心理教育公開講座 S・IPS

少し前のことになりますが、心理教育公開講座『「働く」ってなんだろう?Part2~みんな誰でも働ける~』を開催しました。講師はS・IPS就労支援専門員の川本作業療法士とS・IPS利用者のAさんにお願いしました。タイトルにP More »

第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。 これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。 今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り ②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でし More »

第19回こころの日音楽会

「こころの日音楽会」を7月5日に行いました。今年で19回目になります。会場が満席になり立ち見が出るほどの盛況でした。日頃なかなか聴けないチェロの生演奏や合唱など色々なエントリーがあり、楽しい時間をすごすことができました。 More »

夏季総合防火訓練終了!

梅雨空のすき間をねらった晴れの日に毎年行っている防火訓練を実施しました。 西川病院では、年2回の総合防火訓練を実施しています。 今年も夜間病棟での火災発生を想定し、避難誘導や初期消火活動、通報が適切で迅速に対応できること More »

精神科デイケア”来夢” プログラム紹介

ニュースでは梅雨入りしたとのことですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。次に今回デイケアのプログラムから今回「導入期プログラム(PFC)」をご紹介したいと思います。3月より始まった新しいプログラムでPFCはPOWE More »

温泉☆

みなさん、温泉はお好きですか?
私は、大の温泉好きなので・・私がブログ担当の回は温泉紹介にしてみたいと思います。
第1回目は、私が1番好きな益田市匹見町にあるやすらぎの湯という温泉を紹介します。
浜田からは、186号線を通って車で1時間30分くらいの山の中の温泉で、たぬきの置物がお出迎えしてくれます。
お湯は、内湯と外湯があり外湯には露天風呂、五右衛門風呂、打たせ湯、内湯にはサウナ、薬湯などがあり結構楽しめますよ(^-^)
私のおすすめは、薬湯でとってもくさいのですがそのくささが、体にすごく良さそうで癖になります。
興味がある人は、ぜひ行ってみて下さい☆
≪陽だまり≫

四季を感じる庭

今日訪問したお宅には池のある庭があります。池には鯉?と思うような大きな金魚が何匹も泳ぎ、池の周りには木もあり、緑が生い茂っています。

その庭を眺めながら、今日は利用者さんと話をしました。

時折、「ゲコゲコ」という鳴き声が聞こえ、沢山のカエルも池やその周りにはいました。

春にはうぐいす、梅雨時期にはうるさくて眠れないくらいに鳴くカエル、夏にはこれまたうるさくて困るセミが来るとのこと。毎年青ガエルが卵を産みつけ、おたまじゃくしとなり、カエルになるため、どんどん増えていると話しておられました。

庭を通して四季を感じることが出来、うらやましい限りでした。

写真は今朝我が家で咲いたコスモスです。秋桜と書くだけに、秋に咲くものだと思っていたので、びっくりしました。我が家の庭では四季を勘違いしそうです。     by N

からふる下駄箱

ヴィレッジ本館の玄関に設置してある下駄箱を紹介します。普通の下駄箱でしたが、靴をどこに入れたかわからなくなることがあったため、番号の書いてあるマグネットを付けました。どこに入れたか忘れないように、自分の靴を入れた番号のマグネットを持ち歩く仕組みです。

マグネットをカラフルにしたので玄関の雰囲気が変わりました。利用者のみなさんにも好評です。

≪GYUU≫

道端に咲く花

ヴィレッジ花シリーズ第2弾

今回は、ヴィレッジ本館の入り口前の歩道に咲いている花を紹介します。どなたかが植えたのでしょうか街路樹の下にきれいに咲いています。道行く人の中には、足を止めて観ている人もいるようです。

花に疎いので名前はわかりませんがとてもきれいな花です。

≪GYUU≫

追伸:名前は「マツバギク」との情報をキャッチしました。

公開講座やって来ました。

西川病院にて、OTの企画で入院患者さんを対象とした、心理教育公開講座が行われています。

今回、私は「地域の生活をのぞいてみよう」というテーマで、地域に住む利用者さんたちの頑張っている姿を紹介させていただきました。

私の思いは、地域でも様々なサービスを利用したり、自分なりの生活を見つけることができれば、誰でも主体的な社会生活は可能であること。そして、夢や希望が湧いてきて、楽しめる人生を送ることができること、みんなにはその可能性を大いに秘めていることを伝えることができればと思っていました。

本来、人の生活する場は、病院ではなく地域なのです。その地域で、自分らしく「あたりまえの生活」を送ることができるように、支援していける仲間が増えてくることを願っています。

by kino

今日からしおかぜ実習月間が始まります!

いよいよ、この日が来ました!今日から6/30まで、しおかぜにはたくさんの実習生が来られます。フレッシュな面々に、利用者の皆さんもウキウキです。

私にも、こんな時代があったなあ…と思いつつ。
若さを吸収して、より元気に!タオルを巻いて頑張ります!!

