心理教育公開講座

毎月行っている心理教育公開講座にて、『心身の健康と幸せについて』というタイトルで医局の吉田先生にご講演をいただきました。 先生ご自身の体験談を通して、心身の健康とは?幸せとは?についてお話をしてくださいました。先生は毎日 More »

心理教育公開講座を行いました

当院の管理栄養士・藤川さんを講師に迎え、「摂食・嚥下障害って?!~加齢に伴う変化を知り予防しよう~」が10月11日(木)に開催されました。 老若男女問わず約70名の参加があり、みなさん自分自身のこととあてはめながら、熱心 More »

心理教育公開講座

毎月恒例の心理教育公開講座を開催しました。薬剤師の佐々木さんに『精神科で使われるお薬について』というタイトルでお話をしていただきました。 当院の心理教育公開講座は平成19年にスタートし、今年で11年目になります。薬につい More »

心理教育公開講座 S・IPS

少し前のことになりますが、心理教育公開講座『「働く」ってなんだろう?Part2~みんな誰でも働ける~』を開催しました。講師はS・IPS就労支援専門員の川本作業療法士とS・IPS利用者のAさんにお願いしました。タイトルにP More »

第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。 これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。 今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り ②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でし More »

スパイダーソリティア

ヴィレッジ1階には利用者さんが使えるパソコンが置かれています。
インターネットを見たり、ゲームをしたり。
休憩時間はいつも誰かがパソコンを使っています。

ゲームはスパイダーソリティアで遊んでいらっしゃるのをよく見かけます。
1人でじっくり取り組んだり、2人で教えあいながらやったりと、皆さん楽しんでおられます。
スパイダーソリティアはトランプを順番に並べ替えるゲームですが、
なかなか上手くいかないときもあれば、あっさりクリアできるときもあり
熱中しているうちに、もうこんなに時間がたっていたのかと思うことがあります。
頭を使うゲームなので、頭の体操にいいかなと思います。
でも、やりすぎには注意したいものですね。    <事務>

地域格差

近年、日本において『格差社会』という言葉をよく耳にします。私たちが携わる精神保健福祉の分野でも格差を感じる場面があります。特に感じるのは、“地域サービス格差”です。

本日、訪問させて頂いた利用者は90歳になろうかという母親との二人暮らしをしています。自宅は山間のひっそりとしたところにあり、学生時代は歩いて1時間をかけて登校しなければならなかったとのことでした。この利用者と家族は、この地域で長年にわたり再発(入退院)を繰り返しながら生活を続けてきました。その一番の要因が、“地域サービス格差”だったと思います。医療機関にも容易に通院できず、日中活動をする事業所もなく、訪問系サービスも行届かないこの地域では、しかたがないことだったかもしれません。

こうした「過疎地域の自宅で生活したい」と望む利用者は少なくありません。そんな時は、いつも「浜田市内に住んでいたらなぁ~」とか「浜田市内でひとり暮らしをしないかなぁ~」と、私たちの都合がよいことを望んでしまいます。今回の利用者は、短期入所(ショートステイ)を利用して受診をするというサービスを組み合わせることで、①自宅での生活 ②定期受診 ③日中活動の向上 の3つの希望や課題を補うことができています。その背景には、本人の退院したいという思いや母親の理解、関係するスタッフの思いがあったからこそ地域生活を可能にしたのだと感じています。

“地域サービス格差”を理由に、あきらめることなく、妥協することなく、様々な人たちと知恵を出しあいながらチャレンジしてみることがいかに大切なことなのかを感じた1日でした。

By kyuu

音楽会に向けて

ここに一つの楽譜があります。

7月5日の音楽会に向けて練習を重ねている楽譜です。

「今度の音楽会はこれにしましょう」と渡された楽譜には、既にこんなにたくさんの書き込みがしてありました。音楽会に向けた意気込みとこの曲に向き合っている姿を感じて、私も「頑張らないと・・」と感じさせられました。

有名な曲ですが、あらためて歌ってみると本当にいい曲です。 しかし、ゆるやかなようで音程の高低差が激しく、声量も必要、それをいかにゆったりと歌うか。。

本番では、皆さんと一緒に楽しめるように私も頑張りたいと思います。

☆相談支援事業所「陽だまり」☆

 

 

車の通行にご注意を!

外から総務課へお越しの方は、正面からではなく火葬場へ行く道から入り、2号館裏へ車を駐車されると便利です。

その車両出入り口の紹介をします。

ここは、坂道が敷地入口専用で総務課真横の道が出口専用となっております。基本的に一方通行となっています。「進入禁止」の立札がありますがまだまだ定着していないのか、逆走車をしばしば見かけます。危険です!! ご注意ください。 

 

終わりに、これから暑い夏を迎えるにあたって、総務から発信することといえば

「節電にご協力を!」です。

みなさま、よろしくお願いします。

気持ちを絵で表現

左の絵は利用者さんが描かれたものです。

この利用者さんの部屋にはいつも自分で描いた絵が飾ってあり、訪問するたびに更新もされています。独特のタッチで描かれた絵にはテーマがあり、聞かずに想像するように言われますが、絵心のない私には答えることができません。

上の絵は「頂点」というテーマで、寿司を食べた時にその美味しさにびっくりしたことを表現したとのこと。それをグラフと心臓で表してあります。下の絵は何かをやろうという思いを表現したそうです。

絵を通して自分の気持ちを表現し、絵を通して訪問者と会話することが今の利用者さんの楽しみになっているように感じました。    by N

「れっつ 当事者研究 -当事者研究のはじめ方・つづけ方」 講演会に行って来ました!

