私のための料理教室

一人暮らしをしている利用者(男性)さんに、どんなものを食べているのか聞くと「弁当なんかじゃ、自分の好みの味じゃないし、大体は作っとりますよ」と話してくれました。例えば、どんなものを作るのか聞いていると、「作ってみましょうか?」と一緒に台所に立って料理をしました。昔は、割烹の店を経営していた経験もあり、料理について詳しく丁寧に教えてくれました。訪問のスタッフ分も作り、持って帰ってみんなで美味しくいただきました。本人も「たまには、こうやって人と、バカを言いながら料理をするのもいいですわ~」と喜んでいました。

訪問では、私たちがアドバイス・指導するだけでなく、たまには逆に教えてもらう立場になることも多いです。利用者さんのストレングスを見極め、そのストレングスを発揮するため、料理や野菜の育て方・魚釣りの仕掛けの作り方・子育ての方法・美味しいお店の紹介など様々な事を教えてもらっています。そして、その様々なストレングスを、社会参加へと結び付けていく役割が私たちにはあります。  by kino

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です