心理教育公開講座

毎月行っている心理教育公開講座にて、『心身の健康と幸せについて』というタイトルで医局の吉田先生にご講演をいただきました。 先生ご自身の体験談を通して、心身の健康とは?幸せとは?についてお話をしてくださいました。先生は毎日 More »

心理教育公開講座を行いました

当院の管理栄養士・藤川さんを講師に迎え、「摂食・嚥下障害って?!~加齢に伴う変化を知り予防しよう~」が10月11日(木)に開催されました。 老若男女問わず約70名の参加があり、みなさん自分自身のこととあてはめながら、熱心 More »

心理教育公開講座

毎月恒例の心理教育公開講座を開催しました。薬剤師の佐々木さんに『精神科で使われるお薬について』というタイトルでお話をしていただきました。 当院の心理教育公開講座は平成19年にスタートし、今年で11年目になります。薬につい More »

心理教育公開講座 S・IPS

少し前のことになりますが、心理教育公開講座『「働く」ってなんだろう?Part2~みんな誰でも働ける~』を開催しました。講師はS・IPS就労支援専門員の川本作業療法士とS・IPS利用者のAさんにお願いしました。タイトルにP More »

第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。 これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。 今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り ②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でし More »

デイケア来夢 1月の活動報告とプログラムのご紹介

雪が降り続いて大変寒い日が続きますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。1月4日午後に市内にある神社へバス班、ウオーキング班に分かれて初詣でに行きました。年初めに参拝することによって前向きな気持ちになり、エネルギーをもらえたような気がしますね。今年も皆さんにとってよい1年となりますように!!

さて今回デイケアのプログラムから「手工芸」のご紹介をしたいと思います。編物や縫物、アクリルたわし、ミサンガ作り等メンバーさんが作りたいものを個別に作って過ごしています。女子メンバーで和気藹々と話をしながら、下記写真のようなカバンを作成したようです。作成したお二人に許可を頂いて掲載させて頂きました。とても可愛い作品ができました!初心者でも手芸が得意なスタッフが一緒に考え、教えてくれるので安心です!ご参加お待ちしています。

2月行事は2日に節分祭(恵方巻作り、豆まき)、14日にチョコ作り、16日にフロアーボール大会を予定しています。お楽しみに~!!  スタッフ W

新年を迎え…

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もこころクリニックせいわ及びNACTをどうぞよろしくお願い致します。

仕事初めの1/4(木)には、訪問利用者さんからたくさんの年賀ハガキが届いていました。その中に、日頃のNACTの支援に対する感謝の気持ちや、自分自身の新年の決意が記入されていました。一生懸命に書かれたその言葉に、私たちも新年を迎え「今年も利用者の一助になれるよう頑張るぞぉ~!!」と決意をさせて頂きました。NACTの活動は、今年も利用者さんやその家族、地域住民の温かい言葉や表情で支えられていきます。今年もどうぞよろしくお願いします。

By  kyuu

ゆうゆう便り1月号

明けましておめでとうございます。

今年もゆうゆうは、メンバーさんの手作り門松でお出迎えです。

さすが元職人さん!ビッグでとても素敵な門松です。

ホールは、手編みの富士山の壁画をはじめ、習字、絵手紙、なんとゴミ箱
までが手作りで、メンバーの皆さんの得意とされることを発揮され、心温まる雰囲気でいっぱいです。

今年の抱負をお尋ねしますと、皆さんの多くが「元気で過ごす!」とおっしゃいました

本年も笑顔いっぱいのゆうゆうでありますように。

どうぞよろしくお願い致します。
ポンとコン

デイケア‟来夢”12月活動報告

デイケア“来夢”では春から物作りグループとして“来夢製作所”を立ち上げ、木工や園芸など様々なモノづくりを行ってきました。12月後半の活動としてミニチュア門松作成、デイケア棟の門松作成を行いました。

初めて作る方が多い中、女性は画用紙を利用して手作り扇子や正月飾り作り、男性メンバーは竹切りやオイル缶のこも巻きなど、分担することでアッという間に完成する事が出来ました。自分の作った作品を写真に撮る方、お互いの作品を見せ合う方、「かわいいねぇー」「これなら家でもできそう」と反応はそれぞれ。

