Monthly Archives: 9月 2015

作業療法普及啓発事業に参加して

9月19日(土)に松江イングリッシュガーデンにおいて作業療法普及啓発事業が行われ、オープニングイベントとして、NPOちゃんくす代表作業療法士  西上忠臣氏の『地域を活かす作業療法』という講座に参加してきました。広島の三原市で作業療法士として市の職員と地域の皆さんとで作業を媒介とした町おこしをしておられ、また大学にも属しながら活躍しておられるスーパー作業療法士でした。現在は、ちゃんくすを開業し、発達しょうがいの方に自分に合った作業(仕事)を探し出すお手伝いをされています。テレビにも出られてすばらしい活躍をしていらっしゃいました。お話も作業療法を地域と人を結びつけるために何をしなければいけないのか、何をしたら発達しょうがいの方が輝いて生きていけるのか沢山のお話をされました。私自身も作業療法についての考え方、見方が変わりました。医療現場において活かせるところはしっかり活かしていきたいです。

作業体験ではパステルアートを模擬体験でき、子供から大人まで楽しんでいました。作品展示では西川病院からも陶芸作品や絵画など展示させていただきました。一般の方たちも参加され、作品を見て感動していました。しょうがいを持っても楽しいことも悲しいことも思うことは何一つ皆さんと変わらないよ、同じなんだよ、という気持ちが作品から伝わったようで、夫婦の方や子供さんをつれたお母さん方の心に響いたようです。少しでも多くの皆様に作業療法士とは何をする人なのか、分かっていただければ嬉しく思います。

作品展示作品展示2

K

絵画展

IMG_0787

先日、広島市中区八丁堀にあるギャラリーGで藪野圭一さんの絵画展があり、家族で出かけました。

その方は、以前から風景画や花等を中心にした作品を手がけています。

今回は特殊な絵画展で、ベニヤ板の上に薄いアルミを立てて接着し、そこへ和紙で覆い色を付けた作品でした。地球をモチーフに現在の平和という観点から災害による原発事故など色々な意味を物語っている作品でした。

何時もの藪野圭一さん作品とは一味違った作品を見ることができたのと、独特な絵画の世界に感銘を受けました。

by         ミル

「秋を探して」その二

7病棟の食堂は両面とも庭に面して日当たりが良く、窓の面積も大きいので恰好のキャンパスです。皆さんもアーケード下通る時に、ちょっと上を見上げて見てください。季節を感じさせるテーマに合わせた、大胆な図柄が素晴らしいですよ。

今月は田舎の秋。お爺さんとお婆さんが縁側に座って、「今年も、柿が豊作ですね~~」と。そばでは猫が日向ぼっこ。猫の表情もほのぼの~~と。ところで、おじいさんとおばあさんの表情を見たいと、外に出て、中庭から窓を見上げて見ましたが???何とびっくり!!

クイズ「二人はどんな表情をしていたでしょうか?」~~さすが、妖怪製作者!!

秋の風景1DSC05051

 

ところで「お月見団子」も色々ありまして~~「7病棟の壁絵」のはピンポン玉みたいに大きく、画面から飛び出しそうに立体的。秋の風景4DSC05054

 

片や、「3病棟」のフェルト細工の団子は、きめ細かく「羽二重もち」みたいで美味しそうでした。秋の風景5DSC05058

製作者の皆さん、ご苦労さま! 診療部:丸子

 

 

「秋を探して」その一

季節は早や「白露」(草の露白し)、朝夕がめっきり冷え込む時期となりました。
病院内でも、あちこちに工夫を凝らした「秋のしつらえ」が見られます。
「ゆうゆう」では中秋の名月、コスモス。小さい色とりどりの花びらを丁寧に貼り付けて風に揺れるコスモスを表現しています。そういえば、庭では鈴虫、まつ虫の鳴き声も~~

秋の風景7DSC05043秋の風景6DSC05040

 

 

 

 

 

 

 

 

同じコスモスでも、3病棟はちょと派手めのピンク色。

秋の風景3DSC05059

 

フェルト人形たちは!今月も精力的に製作がなされたようですね。金太郎さんが、栗拾いに出かけています。遠くにはかぐや姫も。中秋の名月、ススキ、柿の実、お月見団子~~秋がぎっしり詰まっていました。

