Monthly Archives: 7月 2016

畑のスイカ

IMG_5459

訪問利用者さんが畑を案内してくれました。

「今一番楽しみにしているのがスイカなんだ」と言うので探してみると、ミニトマトのような小さなスイカがいくつかありました。

スイカ達は愛情をもって育てられ、次の訪問時には畑で存在感ある姿で迎えてくれることでしょう。

地域にとけ込んでいるこの利用者さんのようにたくましく育って欲しいなと思いました。 70

 

 

祝 優勝!!

平成28年7月9日(土)~7月10日(日)に大田市民球場を主会場に行われた、『第43回島根県病院対抗親睦野球大会』に今年も参加しました。県内の14チームの病院が参加し、炎天下の中、熱戦が繰り広げられました。我が西川病院野球部も職員17名の精鋭が集結し、昨年の初戦敗退の雪辱と2年ぶりの優勝旗奪還を目指して挑みました。試合は、初戦から打線が爆発し2試合連続のコールド勝ち。準決勝は前日の疲れを感じさせないエースの力投と気合のジャンケンで勝利を呼び込み、両チームとも満身創痍の決勝も緊迫した接戦を制し、2年ぶりの優勝を達成することができました。以下は戦績です。

◆1回戦  : 対 こなんホスピタル  18対0

◆2回戦  : 対 石東病院       9対0

◆準決勝: 対 県立中央病院    2対2 (ジャンケン勝利)

◆決 勝 : 対 松江赤十字病院   4対3

病院対抗

 

 

 

 

By  kyuu

7月 ゆうゆう便り

 4月より重度認知症デイケア「ゆうゆう」へ異動になりました、作業療法士のベリーと申します。以前は訪問看護「こころ」を経て病棟勤務ののち参りました。
 「ゆうゆう」では毎月、カレンダーに合わせて壁画を作成します。ぬり絵、ちぎり絵、絵手紙、ハサミ作業、習字、紙ちぎりなどが得意な人が、やりたい部分を担当し季節の壁画が仕上がります。掲載写真は、昔からカメラが趣味のSさんの撮影です。誕生日者の記念撮影にも協力いただいています。
 いくつになっても、やりたいことを続けられる身体と気持ちを支える「ゆうゆう」でありたい。一日のわずかな時間でも笑顔ですごせる時間を作りたい。「ゆうゆう」に来て良かったと感じて、思ってもらえるように、スタッフはメンバーさんの強み・良いとこ探しを行い、関わりのきっかけを造り、その人に合わせた個別プログラムを検討しています。忘れてしまうかもしれません、でも、その積み重ねが「楽しかった」、「誰かの役に立った」、「一緒に活動した」などその時、その瞬間を大切にかかわります。
 「ゆうゆう便り」毎月更新しますので、今後はお楽しみに~
                              ゆうゆう ベリー
IMG_0029

☆ヴィレッジ七夕コンサート☆

7月7日に「ヴィレッジせいわ七夕コンサート」が開催されました。開演18時15分、会場となったヴィレッジ2号館の地域交流室は観客の方々で満員となりました。
清和会の職員や地域の方々も含め10組の演奏者が参加され、作業療法士2名の息の合ったピアノ連弾から始まったコンサートは、どれもなじみ深く心安らぐ曲目で観客を魅了しました。

看護部主任会メンバーの演奏では、途中ピアノ伴奏と合唱が合わなくなるハプニングがあり、観客の笑いが起き、会場が一気に和やかな雰囲気になりました。プログラム最後はCMでもおなじみ「海の声」の美しいピアノ演奏で七夕の夜を締めくくりました。地域の方々と音楽を通してかかわりを持つことができ、素敵な七夕になりました。

ホームページ委員 K

心に届いた ♬こころの日音楽会♬

7月7日(七夕の日) 第17回こころの日音楽会が開催されました。
約180名の参加があり、音楽を通して会場が一体となり素敵な時を共有することができました。
DSCN0056スターティングは西川先生と美女による演奏と合唱。バイオリンとピアノの素敵な音色と歌声が会場に響きわたっていました。
作業療法士によるピアノ演奏はうっとりと心に響きいつの間にか涙が流れていました。DSCN0057-1
今年初参加の精デイのメンバーによるザ・来夢シンガーズや7病棟のひばり合唱団の合唱はたくさんの笑顔と元気をいただきました。
今年の看護部は主任会がリコーダーと合唱を披露。どこか初々しさも感じられチームワークもバッチリでした。DSCN0062
    こころが癒された素敵なひと時を過ごしました。
翌日参加された方から「昨日は音楽会ありがとうございました。西川病院でお世話になって30年になります。音楽会に参加して自分は大切にされているんだなあと感じ、先生やみなさんに感謝の思いでいっぱいになり涙がでました」と素敵な言葉をいただきました。
こころの日音楽会がみなさんのこころに届いていることを感じうれしく思いました♡♡♡ホームページ委員リップDSCN0068

