夏季総合防火訓練終了!

梅雨空のすき間をねらった晴れの日に毎年行っている防火訓練を実施しました。

西川病院では、年2回の総合防火訓練を実施しています。

今年も夜間病棟での火災発生を想定し、避難誘導や初期消火活動、通報が適切で迅速に対応できることを目的に訓練を行いました。初期消火活動では消火器を使用した模擬消火や消火用散水栓を利用して実際に放水も行い、行方不明者は、はしご車を使用して救出する訓練も同時に行いました。

火元病棟の2名がリーダー・サブリーダーとなり、的確な指示が出来、応援者の声かけもうまく出来た「静かな訓練」だったと評価反省のコメントが今回の訓練を表していました。

はしご車での救出訓練は2回目ながらもはしご車が来て下に無事降りるまでは、長く感じました。実際の火事で火が目の前にせまっている時も冷静にその現場に居合わせることができるだろうかと感じた一面でもありました。

このような訓練を積み重ねることで火災以外の災害にもこの経験が活かされればと思います。

次回の秋季総合防火訓練は、起震車による地震体験を予定しています。

HP委員 Y美

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です