Monthly Archives: 9月 2017

時を超えて

実家で両親と暮らしていた訪問利用者のMさん。この度お姉さんの支援もあり、実家を出て十年以上離ればなれだった息子さんと親子水入らずの生活をスタートされました。

訪問時、ふと冷蔵庫の上をみるとミルク缶と哺乳瓶が準備されていました。本人に理由を聞くと「息子さんが幼い頃、十分なミルクを飲ませてやれなかった為、今しっかり飲ませてやりたいのですよ。」と話され自責の念からの行動であることを感じる事ができました。

20代に成長した息子さんは、Mさんの中では発症前の赤ちゃんの年齢で止まっており、もう一度その時間をとり戻そうとしておられるのだと思いました。そして私はそんなMさんの息子さんへの思いをとても愛おしく感じました。

息子さんが一緒に哺乳瓶とミルク缶を買いに行ってくださった事にも感動しました。

今は息子さんに美味しい料理を食べてもらいたいと調子がいい時は料理を作られる様になり、息子さんを中心とした生活を送られています。

訪問時のMさんの笑顔からは幸せを感じる事ができ、息子さんとの生活を生きがいにされているのだと思いました。これからもMさんが息子さんと幸せな生活が送れるように支援させてもらいたいと思います。byBOA75

 

 

 

 

 

 

 

 

心理教育公開講座を行いました

先日、心理教育公開講座を行いました。今回は、延川真知子管理栄養士に「摂食・嚥下障害って?!~加齢に伴う変化を知り予防しよう~」というテーマで講演していただきました。

病院給食についてのお話もあり、皆さん興味津々に聴いておられました。栄養管理課では、「①栄養バランスの良い献立②適時適温給食③行事食④リクエストメニュー⑤給食イベント」を大切にしているそうで、日々工夫を凝らした美味しいメニューを考えてくださっています。

ちなみに、好きなメニューランキングは1位カレーライス、2位ラーメン・ぜんざい、3位ステーキ・おでんでした!

嚥下障害の予防として、食べるときの姿勢に気をつけること・嚥下体操・口腔ケアをすることなどが紹介され、講座の最後には実際に会場の皆さんと一緒に嚥下体操を行いました。

元気なうちから自分にできることをやって、いつまでもおいしく食事が食べられるといいですね。

OTR.W

ゆうゆうだより 9月号

朝晩は、寒くさえ感じる季節になりましたね。                              ゆうゆうの利用者のみなさんは、風邪をひかれることもなく、お元気でお過ごしです。

わたくし、ゆうゆうで皆さんを見守り続けるベンジャミンの木でございます。                2度目の登場でございます。先日、十数年で初めて、たくさんの実をつけてみました。            長年勤めるスタッフも、「見たことない!!」と大騒ぎになりました。「枯れる予兆だ」などと皆さんを悲しませ・・・。しかし、❕❕現在、無数の新芽をどんどん生産中でございます。ゆうゆうの環境が一定に保たれているので、年に何回でも新芽を生産しますよ。

さて、利用者の皆さんの近況は。                                    毎月作成の壁画が、ついに、2Dでは飽き足らず、この9月の壁画はなんと❕❕3D作品になりました。すごいですねえ。80歳、90歳になっても、アイデアがあふれてあふれて。「バランスが違うぞ」などと、最後まで作品を愛して作っておられます。わたくし、年齢不詳のベンジャミンも、見習わなくてはいけません❕❕夏の疲れが~・・・などと弱音を吐かず、皆さんに負けないベンジャミンになりますよ。      by:ベンジャミン

 

モビール調の立体壁画になっています。                  解りますか??

平成29年度  納涼祭

 

 

 

 

夏恒例の「納涼祭」が8月18日(金曜日)開催されました。天候にも恵まれ、カラオケ大会・盆踊り・花火大会と盛り上がり楽しい時を過ごすことができました。

上記ポスターは今年度のベスト3です!

看護部 HP委員

 

訪問先で料理を学び感じたこと。

先日訪問先のT氏が「美味しいシメサバ作って家族を喜ばせてあげてみんかね?」と声を掛けて下さいました。

T氏は以前、割烹料理亭で働いた経験もある料理人です。

訪問時、そのT氏からシメサバの作り方を教えて頂く機会がありました。

サバの捌き方、塩の使い方、酢の使い方、しめ方など事細かく説明をして下さいました。

私の中で、シメサバは難しい料理の一つだと思っていましたが、T氏の声掛で作る機会が与えられました。

実際に自宅で挑戦してみた所、とても好評で普段主人と母は、魚のしめ加減に厳しいのですが、一言〝美味しい〟と食べてくれました。

初めてにしては高評価でした☻

T氏のおかげで私の料理のレパートリーが増え、得意料理の一つとなりました。

T氏が料理について話して下さるときは、とても生き生きしています。

またT氏は「誰かのためになることや、他者に喜びを与えられることに幸せを感じる」としみじみ話されたことがありました。

私は今回料理を学びましたが、それ以外に今回の料理を通して他者ともっと繋がってゆきたいと思われるT氏の思いを強く感じました。

このような思いを持つT氏の為に私たちにできることは何かを考え日々の支援に繋げていきたいと思いました。

By  Y