Monthly Archives: 11月 2013

第5回ACT全国研修会 in 浜松

tumblr_mwrq92giXF1sqp35bo1_40011月23〜24日にACT全国研修会 がありNACTから4人が参加してきました。

分科会では「ACTの理念と基本構造」を内田が、「アウトリーチ推進事業:アウトリーチ支援の今後」を藤川が講師として担当しました。今年からチームに加わったM看護師とI作業療法士は、初心者向けの分科会に参加し大いに勉強してきました。

NACTチームはこの大会に毎年参加し、新しいスタッフは周りの熱気にカルチャーショックをうけ、管理者はこれからのチームのあり方を考えるための勉強の場となっています。夜の懇親会の盛り上がりも半端なく昼も夜も楽しんできました。

目を爛々と輝かせ帰る人、これからを案じ悶々としながら帰る人、人それぞれいろんなものをおみやげに浜田に帰りました。 by 70

バス旅行

11月初旬、精神科デイケア「来夢」のバス旅行で、出雲大社に行ってきました。

快晴で気候もちょうど良く、旅行には最適の日となりました。今年は平成の大遷宮ということもあり、平日にも関わらず観光バスも数多く見受けられました。

時間の都合上、2時間という短い滞在でしたが、参加された皆さんは思い思いに祈願され、おいしい出雲そばを食べて帰りました。

P1000509

 

 

 

ポスト。

24ポスト

24

家族の力!!

はじめての第5回ACT全国研修会in浜松へ行ってきました。

餃子[11]他職種の集まる研修へはほとんど参加したことがなく、またACTのはじめての研修で刺激的な2日間でした。勉強ももちろんですが、名物の浜松餃子(キャベツたっぷりヘルシー)や鰻もいただいてきました。研修では全国にある20数のACTチームの紹介や、当事者の登場、色々なかかわり、今後の動きなどさまざま・・・                             一番驚いたのは、家族の方の参加が多いこと。専門職だけでなく、常に一緒に居る方の不安な思いやや関わり方など生の声は今までにない感じでした。病院から地域に出たパワフルな方々と出会えたほか、今やっていることの確認にもなり、今後のためになる刺激的な2日間でした。 by:ベリー

次はハワイ!

本日の訪問は、普段は自宅から出ることもなく、桜の花見と秋の紅葉の時期だけ、一緒に外出ができる利用者さんのお宅に行きました。

今日は天気も良かったため、紅葉を見に行こうと促したところ「にぃさん、もう遅いわ~」と拒否。まだ大丈夫だと伝えるが、頑なに拒否されました。本人も楽しみにしていたはずですが、「見頃を過ぎてしまった紅葉をみてもつまらんわ~」と。気落ちしていた私を見て「来年、もう少し早めに行こうなっ」と優しく声をかけてくれました。

SN3T0147.jpgそんな彼は「母親をハワイに連れて行ってあげたい」と夢があります。今日になって、母親も「本人が行きたいんなら・・・、だけど私は行けんで、一人で行ってくるんならええで~」と言ってくれました。私も、どうにか本人の夢を実現させたいと思い、母親に「一緒に行ってあげて~や」とお願いするが、高齢の母親には長旅はきつい様子。そこで夢の半分だけど、本人のハワイ旅行を実現させて欲しいと思い、“紅葉はダメだったけどハワイ旅行へ!”に向けて、早速訪問の帰りに、パンフレットをもらいに行ってきました。   by kino

買い物も忍耐

レジ週2回訪問するTさんは、訪問時に一緒に近くのスーパーに歩いて買い物に行きます。

暗算が得意で、計算しながら買い物をし、レジを通る前には正確な金額を出しているため、いつも感心していました。

ところが最近、もっとすごいことに、kinoさんが気づきました。買い物に行く前に、今日は合計をいくらにしようかと前もって決めていて、そうなるように買い物もしているとのこと。そのため、訪問者はTさんの後ろからついて歩きながら、携帯の電卓機能を使って計算してみると、その通りの金額になったり、777円や999円などの金額になることが分かってきました。それによって買い物に付き合うことの楽しさも感じられていました。

ところが今日は最初にふりかけの袋詰めに挑戦し、それがあだとなって、計算がうまくいかず、買い物が終了するのに1時間半もかかってしまいました。袋詰め後、チャックを私が何とかしめたのに、結局ふりかけは購入せずに元に戻すことになりました。しかしそれを購入しなかったことで、予定金額の989円となったため、私は何も言えず、やっぱりすごいなと感心して帰って来ました。 by N

そうじ機。

23掃除機

23

止まった時間

016668s_mini先日訪問した女性利用者さんに「最近いいことありましたか?」と尋ねたところ、「紅葉を見たことです!」と即答されました。

ほとんど家からでない彼女にとって、1週間前の訪問スタッフとの紅葉ドライブはとても楽しかったようでした。10年ぶりに見た紅葉の景色はとても懐かしく輝いて見えたのだろうなと感じ、私もうれしくなりました。

 

 
他の利用者さんでも、20年ぶりの海水浴に同行したり、人生初の一人旅を計画するなど、病気と共に止まってしまった時間がもう一度動き出せるようにお手伝いさせてもらっています。 by 70

やればできる!!

 夏前から訪問させてもらっているKさん。はじめは訪問の前日や当日に緊張から大きな声を出す、そわそわする、休むなどしていました。今では「だいぶ慣れたんでしょうね、楽になってます」と迎えられています。

そんなKさん、昔は料理をしていましたが、「包丁が怖いから」と料理をしばらくしていませんでした。訪問者とのドライブ・散歩、紅葉見物、話しなど通して、『なんかできそうな気がした』と思ってカレーライスを作りましたと笑顔で話されました。以前からお母さんや訪問者は「考えすぎ、気楽にいこう」と伝えていました。いろんな体験を通してKさんもやってみようと思われ、やってみたら以外に出来て楽しく嬉しくなり新しい気持ちが芽生えているようにみえました。その積み重ねがこれからの生活の幅が広がることにもつながると3人で話した訪問でした。カレー[5]

母はまだ10段階の1と厳しい評価ですが、金メダルまで行けるかな?と目指して歩みはじめたKさん。利用者さんと共に歩める嬉しさを感じられるのも訪問の面白いところです。 by:ベリー

雪?

今日の訪問は、市内から車で30分くらい山の中に入ったお宅へ行きました。

SN3T0138道中では、家の屋根の下や道路のわきなど、所々に白い物体がありました。そうです雪です。と言っても、ふわふわとした柔らかい雪ではなく、硬い芯のあるような“あられ”でした。そろそろ冬タイヤに履き替える時期ですね~。    by kino