのかこの馬鹿鯉と思いつつ今日も池の真ん中にまとめて餌を蒔いています。

<オアシス>

100パーセントの笑顔

笑いが脳や心に及ぼす効果はたくさんあり、医学的にも有効だと色々なところで言われています。

悲しくても表情だけでも笑顔にしていれば、自分の脳なのに楽しいと錯覚して体に良いホルモンや物質を分泌するのだとか・・・

それとはちょっと違うのですが、訪問車で移動していると知り合いとすれ違います。目が合ったとき笑いかけてもらえるのですが、その笑顔が100%のニッコリ笑顔なのです。とても幸せ気分になれる笑顔パワー出ており、何歳になっても嬉しいものです。          めざせ!笑顔美人・・    郷