実習生の方々との触れ合いを通して、利用者の皆さんのステキなところも発見できました。まだまだゴールまで長いですが、皆さんと一緒に頑張ります☆
SS しおかぜ

ここで実習します

 

まるでホテルのロビーのよう…

西川病院スタッフブログ看護部以外の部署、トップは検査室です。検査室から見た、検査室として感じた病院の様子や西川病院の周辺の様子などを皆さんにお伝えできればと思っています。

西川病院では、通常の診察以外に特定健診や外部健診などを年間通して受託しています。外部健診の方は、事業所の健診で来られる方ばかりなので、病院に来られるの1年に1度。昨年は、古い建物で受診された方が、今年来られた時の第一声、「いつから変わったんですか?広くて明るくてビックリしました。まるで、ホテルのロビーみたいですね。」と口々に言われます。(確かに、以前の病院は天井も低く、暗かったのですが…。)

この写真が、皆さんが初めにびっくりされるロビーです。天井も高く開放的で、待合ロビーも廊下も以前の倍くらいの広さはあります。

また先日、検査に来られた患者さんから、「やっぱり、こうよね~。なんだか、気持ちまで明るくなりそうよ!」と声を掛けられました。正直こんなに反響があるとは思っていなかったので、目からのイメージって凄いなぁ~と改めて感じました。検査を終えたその方に「ありがとうございます。建物に負けんように、私たちも頑張らないといけませんね~。」と答えながら、自分自身に言い聞かせていました。【人も素敵ネ!】を目指して。

夕食スペシャルメニュー

ヴィレッジせいわでは、年末年始、お盆を除いて毎日食事のサービスを提供しています。
品数も多く、ファンが多い食事サービスですが、3週間に1度夕食スペシャルメニューを提供しています。
夕食スペシャルメニューの日は、バイキング料理で、どの料理も食べ放題!
この日はみなさんどんな料理が食べられるのか胸を躍らせて楽しみに待っておられます。
ちなみに6月3日(日)のメニューはといいますと~
☆カレーライス、サンドイッチ、豚カツ、エビチリ、和そば、ポテ玉チーズ、サラダスパゲティ、だし巻卵、フルーツポンチ☆
でした♪

次回はどんな料理が出てくるでしょうか。
ご期待ください!

HM                                                                  ≪ひまわり≫

カラオケタイム

こんにちは!地域活動支援センターオアシスのYです。実はブログなるもの初めての体験です。

オアシスでは、利用者様を対象に”憩いの場”として毎日15:30~16:30までカラオケをしています。

先ごろパソコンにカラオケ機器を取り付けてインターネットで選曲できるようになったのです。今までのCDカラオケに無い曲も選択できるようになり、若い方から年配の方までの曲幅が広がり、皆様は楽しそうに歌っておられます。ところが、私にとってカラオケタイムは”魔の空間”です。

「なぜ」「それはパソコンの操作が苦手だから!!」

68歳を前にしてパソコンで新しいことを覚えるのは至難の業。逆立ちすることより難しい技!!でも、カラオケを楽しみにしている方がまっています。

「何とかしなくちゃ~」

1日目・・・パソコンの前に座るもチンプンカンプン

2日目・・・恐る恐るマウスを握って動かしてみる

3日目・・・「今日もパソコンでカラオケするのは無理なのかな~」・・・背中あたりから利用者様のひそひそ声が聞こえてきます。隠れていた”意地”虫が騒ぎ始める。マニュアルを片手に悪戦苦闘。3日目にして、ついにスクリーンに画面が映り音楽が流れてきました。

「やった~」「やればできるじゃない!」利用者様からお誉めの言葉をいただきウキウキ。

脳の活性化=挑戦ですね!

まだまだパソコン操作は完璧ではありませんが利用者様に助けてもらいながらカラオケタイムを楽しんでいます。今では私にとっても”癒しの空間”になりました。

皆様ご協力いただきありがとうございました。

♪ 地域活動支援センター オアシス ♪

《がちゃがちゃ》と《がちゃおばさん》

5cmくらいのまるでドジョウのようなウナギが訪問宅にいます。

8ヶ月経過した今では6倍くらいの大きさになりました。その家の小学生とも話しをするのですが、ウナギに名前を付けた方が声かけしやすいと言ったところ《がちゃがちゃ》という名になっていました。そして私にも名前がついており《がちゃおばさん》と呼ばれていることを最近になって知りました。

「今日 がちゃおばさんが来たよ」「がちゃおばさんに病院で会ったよ」と子供が懐いてくれないと悩んでいる彼女の、親と子のコミュニケーションの橋渡しになっていると聞き、変な名前ですが、嬉しいかも・・・と思っています。