Monthly Archives: 12月 2016

今年の思い出②

DMAT,DPAT訓練に合わせて、当院独自での「非常食訓練」も行った。

%e9%9d%9e%e5%b8%b8%e9%a3%9f%e8%a8%93%e7%b7%b42dscn1731まずは、ガスも使えない状況との設定もあり、薪で火をおこす所から始まった。

もちろん、後はガスも使っての作業であったが二年前も非常食訓練が行われており

今回も手順良く、栄養管理課、看護課、事務系スタッフと全部署の協力で「普通食」「粥食」「ペースト食」など必要な食種の食事が時間に間に合うように用意され、病棟に配膳された。%e9%9d%9e%e5%b8%b8%e9%a3%9f%e8%a8%93%e7%b7%b44cimg3147

%e9%9d%9e%e5%b8%b8%e9%a3%9f%e8%a8%93%e7%b7%b43cimg3137訓練後のアンケートでは、改善点や今後に備える点など細かく情報を収集されていた。

それにしても、西川病院のスタッフにとって

「タフな一日」だった~~

 

外部からの災害派遣チームのスタッフと一緒に、院内では災害救助訓練が行われ、中庭ではテントの中で非常食調理訓練が行われと~通常の診療、看護業務を行いながら、病院を挙げての「災害時訓練」をこなしたスタッフのエネルギーは素晴らしかった~

良いお年をお迎えください。来年も、頑張りましょう!!        診療部 M

 

今年の思い出①

2016年もあと何時間かで終わりになり、ブログに書き落としていた事を思い出しています。
11月に当院を舞台にして行われた「DPAT,DMATの合同訓練」と、それと同日に当院独自で行った「非常食訓練」がなんといっても最大のイベントだったな~と。
DPAT駆けつける
11月中旬の土曜日、中国地区のDMAT(災害派遣医療チーム)訓練が浜田医療センターを拠点に行われる事になり、島根県のDPAT(災害派遣精神医療チーム)の訓練も同時に行おうとの事で、当院に「模擬被災施設」としての協力を要請された。当院のスタッフも救助要員と模擬患者に分かれて参加し訓練の真っただ中に置かれた一日。トリアージDMAT,DPATのスタッフの動きを間近に見ながら「この状況では、自分達ならどう動くか」「電源が落ちて電子カルテが使えない時、他の施設へ避難させる患者さんの情報をどうやって作成するか」などなど普段から何を用意しておくべきかを具体的に考える良い機会を貰いました。(続く)
DMAT
診療部 M

デイケア来夢:初めてのミニ運動会

 年の瀬ですが、11月のイベント報告です。
 来夢委員の企画による“ミニ運動会”が11月22日に開催されました。1ヶ月前から、委員に数名のメンバーが立候補され種目や内容を何度も話し合いました。
今回の来夢委員は全員女性!話し合いは毎回とてもにぎやかで、話は尽きず話し合いの時点で声が嗄れたとか・・・。
 運動会は紅白対抗戦で、風船割りリレー、玉入れ、ボール送り、そして目玉のパン食い競争を行いました。皆さん一生懸命で、チームで協力しながら熱い戦いが繰り広げられました。
参加されたメンバーだけでなく、見学のメンバーも大きな声で応援され熱くなりすぎることもありましたが、事故なく無事終わりました。
ハッスル賞・頑張ったで賞・、疲れきったで賞と個人賞もあり、今回は接戦の末、赤組の優勝でしたが、「またやりたい!」との声も多く皆で楽しみ盛り上がりました。来夢委員も終わった達成感で興奮冷めやらずでした。
 いつものプログラムでは見ることのできない表情や協調性がみられ、また楽しいことは自然と体が動くのだなあと、もっとメンバーさんの主体性や能力を引き出せるようスタッフ一同頑張っていきたいと思います。
th32ic1bah
スタッフK