~社会体験見学(アクアス見学)~

 病棟の一環行事でもある社会体験見学!
今回は・・・アクアス見学に患者様6名、スタッフ4名で行ってきました。

この社会体験見学は、普段バスに乗って外出する機会が少ないため病棟外へ出ることで気分転換、楽しみ活動、また公共の場での正しい過ごし方などの提供を図りたいと考え企画させていただきました。

 アクアス見学中患者様皆、シロイルカの新しい『ミラクルリング』という技に興奮したようでスタッフも一緒に興奮しながら、シロイルカショーを楽しみました。
 また昼食では、“食券を買う”という普段経験しないことに挑みました。
分からずにあたふたするもきちんと注文する流れを聞きながら上手く食券を買い、美味しく昼食をいただくことが出来ました。食べたあと自分で食べた食器を返却口まで返すという経験もし、満足そうな様子も見られました。

 帰宅時のバスでは「シロイルカのリングが凄かった」という感想や、「カレーが美味しかった」と、昼食をなににしようかずっと悩んで決めたカレーをようやく食べられた嬉しさを感想で述べられていました。

OTR Y

DSCF2316DSCF2336

料理作り

先月より、訪問先で利用者さんと一緒に料理をすることになりました。

以前、リカバリープランを一緒に考える時に「おいしい料理を作りたい」という想いを話されました。

その想いが叶えられるよう、本人と話し合い、訪問時に料理に取り組んでいくことになりました。

現在は一緒に料理をしていますが、将来は利用者さんが、自分や誰かのために自信を持って料理ができるような関わりができたらと考えています。

1回目は、ご本人の誕生日ということもありケーキ作りを実施、第2回目は、焼き飯、キャベツスープ、かぼちゃのツナ和えを作りました。

本人が作った料理を家族に食べてもらい、「美味しいと言われたことが良かった」と満足そうに話されていました。

訪問時、このような言葉や笑顔が見られることが私たちの励みになり、ACTをやっていて良かったとつくづく感じます。

 ryouri_e1 

by  ミル

 

心理教育公開講座

先日、心理教育公開講座を行いました。
今回は、西川病院副院長の松本貴久先生より『クイズで学習!こころの健康~精神医学の歴史&有名人編~』というテーマでお話をしていただきました。

H28公開講座ポスター 松本Dr(6月29日)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以下実際に出たクイズです
【問1】「ヒポクラテス集成」において精神疾患の原因はどこにあると記述されていたでしょうか?
A) 神のたたり
B) 脳と結びつた自然の病い
C) 雷の力
【問2】こころの病気について、正しいものはどれ?
A) こころの病気になると、働くことは禁じられる。
B) 退院するということは、病気が治ったということである。
C) 治療薬を飲み続けても社会復帰はできる。

会場の皆さんと共に、クイズに答えながら精神医学について分かりやすく学ぶことができました。
参加者の方も約80名で、質問や意見なども多く飛び交う熱い講演会となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月の公開講座は7/11(月)・28(木)の2講座を予定しています。
皆さんふるってご参加ください!

~クイズの解答~
【問1の答え】B) 脳と結びつた自然の病い
【問2答え】C) 治療薬を飲み続けても社会復帰はできる。

OTR.M

☆願い事が叶いますように~☆

明日は七夕です。
外来の玄関にも笹飾りが置かれ、願い事が書かれた短冊がつるされています。
みなさんはどんな願い事をされましたか?DSCN0044
幼いころ「字が上手になりますように・・・」「足が速くなりますように・・・」など書いた短冊や飾りをつりさげた笹竹を軒先にに飾って真剣にお願いしていましたね。
懐かしく思い出しました。
今年は「平和で穏やかな日々が続きますように・・・」と記しました。
おりひめとひこぼしの一年ぶりの出逢いも気になります。tanabata

今年の七夕は晴れて、みんなの願いが届くといいですね                      ☆☆☆ホームページ委員リップ

第19回院内感染対策研修会

院内感染対策を目的に年2回全職員を対象に研修会を実施しています。
今年もその季節がやって来ました。今年は、下記の内容で実施しました。
*******************************
1)2015-2016シーズンを振り返って‐インフルエンザ・ノロウイルス‐
2)精神科感染制御セミナー報告会
3)クイズで学ぼう感染対策Q&A
*******************************
kansen今年は、インフルエンザワクチン接種についてのアンケート調査を行い、ワクチン接種率や副反応、効果についてまとめました。
また、当院では、4年前から【精神科感染制御セミナー】にICTメンバーを中心に参加しています。全国の精神科病院の抱える感染に対する対策や悩みなど、精神科ならではの問題やその取り組みについて学び、院内の感染対策に実践しています。フェーズを利用した感染対策は年々職員の中にも定着し、感染に対する文化も根付いて来ています。kansen2
最後は、リンクナースによる感染対策のQ&Aをクイズ形式で学びました。担当となったリンクナースが、「私もリンクナースになって、感染について色々勉強を始めました。皆さんも一緒に勉強していきましょう。」と職員の意識を高め研修会は終わりました。