秋の風景2DSC05055

この他、院内あちこちに秋の気配が沢山あります。

皆さんもちょっと足を止めて「秋探し」をどうぞ。  診療部:丸子

元気な島根県の高齢者

250674s今日の外来に一人暮らしの93才の患者さんが来られました。腰が痛いと言われるものの、杖もなく付き添いなしで笑顔で話をして帰られました。しばらくして95才の方が一人で来院されこの方も独居でした。「自分よりも年上で98才でもしっかりしている人がいますよ」とのことでした。

そういえば「人口10万人当たりの100歳以上の高齢者は島根県が3年連続トップ」とニュースがつい先日流れました。さすが島根県!。高齢者が元気です。

後悔より反省

大学を休学して、2年半が経った利用者さん。そろそろ復学に向けて、リハビリを頑張って、生活リズムも整えていこうと前向きな発言が聞かれました。大学を休学することになった時の自分の状況をきちんと振り返り、その自分も自分だと認めつつ、これからは前に向いて進んでいかなければならないことを語ってくれました。本人曰く

「あれも自分だけど、後悔していても仕方ない。反省をして前に進まないといけないと思う。」

と力強く話してくれました。8_1GOO

訪問が介入して1年半、以前とは全く成長していることを実感し、これなら大丈夫だ!と確信しました。本人の決意と成長を感じ、思わず涙しそうになりました。   by kino

ヴィレッジせいわ写真展開催しました!!

scan今年で6回目となる、「ヴィレッジせいわ写真展」を9月5日(土)6日(日)の2日間にわたり、ヴィレッジせいわ本館(地域交流室)において開催しました。 総勢34名の方々に151点の作品を出展していただきました。

初めて出展された方も多く、遠くは岩手県の方も出展して下さいました。 作品の一部をご紹介します。 どの作品も素晴らしい作品ばかりで観る方の心を引き付けていました。

scan-3scan-2また、今回は「山」「祭り」「花」などジャンルごとに展示し、「心に残った作品はどれ?」ということで、特に印象深かった作品を選んでいただくなどしました。新聞記事にも取り上げていただき、大盛況のうちに終えることができました。

得票数の多かった作品については、10月18日(日)に開催される「しおさい祭り」でも展示します。

今回の写真展を見逃された方!!「しおさい祭り」で素晴らしい作品に出合ってみてください。IMG_2814

 

継続は力なり

キックアップ訪問時一緒にトレーニングをしているYさん。エアロバイクを30分こぎ、その後、ショルダープレスをしています。200回から始めたショルダープレスが今では400回こなすことが出来るようになりました。

また家では、キックアップと言って、踵の上げ下ろしをしておられ、今は1200~1700回していると聞いてびっくりしました。

最初は足がつって回数も少なかったが、やっていくうちに、回数が増えてきたと話しておられ、感心しました。

物事を続けることは大変なことで、まさに「継続は力なり」だとYさんを通して教えられました。

しかし夜食が止めれず、体重は減らないと嘆いておられます。

食べ物が美味しい秋になり、食欲がこれからもっと増してくることでしょうが・・・。

by N

目標達成用紙

9月になりすっかり秋の気配を感じてきましたね。先日、プロ野球の日本ハムファイターズに所属する大谷翔平(投手と打者の二刀流で話題の選手)の高校時代の目標達成用紙を見て正直すごいと感じたので紹介します。彼は、『ドラフト1位で8球団から指名を受ける』との目標を掲げ、目標を達成するための手段を記入し、さらにそのために必要なことを記入し目標達成シートを完成させています。彼は、球速160㎞や投手と打者の二刀流に挑戦するなど、高い目標設定を行いその目標を確実に達成しています。彼は、目標達成をするためにまずは『思い描く』ことの重要性を語っています。思い描く(夢・目標の設定)ことの先にしか達成のチャンスはおとずれないと。

高い理想や夢・目標をもつことの意義を改めて痛感させられました。私たちはもちろん、利用者さんにも高い利用や夢・目標を抱いてもらうことの重要性を感じました。

By kyuu

 

新人リフレッシュ研修

8月28日 新人リフレッシュ研修を行いました。

簡単な自己紹介から始まり、ゲーム等をうまく活用した研修会でした。

参加者からは「同期でもなかなか会えないのでゆっくり話せてよかった」

「みんなのことがわかってうれしかった」

「悩みを共有できてよかった。元気が出た」

「緊張せず、リラックスして参加できる研修の環境を作ってもらえたので楽しく

参加できた」「もっと頑張ろうと思った」」等、うれしい言葉も聞かれたようです。

新人が輝いて仕事ができるようサポートしていきたいですね。  看:K子

 

s-707CIMG1175s-707CIMG1177