最終回を迎えて

 ここまで、ご愛読くださった皆さん、本当に本当に、ありがとうございました。こうして、終わりを告げるのは、突然のような気もするし、もう今がいいころかな、とも思います。なぜなら、今思うところは全部書いてきたから。すべて吐露させてもらえたから。だから、私は幸せです。こんな場所がもらえて。チャンスがもらえて。

 「ブログを書いてみない?」と今回のことを私に勧めて下さった西川先生をはじめ、ホームページ開設にご尽力いただいた方々、時にコメントを寄せてくださったり、ご愛読してきてくださった方々、本当に感謝です。ここに厚くお礼申し上げます。

 これからも、自分を研鑽するべく、いろんなチャンスをものにしながら、生きていきたいな、と思います。本当に本当に、皆様に出会えてよかった。読んでいただけてよかった。そう思います。名残惜しい気もするけれど、一旦、ここで木の葉雫のブログは締めさせていただきたいと思います。これまで本当にありがとうございました。

 お礼に、最近目に止まった心に残る詩を紹介して終わりたいと思います。

    <うさぎ>        

                                 まど みちお 

    うさぎに うまれて

    うれしい うさぎ

    はねても 

      はねても

        はねても 

          はねても

    うさぎで なくなりゃしない

 

    うさぎに うまれて

    うれしい うさぎ

    とんでも 

      とんでも

        とんでも 

          とんでも

    くさはら なくなりゃしない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です