ブレスコントロール

はて、「ブレスコントロール」とは?。習っているフルートレッスンで教えてもらった言葉。ブレスとは、息、呼吸。コントロールとは、そのまま、コントロールすること。合わせて、呼吸のコントロールという意味。特に、リズムの速い曲では、重要になってくる。どこで呼吸をするか。息を吸うか。吸わないと吹けないんだけれど、吸う場所がない。なぜなら、次の音をすぐに出さないといけないから。

そんな練習をしていて、「はて、生きることにも通づるのではないか。」と気づいた次第なんです。生きていると、活動的な時、休憩する時、いろいろありますよね。それを上手にコントロールしないと、疲れて寝込んでしまったり、病気になったり。

要は循環ですね。吸うこと、吐くこと。休憩ばかりでもやれないし、活動的ばかりでもこれまた困る。

楽しいことをするためには、準備もいるし、時には、休憩も必要。力もためながら自分が楽しめることに没頭できると最高ですよね。

特に、精神的な病気になる場合は、この休憩したり、活動したりというのが、うまくできなかった場合が多いのではないかと思います。でも、病気になったからって遅くない。病気になってからでも、そこから、力をためて、ためてためてから、また出直せばいい。時間はあるのだから。後悔しないで、また新たな呼吸をし始めればいい。そう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です