デイケア‟来夢”12月活動報告

デイケア“来夢”では春から物作りグループとして“来夢製作所”を立ち上げ、木工や園芸など様々なモノづくりを行ってきました。12月後半の活動としてミニチュア門松作成、デイケア棟の門松作成を行いました。

初めて作る方が多い中、女性は画用紙を利用して手作り扇子や正月飾り作り、男性メンバーは竹切りやオイル缶のこも巻きなど、分担することでアッという間に完成する事が出来ました。自分の作った作品を写真に撮る方、お互いの作品を見せ合う方、「かわいいねぇー」「これなら家でもできそう」と反応はそれぞれ。

物作りという作業の中には道具の使用は当然として、話し合う(相談する)事、協力する事、完成する喜びを得る事、物品の管理と必要となる技能は山ほどあります。そうした経験を積み重ねることで、社会生活に必要な基礎的な能力を回復し、生活の質を高めることができればと思います。

 

最後に、今年も残す所あとわずかとなりましたが、来年もよろしくお願い致します。

 

大きな熊さん より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です