心理教育公開講座

毎月恒例の心理教育公開講座を開催しました。薬剤師の佐々木さんに『精神科で使われるお薬について』というタイトルでお話をしていただきました。

当院の心理教育公開講座は平成19年にスタートし、今年で11年目になります。薬についての講座は開始当初から毎年行っていますが、薬の種類や名前も年々変化し、私達スタッフも患者さんと一緒に新たな学びをさせていただいています。

参加者のアンケートを一部ご紹介します。

「手のこわばりがあり心配していましたが主治医の先生に相談すればよいと分かり、助かりました。」

「大切なお薬をきちんと飲もうと思っています。」

「薬剤師さんと話をして、自分がどんなことになったか原因がわかりました。」

今後も心理教育公開講座を通して、皆さんの治療・リハビリテーションに必要な知識・情報の提供につめていきたいと思います。

(統合失調症、うつ病の心理教育プログラムも行っています。詳しくは作業療法科スタッフまでおたずね下さい。)

10月は2回の公開講座を予定しています。皆さんのご参加をお待ちしています。

OTR.S

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です