利用者とスタッフのつながり

015281s_mini昨晩、NACTの利用者さんの家族からSOSの連絡がありスタッフがかけつけました。

足がむずむずしたりイライラして落ち着かず、母親が対応に困って緊急に電話してこられたようです。すぐに待機スタッフが自宅を訪問し、寝る前の薬を服用してもらい、やがていびきをかいて入眠したとのこと。いつも訪問する顔見知りのスタッフが来たことで、本人も母親もさぞかし安心されたのでしょう。翌日、ぐっすり寝れたとお礼の電話がかかってきました。

「いつでも顔見知りのスタッフに相談できる安心感」と「報告を受けすぐに薬が変更できるチーム連携」、今までの精神科医療にはないNACTの魅力だなと改めて感じました。 by 70

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です