ゆうゆうだより12月号

今年も残すところ1か月を切りました。
街では、あちこちのイルミネーションが夜を彩っています。

ゆうゆうでも、壁画で、メンバーさんが作られたクリスマスツリーが室内を彩っています。

12%e6%9c%88-5      12%e6%9c%88-4

 

ゆうゆうのプログラムでは、メンバーさん個々の得意な面を活かして、いろいろな活動をしています。先日はおやつの時間に合わせて4名の方とホットケーキミックスでどら焼きを作りました。ホットプレートで焼く人、餡を丸める人、皆さん手際よく作業をされていました。「わー、入れすぎて大きくなった」「飛び散った!!」と、とても賑やかで、ワイワイ言いながら楽しい時間になりました。

12%e6%9c%88-2     12%e6%9c%88

日頃、家事から遠ざかった方でも、やはり慣れた手つきで、あっという間にできあがりました。
ゆうゆうで、こういう時間を持っていただくのもいいことだな、と思いました。
来年も幸福な年でありますように・・・。
by らいりん

第20回院内感染対策研修会

今年も先月、感染流行時期に備えて院内感染研修会が開催され、5回の予備研修会も先日終了しました。今回の研修会のポイントは【実践を想定して】。
%e6%84%9f%e6%9f%93「流行する前にやっておくことは?」
「嘔吐物処理について練習しているけど、本当はどこまでできているの?」など
ICT委員会でいつも話題になっていることを研修会で取り上げてみました。
%e6%84%9f%e6%9f%93%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9a2「感染関係のツール」の確認や嘔吐物処理について、リンクナースによるデモンストレーション後、小グループに分かれて、嘔吐物処理について実際に体験してもらいました。
予備研修に参加した人には、嘔吐物処理の流れ(個人防護具の着脱や嘔吐物処理の仕方)について、カードを用いて正しい順番に並べ替えをしてもらいました。%e6%84%9f%e6%9f%93%e4%ba%88%e5%82%99%e7%a0%94%e4%bf%ae
この実践訓練が、実際の時にうまくできるかどうかが感染を食い止める一歩です。この機会に自分たちの部署の場合について再確認してみましょう。     院内感染対策委員会

バス旅行

紅葉が見ごろになるこの季節に、毎年恒例となっているバス旅行が11月18日にありました。今回は、R186の下道を通り、島根を出て広島お湯来温泉へお出かけ。道中、色鮮やかな紅葉を見ながら車内でも大盛り上がり。高速道路の開通に伴い、今ではあまり使われなくなった、道路の思い出話をされるメンバーもおられました。途中、2回の休憩をはさみながら、いざ湯来温泉へ!到着時間はお昼の12:00…当初の予定より30分も遅れているではありませんか。さらに小雨まで降ってきたりと、予想外の出来事が続きましたが、温泉や食事、買い物などして楽しむことができました。さて次回のバス旅行はどこになるでしょうか?今から楽しみです。 来夢Simg_3380img_3375

ヴィレッジ便り

ヴィレッジ便り

遅れましたが、11月開催の恒例の「ヴィレッジ写真展」の報告です。
%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%b1%95%e3%80%80img_5255
今年は何と37人の方々の作品が集まり、205点の写真を展示しました。
写真展も第七回目となり、会を重ねる毎に出展者が増え、準備に当たるヴィレッジのスタッフ方にはかなりのご苦労をおかけする事になりますが、清和会スタッフのみならず、関連機関や知人の知人~~など沢山の方々が「私のベストショット」を披露する場として利用していただき、それを鑑賞する人を感動させる素晴らしい写真展になっています。感想文をノートに寄せて貰っていますが一文を紹介いたします。「写真といえども、その人の心のありようを写していてとても素敵でした。スタッフの皆さんの努力と技術で一つ一つの写真に込められた、その人の心を最大限に見せる場を作って頂き有難うございました。」
ヴィレッジでは「地域交流事業」として年間を通じて「落語」「コンサート」「写真展」など色々な企画をしています。
来年も楽しいイベントを考えていきたいと思っていますので、あなたの参加をお待ちしています。  企画人:M