第20回院内感染対策研修会

今年も先月、感染流行時期に備えて院内感染研修会が開催され、5回の予備研修会も先日終了しました。今回の研修会のポイントは【実践を想定して】。
%e6%84%9f%e6%9f%93「流行する前にやっておくことは?」
「嘔吐物処理について練習しているけど、本当はどこまでできているの?」など
ICT委員会でいつも話題になっていることを研修会で取り上げてみました。
%e6%84%9f%e6%9f%93%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9a2「感染関係のツール」の確認や嘔吐物処理について、リンクナースによるデモンストレーション後、小グループに分かれて、嘔吐物処理について実際に体験してもらいました。
予備研修に参加した人には、嘔吐物処理の流れ(個人防護具の着脱や嘔吐物処理の仕方)について、カードを用いて正しい順番に並べ替えをしてもらいました。%e6%84%9f%e6%9f%93%e4%ba%88%e5%82%99%e7%a0%94%e4%bf%ae
この実践訓練が、実際の時にうまくできるかどうかが感染を食い止める一歩です。この機会に自分たちの部署の場合について再確認してみましょう。     院内感染対策委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です