物作りという作業の中には道具の使用は当然として、話し合う(相談する)事、協力する事、完成する喜びを得る事、物品の管理と必要となる技能は山ほどあります。そうした経験を積み重ねることで、社会生活に必要な基礎的な能力を回復し、生活の質を高めることができればと思います。

 

最後に、今年も残す所あとわずかとなりましたが、来年もよろしくお願い致します。

 

大きな熊さん より

~夢や希望~

私が4月に訪問看護へ配属となって、9カ月が経ちました。訪問先で少しずついろいろな話しをさせていただいています。

先日は、同年代の利用者さんと男同士、共通の趣味の話しや今後の夢や希望について、冬の日本海を見ながら肩を並べて語り合いました。

将来、希望を達成した利用者さんと共にこのブログを見ながら、「こんな時期もあったね」と話しができることをイメージしながら日々、夢や希望に向かって歩んでいます。

Take1

クリスマスリーフを作りました

生活介護事業所「ひまわり」でクリスマスリーフをひまわり『女子会』の皆さんで作りました。

とてもすてきなリーフです。

玄関に飾ってあります。ヴィレッジ2号館のお近くにお立ち寄りの際は、ご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月の公開講座「精神科と感染症について」

今年最後の心理教育公開講座が開催されました。

今回は「精神科と感染症について」のテーマで、臨床検査技師の坂本広隆さんにお話しをしていただき、たくさんの方が参加してくれました。

「人間を地球に例えるなら、細菌は、地球の中に住んでいるゾウほどの大きさで、ウイルスはネズミほどの大きさ」「人間の細胞の数は、(はやりの)『35億』ではなく60兆個もある」「抗生物質はカビから作られた」「精神科病院の中だからこそ感染対策は重要」などたくさんの『へぇ~』が詰まった公開講座でした。最後には、手洗いやアルコール手指消毒の方法など参加者のみなさんと一緒に実演することもできました。これからインフルエンザが流行してきます。ちょうどこのタイミングで、日頃の体調管理と手洗いをしっかりしなければならないことを意識することができました。

今年度の公開講座は、今回で終了です。講師の皆様ご協力ありがとうございました。

また来年度も引き続いて、様々なテーマで行っていく予定です。お楽しみに~。

OT kino

ゆうゆうだより 12月号

今年もゆうゆうの長寿ベンジャミンにクリスマス飾りを付けました。
植物に関心がある利用者さんが剪定され、編み物が好きな利用者さんに紐を編んでいただき、縫い物が好きな利用者さんにフェルトで靴下やハート型を作っていただきました。ツリーには利用者さんそれぞれ得意な事を生かした作品が盛り込まれており、世界で一番すてきな、クリスマスツリーができました。
毎日を利用者さんと一緒に考え、色々な事を楽しむことができた一年間ありがとうございました。
by:310

公開講座特別講演

去る11月27日、福島県立医科大学会津医療センター特任教授、SST普及協会会長の丹羽真一先生を講師としてお迎えし、『リカバリーの時代』というタイトルでご講演いただきました。

今回は公開講座特別講演とし、入院外来患者さん、職員に加え、ご家族や院外の関係機関の方にも多くご参加いただきました。

リカバリーとはどういうことか、リカバリーのために必要な治療や支援について等、とても分かりやすくお話をしていただきました。患者さんからも活発な質問がありましたが、丹羽先生は一つ一つ丁寧に回答して下さり、参加された皆さんにとって大変有意義な時間となったことと思います。

このように患者さんも職員も一緒に学ぶことができる場の必要性を改めて感じます。この講演会で学んだことを活かし、今後もリカバリーに向けた関わりをしていきたいです。

OTR.S

守り神?

今日、ヴィレッジ3号館の物置に止まる大きな鳥を見ました。何という鳥なのかわかりませんが、年少の幼稚園児ほどの大きさで、じっと病院の方角を見つめていていました。

風水では鳥は縁や幸運を運んでくれる縁起の良い生き物で、人間関係をスムーズにして良い情報をもたらしてくれると言われているそうです。

彼(彼女?)にヴィレッジの守り神をお願いしたいものです。    70