Monthly Archives: 4月 2014

今年のプレゼントは・・・

先日の訪問でイカ釣りに行った話をした後から、誕生日には焼きイカが食べたいとリクエストをしていたOさん。

毎食丁寧に料理をして食べているも「イカ焼きは最近食べてないな~あれは嬉しいな~」とあり、訪問者間でも市内の店を探していました。しかし、見つからず、春の浜っこ祭りで誰か買おうかなど相談していました。

そんなときアクアスへ行くとちょうどイカ焼きの屋台があり「これだ!!」と思い買って帰りました。翌日の訪問に届けると、「あ、イカ焼きもって来てくれたんだね。嬉しいな~ちょうど遅くなって昼ごはんなの」と言い昼食の1品になりました。一緒に食べようと思い2本持って行ったのですが、私にはまわってこず、「あ~美味しい、何十年ぶりだな~子どものとき以来かも。なかなか1匹の大きさはないもんね」とあっという間に食べられました。

イカ焼き誕生日をむかえ「100歳まで生きたいな~」と夢を語り、その後は幼少期の遊びや、家の裏が海だった頃の話など話題がつきませんでした。たいていケーキのリクエストが多い誕生日ですが、イカ焼きのかわったプレゼントに大喜びのOさんが見れた訪問となりました。By:ベリー

春を感じる庭

チューリップ先週末訪問したYさん、男性訪問スタッフが植えてくれたチューリップが咲いたから、見に行きましょうと誘ってくれました。

庭に案内してもらい、見ると、可愛らしいチューリップが咲いていました。その隣には豪華な牡丹が咲き、そのまた隣には、つつじが咲き始めていました。

植物の好きな両親が亡くなり、一人暮らしになってからも、庭の手入れを続けていることもあって、色々な花が咲いています。

どこかに出かけなくても、春を感じることの出来る庭があっていいなあと思いました。  by N

 

 

「人は作業をすることで元気になれる」

illust1718これは日本作業療法士協会のキャッチコピーです。

この言葉を見るたびに、実にシンプルで的を得た言葉だなぁと感じています。

作業療法ではリハビリテーションを行う際、その人が健康的な生活を送る上で、必要な作業に着目したり、作業自体を治療の媒介にしています。ただ、大切なのは、押し付けの作業活動ではなく、その人にとって「意味のある作業」であることです。

私自身、新年度になり新しい環境で新しい方との出会いも多く、今年度も改めて、一人ひとりの方の「意味のある作業」に寄り添って、健康的な人生を送っていただけるよう、お手伝いさせていただきたいと感じています。

ちなみに、私自身が健康的な生活を送るために必要な、主たる「意味ある作業」は…

①仕事→個人のアイデンティティ確立、社会参加、収入の確保

② 愛犬の散歩→肥満・身体機能低下防止としての運動プログラム

③音楽鑑賞・ドライブなど余暇活動→気分転換、ストレスの発散など

ですかね?皆さんの「意味ある作業」は何でしょうか?

t・o

草原。

43クローバー

 

43

べた凪

今日はまだ四月ですが五月晴れの気持ち良い一日でした。訪問途中いつも出迎えてくれる日本海はべた凪で、透明度が高く、まるで沖縄の海のよう素晴らしい景色でした。

最近、親が子供に一生懸命になり過ぎて、子供がこころを閉ざし、膠着状態に陥っているケースの相談が続いています。統合失調症の場合、家族の感情表出が高い(high EE)と、低い場合(low EE)より再発率が高くなると言われています。ほったらかしはいけませんが、困難からの脱却には、タイムリーで適当な頻度での介入が必要です。

困難の解決策は、診察室より訪問現場でみえてくることが多いようです。 by 70

IMG_2408IMG_2409

地域交流事業(年間計画)ポスター作成しました

26年度の地域交流事業の年間計画が一目でわかるポスターを作成しました。

5/29(木)交流事業案内

   柳亭左龍 落語会

6/21(土)・22(日) 

   ヴィレッジせいわ 写真展

7/3(木) 

   七夕ふれあいコンサート

いずれのイベントも入場無料です。

多数の方々のご来場をお待ちしています。

 

 

月末の私たち…

どこの部署でもあると思いますが、報告書報告書。                      月末になると、1か月の様子を振り返りながら作成するため、「こんなこともあったな~」と思うこともあれば、「穏やかに過ごされているな~」など利用者さんの生活を振り返る時間となると共に、提出日が迫る恐怖も一緒にやってきます。先輩方は何年も続けられ、感心する日々。中旬から月末にかけては、少ない空き時間を使ってお互いに助け合ってやりくりしています。

 

まだまだ訪問1年生、先輩方の後をしっかり追いかけて活きたいと思います。   by:ベリー

こんな日も・・・

昨日、携帯待機だった私は、深夜の1時半頃、利用者さんから「調子が高くなって爆発しそうで・・・」と電話があり、状況を確認するため直ぐに自宅に訪問。1時間ぐらい話しをした後、病院に同行受診して入院をすることになりました。結局自宅に帰ったのが、4時頃で、それから寝ようにも寝付けず、そのまま朝を迎えました。

午前中の訪問では、利用者さんの母親が家から追い出されていました。とりあえず玄関をノックし中に入れてもらおうとすると、興奮した利用者さんから「入らないで!!!」と突き飛ばされ、さらに不法侵入だと訴え警察に連絡され、近くの交番の署員さんが駆けつけられました。昨日は、雨だったので、家に入れてもらえない母親を心配し、署員の方と協力して説得し、どうにか母親は家の中に入れてもらえましたが、訪問が家に入ることには強く拒否をされました。

SN3T0124そんなことから午後の訪問でも、何か事件が起こるのではないか・・・と心配しながらの訪問でしたが、特に何事もなく無事終了しました。

なんとも、心が折れそうな1日でした・・・。  by kino

初めての病欠

熱ちょうど1週間前の月曜日、私はインフルエンザにかかって仕事を早退しました。喉の痛みから始まり、頭がズキズキし始めたと思った時には、熱が39℃近くまで上がっていました。

幸いにもすぐに受診して点滴をしてもらったおかげですぐに熱も下がり、軽く済みました。

訪問に来て3年、病気で仕事を休むことがなかったため、今回残念に思うと共に、

少ないスタッフで訪問しているため、迷惑をかけて申し訳ない気持ちになりました。

元気になったので、今週からまた訪問頑張っていきます。   by N

桜道。

42桜道

 

42