総合防火訓練終わる

6月17日(月)年2回実施している総合防火訓練の1回目を実施しました。

この総合防火訓練は、病棟での火災発生を想定し避難誘導及び初期消火活動、そして通報が適切で迅速に対応できるよう訓練を行い、併せて職員の防火意識の向上を図ることを目的としています。

今回は、全個室の開放病棟での夜間巡回時の火災発見という想定で行われました。

夜間帯の少ない職員数で患者さんをいかに安全に誘導するのかということを考えながら

訓練者の緊張感や臨場感が伝わる訓練の展開でした。

振り返りでは、反省や次への課題など多くの意見が聞かれ、職員の防火への意識の高さを改めて感じました。

 

 

 

 

 

 

秋には、総合防災訓練を計画しています。防災・防火への意識を高める一日となりました。

HP委員

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です