そんな理不尽な~

ある利用者さんが、「玄関に張り紙があって、今月末までに退去するように書かれてるんです」とパニックになりながら電話がありました。現在住んでいるアパートを、リフォームするらしく、強制的に退去を迫られました。

前々から、そんな話しが少しはあったようでしたが、退去の連絡があったのは、今月中旬のことで、《退去は今月末!そんな~、どうすれば良いの?》とりあえず大家さんも、そんな鬼ではないと思いつつ、すぐには無理であることを伝えようと思った矢先、本人の家に行くと、すでにリフォームが始められており《本人がまだ住んでいるのに!》、水道も止められた状態で、お風呂やトイレも使えなくなっていました。これは、まずいと感じて、すぐに不動産を探し回ったりしましたが、なかなか良い物件は見当たらず・・・。しばらくそうしている間に、心優しい大家さんに出会いました。こちらの苦しい状況を伝えると、快く迎えてくれることになり、契約などもスムーズにできました(それに至るまでにも、色々とあり、私もパニック寸前になっていました)。今回は、この大家さんに大変助けていただきました。ありがとうございました。

そして、本日寒空の中、利用者さんと2人で、頑張って無事に引越しをしてきました。

地域で生活する障がい者に対して、まだまだ偏見もあるようですが、アパートに快く入居させてくれるような大家さんとの出会いもあります。このような出会いを大切にしつつ、私たちも支えられていることを実感できました。  by kino

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です