6月心理教育公開講座

6月26日開催の心理教育公開講座では、『WRAP(ラップ)―元気回復行動プランについて―』というテーマで作業療法科の渡邊OTRよりお話をいただきました。

WRAPは元気になるため、元気を維持するために生活の中で出来ることをプランとしてまとめたもので、「自分の取り扱い説明書」とも言われています。WRAPでは自分の元気の為にやっていることを「元気に役立つ道具箱」と呼んでいます。今回の講座では、その道具箱の中身として「太陽にあたる」「カラオケ」「ラジオ体操」といったものが会場の方より挙げられました。

現在OTプログラムでは、入院・外来の方を対象にWRAPのクラスを設けています。興味のある方はぜひOTスタッフにお尋ねください!

7月の公開講座は社会資源についての講演を予定しています。皆さんのご参加お待ちしています。

 

OTR.M

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です