心理教育公開講座 S・IPS

少し前のことになりますが、心理教育公開講座『「働く」ってなんだろう?Part2~みんな誰でも働ける~』を開催しました。講師はS・IPS就労支援専門員の川本作業療法士とS・IPS利用者のAさんにお願いしました。タイトルにP More »

第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。 これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。 今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り ②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でし More »

第19回こころの日音楽会

「こころの日音楽会」を7月5日に行いました。今年で19回目になります。会場が満席になり立ち見が出るほどの盛況でした。日頃なかなか聴けないチェロの生演奏や合唱など色々なエントリーがあり、楽しい時間をすごすことができました。 More »

夏季総合防火訓練終了!

梅雨空のすき間をねらった晴れの日に毎年行っている防火訓練を実施しました。 西川病院では、年2回の総合防火訓練を実施しています。 今年も夜間病棟での火災発生を想定し、避難誘導や初期消火活動、通報が適切で迅速に対応できること More »

精神科デイケア”来夢” プログラム紹介

ニュースでは梅雨入りしたとのことですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。次に今回デイケアのプログラムから今回「導入期プログラム(PFC)」をご紹介したいと思います。3月より始まった新しいプログラムでPFCはPOWE More »

第3回 寄せ植えダービー


園芸療法委員会は「病院を花でいっぱいにしよう」を目標に1昨年から活動しています。
昨年度より中庭の空いた鉢を利用して、各部署に1つずつの鉢を管理してもらっています。
ただ、鉢を管理するのでは面白味がないので、毎年7月頃に「寄せ植えダービー」と称したコンテストを行っています。
新聞などを作成して部署の意気込みを載せて、それぞれ自分たちの鉢に愛着を持ちながら花を育ててもらっています。
審査員は、先生方や部長さん、外来の利用者さんや外来の職員さんの方々です。
今年も良い寄せ植えがたくさんできました。病院にお越しの際は、ぜひ中庭の鉢を見てください。
少しでも癒やしになればいいな~と思います。
園芸部長 I

嫌われる勇気

読書が好きなわけではありませんが、出張の際には暇つぶしの目的で移動中に本や雑誌を読むようにしています。先日、“Sports Graphic Nunber”という雑誌を購入したところ、「スポーツ 嫌われる勇気」という特集に偶然出会うことができました。ベストセラー『嫌われる勇気』で紹介され、多くの人々の共感を集めた精神科医のアドラー心理学「勇気の心理学」とも呼ばれる「課題の分離」「共同体感覚」「目的論」といった考え方で、その独自の教えはトップアスリートが自ら実践しているものばかりだという内容でした。スポーツ雑誌ではあったものの、アドラー心理学にどんどんと引き込まれてしまい、自分の今の仕事や私生活を振り返る機会となりました。私もまだ読んでいませんが、『嫌われる勇気』を読むともっと何かが得られるかもしれないと思いました。お薦めですよ!!

By kyuu

暑いですねぇ~。そうですねぇ~。

こんな挨拶も、もう飽きたくらい暑い日が続きますが、皆様体調を崩したりされてないでしょうか?

訪問先でも熱中症対策に、室温管理と水分補給をお伝えしながら日々お宅に伺っております。

私も熱中症対策として、水筒を2本自宅から持参して水分補給は欠かせません。

我が家では、基本常温麦茶です。平日は、やかん3個体制でローテーションしないと、沸かしたお茶が冷めるのを待っている間に前のやかんは空になってしまいます。

休日はやかん3個では足りず、ジャグラーが新兵器として我が家にやってきました。暇があれば麦茶を沸かす毎日です。

「涼しくなりましたねぇ~」と挨拶できる時が待ち遠しいですね。

Take1

7月心理教育公開講座開催

7月は「あなたの夢・希望は何ですか?~社会資源を味方につけて理想の生活を~」をテーマとして、相談サービス課の澄田PSWにお話をしていただきました。
会場のみなさんに「退院したいですか?」とお聞きすると、大多数の参加者が手を挙げていましたが、逆に「退院したくない」でも挙手があり、理由は一人で生きていくことへの不安が語られました。
そんな中で、社会資源については、福祉サービスなどの制度的資源だけでなく、家族や友人などの人的資源やコンビニやスーパーなどの物的資源・周辺の自然環境なども環境的資源であることなど、本人を取り巻いている様々なものまで社会資源であると教えていただきました。
さらには、様々な社会資源を利用して、実際に退院して地域でがんばって生活されている方の体験談をインタビュー形式で話していただいて、参加者の皆様に良い刺激となり勇気をいただきました。ありがとうございました。
8月の公開講座は、「リカバリーの時代」「栄養について」のテーマで2回行われます。皆様是非ご参加ください。

OT kino

夏一番

猛暑が続く日々~プールが恋しいですね!

