訪問先で料理を学び感じたこと。

先日訪問先のT氏が「美味しいシメサバ作って家族を喜ばせてあげてみんかね?」と声を掛けて下さいました。

T氏は以前、割烹料理亭で働いた経験もある料理人です。

訪問時、そのT氏からシメサバの作り方を教えて頂く機会がありました。

サバの捌き方、塩の使い方、酢の使い方、しめ方など事細かく説明をして下さいました。

私の中で、シメサバは難しい料理の一つだと思っていましたが、T氏の声掛で作る機会が与えられました。

実際に自宅で挑戦してみた所、とても好評で普段主人と母は、魚のしめ加減に厳しいのですが、一言〝美味しい〟と食べてくれました。

初めてにしては高評価でした☻

T氏のおかげで私の料理のレパートリーが増え、得意料理の一つとなりました。

T氏が料理について話して下さるときは、とても生き生きしています。

またT氏は「誰かのためになることや、他者に喜びを与えられることに幸せを感じる」としみじみ話されたことがありました。

私は今回料理を学びましたが、それ以外に今回の料理を通して他者ともっと繋がってゆきたいと思われるT氏の思いを強く感じました。

このような思いを持つT氏の為に私たちにできることは何かを考え日々の支援に繋げていきたいと思いました。

By  Y

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です