Monthly Archives: 9月 2019

オリジナル高栄養食品開発?!

患者様の中には、必要な栄養を食事から十分に摂れず、体重の減少、栄養状態の低下をきたすことがあります。栄養の改善には、栄養補給量の増加が必要ですが、食事量を増加させることは困難です。その場合、少量で高栄養な補助食品を利用し補うことがあります。

当院では、患者様の嚥下機能に合わせて飲料タイプ、ゼリータイプを選択し、エネルギー量や栄養成分を考えて活用していますが、それでも補助食品の量が多く食べれなかったり、補助食品に飽きたりと、食べきれず余ることがあります。

以前から、ひと口で食べれて、くちどけも良く、チョコレートや飴タイプの高栄養なおやつがあれば良いなぁと思っていました。

そこで、実際にオリジナル高栄養チョコを作ってみました。

この4かけで約20g、100kcal、蛋白質4.5g


 

 

 

 

 

 

実際に食事拒否の患者様にも食べてもらい「うん、まぁ美味しい」との声が。まだまだ改良の余地もありますが、こんなことも出来たら良いなぁと思う今日この頃です。

栄養管理科

日本作業療法学会に参加しました!

9月6日(金)~8日(日)に福岡国際会議場・福岡サンパレスホテルで行われた第53回日本作業療法学会に参加させて頂きました。台風の直撃はありませんでしたが、余波の影響か真夏を思わせるような暑さで驚きました。

精神障害分野においては、認知機能へのアプローチが主流になりつつあり、ポスター・口述共に多くの発表が見られました。当院作業療法科でもNEAR(認知矯正療法)の導入を準備中ですが、既に取り組まれている諸先輩方に直接お話を聞く機会となり、大変勉強になりました。

「作業療法研究のターニングポイント」というメインテーマでの開催でしたが、精神科作業療法領域においてもエビデンスを深めていくために、日々の取り組みを臨床研究につなげたり、先輩方の職人技をデータとして次の世代に伝授いただくべく、取り組んでいきたいなと思いました。

福岡名物の明太子やもつ鍋も頂き英気を養い、やる気をみなぎらせています!

がんばるぞー!

お寿司バイキング~PartⅢ~

96日昼食、78病棟と認知症デイケア「ゆうゆう」にて、今年度最後の給食イベントを開催しました!回を重ねるごとに調理師の技術も向上し、ソフト食のお寿司も、より一層お寿司らしくなりました。「おいしい、おいしい」と言って喜んで食べてくださる姿を見て私たちもうれしかったです。今日のイベントに合わせ、会場のセッティングや飾りつけなど準備を手伝ってくださった病棟スタッフのおかげで、楽しい雰囲気の中で開催する事ができました。

今年度はこれで終了となりますが、また来年も喜んでもらえるメニューを考えていますので、楽しみにしていてくださいね~☆

栄養管理科

作業療法フェスタ2019 inゆめタウン浜田にて 作品が展示されました!

8月31日(土)にゆめタウン浜田にて、作業療法フェスタ2019が開催されました。

作業療法フェスタとは、作業療法(士)に関して広く知って頂くための普及啓発イベントです。例年はゆめタウン出雲のみでの開催ですが、今年は浜田でも開催され、内容は作業療法についてのポスター、患者様・利用者様が作業療法の一環で作られた作品の展示、福祉用具展示でした。

作品展示には西川病院の患者様・精神科デイケア来夢・認知症デイケアゆうゆうからも多数出品し、多くの来場者に観て頂くことが出来ました。素晴らしい作品に釣られて来場者数はなんと330人!西部でこれだけの人が集まる事はなかなかありません。1日会場でスタッフとして過ごしましたが、大きく飾られた神楽の貼り絵や繊細に描かれた絵、努力の結集したロールピクチャー、時間をかけて作った手芸作品など、足を止めてゆっくり観ておられる方が多く、皆さん「すごいねー」と感嘆した様子でした。

作品を出品された方達も観に来られ、キラキラした表情で作品を観て回っていました。こうした催しが、患者様・利用者様の社会参加のきっかけとなっていけば良いなと思いました。

☝人気投票第1位に輝きました!

 

by りん