6月17日(日)出雲で上記講演に参加しました。講師はべてるの家からソーシャルワーカー向谷地さんと当事者スタッフ伊藤さんのお二人が来られました。

『当事者研究』とは、繰り返し起きている苦労(例えば、幻聴)に着目し、そのパターンや背後にある意味を吟味し、自分らしいユニークな発想で、その人にあった“自分の助け方”を創造する一連の研究活動の総称です。主役はもちろん自分ですが、仲間や専門家、家族などと一緒に考え、その大切な結果は皆で分かち合われます。

講演では会場の参加当事者の協力で、即興で当事者研究が行われ、その方の幻聴さん「ハッカーさん」と名前をつけ、年齢や性別、何をどんな風に言ってくるかなどを掘り下げるシーンや、以前は命令口調だった幻聴さん最近では提案口調になったり、趣味の話相手になってくれたりと変化していくお話を聞けました。

その他にも手のひらから幻聴さん見立てた紙ふぶきを吹き飛ばすことで、実際に幻聴さん軽くなるといったユニークな対処方法にたどり着いた方の話などどれも興味深いものでした。

また当事者スタッフの伊藤さんが自己病名を[統合失調症全力疾走依存型あわてるタイプ]と名づけ自分の経験を堂々と話される姿や県東部の参加当事者の方たちのいきいきと参加・発言される姿も印象的でした。浜田でも最近は当事者の方たちがピアサポーターとして活躍されており、これからはますます当事者が前面に出てくる時代だろうとも強く思いました。

医療相談室

七夕コンサート開催します

ヴィレッジせいわでは地域とのつながりがさらに深めることを目的に「地域交流事業」としてコンサートや写真展、落語会などのイベントを年4回開催します。

1回目は「ヴィレッジせいわ写真展」として5月19日(土)~20日(日)に開催しました。今回は、今年度2回目の地域交流事業として『第3回ヴィレッジせいわ七夕コンサート』を開催します。ヴィレッジせいわでのコンサートとしては昨年からの開催を含め、3回目の開催になります。

地元町内会の港町4町内「えがお」による合唱や清和会職員によるピアノ演奏など盛りだくさんのプログラムとなっています。

当日はどなたでも参加いただけます。たくさんの方のお越しをお待ちしています。

開催日:平成24年7月5日(木)

時 間:18:15~19:00(開場18:00)

場 所:ヴィレッジせいわ本館・地域交流室(浜田市港町277)

あなたが、いるから・・・

「あなたがいるから・・・」利用者や家族の方からは、時々そう言ってもらえることもありますが、一度でいいから、我が家族からも言われてみたい・・・

前置きはさておき、訪問しているお宅に、1匹の豆柴がいます。

長年飼っていた、白ねこのチビが死んでしまって、「やっぱり動物が飼いたい」と犬を飼うことになりました。犬の世話は、ねこ以上に大変なので、「大丈夫かな~?」と心配していました。実際、糞の始末や食事の世話・通院など、大変な状況ですが、

「マメがいるから寂しくないよ」「マメのおかげで、生活リズムが良くなった」「今落ち着いた生活ができるのも、マメがいるから」と言い、以前より生活リズムも安定して、家事などもしっかりとこなすようになりました。

訪問していると、利用者が劇的に変化することがあります。

今回のように、生き物のために世話をするようになった時・家族の体調が悪くなり自分がしっかりしなくてはと頑張るようになった時・楽しみを見つけた時など様々な場面で、その人が本来持っていた力が再び発揮されています。

その力に触れたとき、私たちは最高の幸せを感じることができるのです。訪問っていいですよ。

by kino

大健闘!!職員ソフトバレーに参加しました~!

今回は「しおかぜ」担当です。

6月16日(土)に行われた清和会の職員ソフトバレー大会に「ヴィレッジA」「ヴィレッジB」の2チームで参加しました。

日頃から体を動かしているメンバーや運動不足の職員・・・。年齢も19歳から59歳と、40歳!の年の差チームで挑みましたよ(^o^)

仕事が終わってから2回ほど練習を重ねましたが、練習中から昨年度優勝の「精神科デイケアチーム」にはなかなか勝てず、

悔しさをバネに本番へ・・・(-.-)

 

本番は予選を含めて10チームが参加しました。予選は3位と4位で、決勝では、なんと味方通し「ヴィレッジA×ヴィレッジB」が対戦する!?といった、応援する方は複雑な思いがしましたが、みんな本当に輝いていました(^^)v

結局、味方同士で勝ったチームは優勝チームの精神科デイケアと当たり、1セットを勝ち取り、大いに喜びました。

応援団と選手が素晴らしいチームワークで勝った瞬間でした。このチームワークをしおかぜでも生かせたらいいですね。

応援団にも熱が入り、夜なべしながらポンポンを作ってくれた職員もいました。本当にありがとうございました(^o^)丿

また来年は優勝を目指して頑張りましょうね(^o^)

 

応援団長 しおかぜM

奥の院『総務課』

新2号館1階の奥まったところにひっそりと構える総務課。

人事・会計・庶務が集まった部屋になっています。不二ビルサービス㈱の方も常駐されています。

人事・会計担当者はほぼ一日中椅子に座りパソコンとにらめっこしています。庶務担当者はほぼ一日中院内を歩き回り課内にいることがほとんどありません。

総務課は人の出入りが激しいところで、顔と名前が一致するのに結構時間がかかってしまいます。来客される方だけでなく、院内の職員の数も増えていることから総務課を立ち去った後に、今の人誰???ということもしばしば。目線が顔からずれている時は、名札を確認していると思ってください。