病院の中庭、寄せ植えダービーも終わりやや茂りすぎの鉢植えを眺めていると~

7病棟の食堂に新しい企画!カメラを手に病棟に上がってみました。

何と~~シンクロナイズ・スイミングチームが見事な足芸を披露していました。

一緒に見上げたスタッフが~「水着の色は何色でしょうかね??」

暑さを忘れて、素敵な脚線美を楽しみましょう。HP委員 M

❝来夢❞オープン講座『男の料理教室~夏編~』

 7月21日に来夢オープン講座『男の料理教室~夏編~』を開催しました。
今回は、男の料理教室シリーズの第3弾となります。
栄養管理課から調理師さん2人と管理栄養士さん2人に来て頂いて、
①そうめんだし ②そうめんサラダ ③冷やし奴 ④オクラ納豆奴を
説明をして頂きながら調理の見学をしました。
 調理師さんの玉ねぎを切る包丁さばきにメンバーさんから「うぉ~。」と感激の声が上がりました。
飾り包丁できゅうりの蝶々も披露をして頂きました。
 完成後は、メンバーさんが楽しみにしていた試食会です。皆さん「美味しい。」「美味しいね。」と言いながら試食されていました。
 次回のオープン講座は、9月です。テーマは、『社会資源について』です。次回も皆で楽しく学習したいと思います。
                                 
❝来夢❞M子


第4回 西川病院屋台祭り

7月12日(水)『患者さんと職員が一緒にお祭りを楽しむ』を目的として西川病院屋台祭りが行われました。

 

実行委員長の発声と共に大勢の患者さんや職員が参加し、患者さんの普段見られない笑顔や「楽しかった」「美味しかった」など、たくさんの声を聴くことができました。

猛暑と蒸し暑い中でしたが、楽しいひと時を過ごせたこと大変うれしく思います。

今後も、患者さんと職員が共に楽しめる行事をレク部として取り組んでいきたいと思います。

  レク部員 KS

 

ハプニング

肝硬変を患う断酒中の利用者さん。元気を出そうと何本も飲んだ栄養ドリンクにアルコールが入っていたためか、体調不良をきたしNACTスタッフ同伴で救急受診。

「絶対に入院はしない」と宣言し、点滴をして笑顔で帰宅されました。

自宅で暮らしたい強い意思を持つ利用者と、なんとか在宅生活を支えようとする支援者。いろんな困難やハプニングが起こりますが、利用者さんの笑顔に力をもらい続けてけているように思います。  70

 

アイデア大賞

屋台祭りでは、今年も栄養課の調理師さんが、スイカやメロンで楽しい飾りを作ってくれました。

昨年より、一段と工夫を凝らして!!舞台も大きく、赤い大きな口を開けたクジラ?その側を泳いでいるのはイルカ。

メロンのカメとペンギンも楽しい!

皆、立ち止まって「可愛い~~」と写真撮影。

見る人を楽しませて~

作った人も楽しんで~

仕事を楽しんでいるって素晴らしいですね。   HP委員 M

楽しみ行事いっぱい

こんにちは。リハビリ部のM上です。

暑い日が続きますね。

西川病院では7月は楽しい行事がたくさんあり、和気あいあいしております。

 

7月6日(木)はこころの日音楽会、7月12日(水)は屋台祭りが開催されました。

音楽会では職員の楽器演奏や合唱、“ひばり合唱団”というグループでは患者さんと職員が一緒になって合唱をされ、数多くの音楽を楽しみました。

年々出場される方も増えレベルが高くなっている音楽会。とても感動的で穏やかな時間でした。

この日を迎えるまでにたくさんの練習をされました。

ひばり合唱団というグループはOT活動の時間で練習をされており、私も練習に入ると歌いはじめのタイミングやサビの部分は力強く歌う、もっと笑顔で!・・・などたくさんのことに指摘をもらいながら練習されており本格的で、伴奏も本格的で・・・。

そんな厳しいながらにも、しっかり練習され迎えた本番。みんなが団結しておりとても素敵で感動しました^^

 

屋台祭りでは7種類(ところてん、フルーツポンチ、フランクフルト、たこ焼き、カキ氷、水羊羹、パンケーキ)が出ました。

味も量も絶妙でとても良かったです。患者さん皆さんも普段活動に出ない方などがたくさん来られ屋台を楽しまれ、私達も楽しく過ごすことが出来ました。

私個人的に大好きなのは「ところてん」で、つゆの味付けが絶妙でお勧め!笑

他の店のはあまり好まないけど西川病院のは好き、食べれる、という方が結構多いみたいです^^

 

患者さんも職員も一緒に楽しむ時間は本当に大事だなあと感じた7月でした

 

OT M上