お寺の和尚さん

8月の心理教育公開講座は、今年初めての試みで、「自分を見つめる時間」と題して、あるお寺の住職にお話しをしていただきました。

多くの参加者のみなさんも、静けさのあるありがたい雰囲気の中で、しっかりと住職さんのお話に興味を持って耳を傾けていました。また、実際に警策棒を持って会場を周り、自ら望まれて警策を受けられる方もたくさんおられ、手を合わせて感謝されている姿も見られました。

最後には、四つの言葉(1.生まれたことに感謝。2.今まで生きてこられたことに感謝。3.今日の出会いに感謝。4.これからの自分に感謝。)を送られ、感激して涙を流しておられる方もいらっしゃいました。

「お寺に行くことが好きだったので、久しぶりのお話に感謝しております」「今を大切に生きていこうと思った」などの感想をいただきました。

たまには、このようなありがたいお話に触れる機会も大事だな~と思いました。

by kino

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です