Category Archives: リハビリ部

精神保健福祉大会開催報告!!

令和元年11月12日に浜田市の石央文化ホールで第51回島根県精神保健福祉大会が開催されました。毎年、精神保健福祉事業に功労があった個人や団体の表彰、記念講演、開催地での体験・活動発表が行われ、今年は7年ぶりに浜田市での開催となりました。S・IPSも体験・活動発表を行いました。

体験・活動発表では映像での発表を行い、就職までの治療の様子や就職した現在の気持ち、また就労支援専門員としての思いを直接地域の方に届けられ嬉しく思いました。本番前には「もっと感情をこめて!!」とアドバイスを頂き、当日まで血のにじむような練習を行いました。皆さんの感想を伺う限り「練習の成果はあった!!」と手ごたえを感じました。

当事者、雇用主、講師、就労支援専門員で座談会も行いました。それぞれの立場から就労について意見交換をし、直前まで緊張すると言われていた当事者の方も堂々と意見を言っておられる姿に感動しました。

精神障がいのある方の就労について、S・IPSの取り組みについて地域の方に直接伝える機会はなかなかないものなので、今後もあれば大事にしていきたいと思いました。

 

S・IPS “K”

ゆうゆう家族新聞18号です

ゆうゆう家族新聞17号です

ゆうゆう家族新聞16号です

ゆうゆう家族新聞15号です

うつリワークフォローアッププログラム開催!

当院でうつリワークプログラムを開始し早いもので5年半が経過しました。

以前より「復職後も集まれる場がほしい」、「情報交換や悩みを相談したい」との希望があり、今までプログラムに参加された方を対象に初めての『フォローアッププログラム』を行いました。

当日は利用中の方と久々な面々とのOB会も兼ね、沢山の方のご参加がありました。

お茶を飲みながら自己紹介、お互いの近況報告やフリーディスカッションと和気あいあいとした雰囲気の中、あっという間に時間は過ぎ足りないくらいでした。

終了後のアンケートで「皆頑張っていてひとりではないと思った」、「振り返る機会になった」、「定期的に開催してほしい」、また今回は参加できなかった方からも次回は参加したいと沢山の声を頂きました。

リワークプログラムの最終目的である再休職の予防につながるよう集団フォローアッププログラムを上手く活用していただければと思います。今後も有意義でよりよいフォローアッププログラムを目指していきたいと思います。参加してくださった皆さん本当にありがとうございました。イラストは参加者のTさんが娘さんと描いてくださいました!

作業療法科 K

日本作業療法学会に参加しました!

9月6日(金)~8日(日)に福岡国際会議場・福岡サンパレスホテルで行われた第53回日本作業療法学会に参加させて頂きました。台風の直撃はありませんでしたが、余波の影響か真夏を思わせるような暑さで驚きました。

精神障害分野においては、認知機能へのアプローチが主流になりつつあり、ポスター・口述共に多くの発表が見られました。当院作業療法科でもNEAR(認知矯正療法)の導入を準備中ですが、既に取り組まれている諸先輩方に直接お話を聞く機会となり、大変勉強になりました。

「作業療法研究のターニングポイント」というメインテーマでの開催でしたが、精神科作業療法領域においてもエビデンスを深めていくために、日々の取り組みを臨床研究につなげたり、先輩方の職人技をデータとして次の世代に伝授いただくべく、取り組んでいきたいなと思いました。

福岡名物の明太子やもつ鍋も頂き英気を養い、やる気をみなぎらせています!

がんばるぞー!

作業療法フェスタ2019 inゆめタウン浜田にて 作品が展示されました!

8月31日(土)にゆめタウン浜田にて、作業療法フェスタ2019が開催されました。

作業療法フェスタとは、作業療法(士)に関して広く知って頂くための普及啓発イベントです。例年はゆめタウン出雲のみでの開催ですが、今年は浜田でも開催され、内容は作業療法についてのポスター、患者様・利用者様が作業療法の一環で作られた作品の展示、福祉用具展示でした。

作品展示には西川病院の患者様・精神科デイケア来夢・認知症デイケアゆうゆうからも多数出品し、多くの来場者に観て頂くことが出来ました。素晴らしい作品に釣られて来場者数はなんと330人!西部でこれだけの人が集まる事はなかなかありません。1日会場でスタッフとして過ごしましたが、大きく飾られた神楽の貼り絵や繊細に描かれた絵、努力の結集したロールピクチャー、時間をかけて作った手芸作品など、足を止めてゆっくり観ておられる方が多く、皆さん「すごいねー」と感嘆した様子でした。

作品を出品された方達も観に来られ、キラキラした表情で作品を観て回っていました。こうした催しが、患者様・利用者様の社会参加のきっかけとなっていけば良いなと思いました。

☝人気投票第1位に輝きました!

 

by りん

~しおかぜ・はまかぜさんに来ていただきました!~

 

大暑が過ぎ、ようやく梅雨が明けましたね。

令和元年7月25日午後から公開講座を作業療法室で行いました。しおかぜ・はまかぜさんに来ていただいて、それぞれの職場の紹介をしていただきました。しおはまWATの4グループに分かれてそれぞれ工夫を凝らした発表を聞きました。最後にはUSAダンスも披露されました。入院患者さんは、刺激になったようで質問の中には、「夢や希望は何ですか?」「仕事がつらい時はどうしていますか?」など聞かれました。

病棟のタオルをたたんでいる時の工夫や地球を守る活動に頑張っている様子。

洗濯では孤独・閉塞感の中頑張っている様子やシーツたたみの実践も見せていただきました。こうして、西川病院の環境整備に携わっている様子に感謝と感激を受けました。

皆さまが誇らしく見えました。

人の前で話すということは勇気がいります。分かりやすく、練習も重ねて皆さんの前で発表大変ありがとうございました。次回は、8月29日木曜日にPART2があります。みなさん見に来てください。

                                  W・A

☝ 柔道着を着て気合を入れたUSAダンス!

あんなこと、こんなこと

みなさんこんにちは、久しぶりのブログ更新です。

いまだ梅雨ですが、そんな梅雨らしさもなく暑い日が続きますね。

 

7月には、こころの音楽会、屋台祭りがありました。いつもは活動参加を渋っておられる方が、行事になると笑顔で楽しんでいる様子が伺え、新たな一面を発見できる良い機会になってます。

更に8月は、納涼大会が待ってます。日中には、各病棟の代表者によるカラオケ大会が開催され、夕方からは、供養や盆踊り、さらにフィナーレは数百発の花火の打ち上げも行なわれます。

暑さ続く夏の行事、準備や運営をしていくスタッフは、さぞ大変なことでしょうけど、毎年の行事を楽しみにされている方も多く、この日のために気合いを入れておられる方もたくさんいらっしゃいます。がんばっていきましょう。

みなさんも、暑さには十分気を付けて、今年の夏も乗りきりましょうね。

by kino