Category Archives: リハビリ部

精神科デイケア”来夢”屋台祭りに参加しました。

今年も11日に開催された屋台祭りにゲームコーナー(ストラックアウトとスカットボール)の担当として参加しました。今回は、役員として頑張って下さったメンバーさんに屋台祭りの感想を書いて頂いたので紹介したいと思います。

 

今回の屋台祭りに来夢委員さんの応援で参加させて頂きました。担当したのは、ゲームコーナーのストラックアウトです。ストラックアウトのゲームボードは、来夢製作所の手造りで、製作手順や色々な工夫を見てきていましたので、パネルが倒れてすぐに又セット出来る使いやすさに感心させられ、完成度の高さが実感出来ました。

『スカットボール』『ストラックアウト』に参加された皆さんの玉を持った時の真剣な表情、ボールが穴に入ったりボードを貫いた瞬間の笑顔、又、外れた時の残念そうな顔、私も手を叩き笑顔で応援しました。自分でもストラックアウトにチャレンジしましたが1枚しか貫けず残念な結果でした。

この様な形で参加出来て本当に良かったと思います。

屋台の食べ物は、私の大好きな「ホットケーキ」「フランクフルト」そして「たこ焼き」、暑い中職員の方が焼いて下さってとてもありがたかったです。冷たい物も「ところてん」「水ようかん」「みつ豆」「かき氷いちご」など、若い友人と話をしながら全て美味しく頂きました。祭りを企画、運営されたスタッフの皆さんに感謝、感謝です。

2時間弱の時間でしたが、いい汗をかき楽しい時を過ごす事が出来ました。

 

今回のゲームコーナーは、20名以上の来夢のメンバーさんが協力して担当して下さいました。美味しい食べ物とゲームも盛り上がっていて楽しい1日になりました。

“来夢”M子

 

 

 

 

精神科デイケア”来夢” プログラム紹介

ニュースでは梅雨入りしたとのことですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。次に今回デイケアのプログラムから今回「導入期プログラム(PFC)」をご紹介したいと思います。3月より始まった新しいプログラムでPFCはPOWER(パワー)FUTURE(フューチャー)CLUB(クラブ)の略です。このステキな名前ですが参加メンバーさんと導入期プログラムの際に考えました。メンバーさんの一人が「利用者さん、スタッフさんとの交流を通して一人一人が皆さんから元気をもらい、未来に向かって前進できるような活動をしていきたいという思いを込めて」名付けてくださいました。

対象はデイケア通所が1年未満の方、またはコミュニケーションが苦手な方で毎週火曜にスタッフ1~2名とメンバーさんと5~9名程度で簡単なテーブルゲームをした後にデイケアにて困ること、また生活上で困ることといった話をして過ごしています。デイケアに慣れて継続通所が可能になること、対人関係の不安が少しでも解消されることを願い、発足しました。気になる方はデイケア来夢スタッフまでお声かけくださいね。

スタッフW

デイケア”来夢”5月活動報告

だんだんと夏の日差しを感じる季節となってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。去る5月18日午後からクローバークラブ(来夢女子会)にて女子メンバー13名と一緒にサンドイッチ、ホットドック作りを行いました。食パンもしくは小さなコッペパンにどちらか一つを選び、卵、ハム、チーズ、きゅうり等思い思いの具を選択し挟みました。切る、ゆでる、焼くといった作業がありましたが、皆さん日頃の生活がみえるようなさすがの手さばき。30分で作り終えました。庭の草木を眺めながら外でピクニック気分で食べたいねと話しておりましたが、生憎の雨でしたので、今回はデイルームでの試食。「久しぶりに作って、おいしかった」「自分で作ることもあるけど、みんなで作り食べるサンドイッチは格別」といった感想でした。

来月6月のクローバークラブは女子メンバーでデイケアにあるカラオケ機械を使ってカラオケをする予定です。楽しみですね!                               来夢 W

S・IPS主催当事者講演会開催!!

平成30年4月9日にS・IPS主催第2回当事者講演会を開催しました。S・IPSを利用して就労した2名の方を講師としてお招きし、就職活動の体験談や就労を通して学んだこと等素晴らしい内容をお話頂きました。100名近くの多くの方にご参加頂き、沢山の方が就労や当事者の方の体験談に興味を持って頂いていることを大変嬉しく思いました。

参加された方の感想では、「おふたりが『働きたい』という思いから働くことの大切さを実感し、生き生きと働いている体験を聞き、大変嬉しく思いました。」、「働くという希望を持つことで前向きになれる。自分たちもプロとしてもっと患者さんの希望に沿えるように関わっていきたい。」等の声を多数頂きました。私も自分自身の支援を振り返り、初心に戻る良い機会になりました。

今後も定期的に当事者の生の声を皆さんにお届けできる機会を設けていきたいと思います。

S・IPS Y大

はじめまして!!

この度4月から新人として入社させていただきましたKawaです。

私は昨年実習生として西川病院で勉強をし、精神科作業療法に魅かれたことがきっかけで「ここで自身を成長させたい」、「成長を通じて地域に貢献したい」という想いを持ち、入社試験を受けました。

実習生としてかよっていた場所にスタッフとして通うようになったことは、とても不思議な感覚ですが、実習中にお世話になった患者様やスタッフの方たちに声をかけていただいたりすることはとても嬉しく感じています。この暖かさも西川病院の良さの一つだと思います。

この春作業療法士になったばかりで知識も経験も足らず、右往左往してばかりの毎日ですが、様々な経験をさせてもらうことができ、充実した日々を過ごしています。

患者様たちにより良い人生を送っていただけるよう。同じ目線で寄り添いながら、患者様と共に考えることができる作業療法士になれるよう頑張っていきます。

by Kawa

ゆうゆうだより 4月号


4月になり、新しい年度になりました。入学、就職と新しい人との出会いの中、あちらこちらで桜の花が満開となり、春の風景を彩っています。

ゆうゆうの窓から見える桜も満開になり、見上げると空がピンク色に見えるくらいです。

ゆうゆうに来られている方々も散歩に出かけては「わー!きれいだねー 春はいいよね」と言われて、楽しんでおられます。

ゆうゆうの壁画にも、菜の花畑の上に桜が見事に咲き、花びらが流れています。これはメンバーさんが一枚一枚の花びらを5枚のり付けして満開にしました。

ゆうゆうの畑にもメンバーさんとジャガイモを植えました。少し芽が出てきて収穫が楽しみです。何の料理をしましょうか?

 

デイ・ケア❝来夢❞3月の活動報告

32日に三隅梅林公園に梅見物に行ってきました。前日は暴風が吹き荒れていて、このままの天気なら中止になるかなぁ~と思っていました。しかし、日頃の行ないが良いメンバーさん達が多い為、当日はとっても良い天気に恵まれました。山の上まで登る人、下の公園で散策する人などそれぞれの外出を楽しみました。あるメンバーさんは「上まで登ると紫色の梅の花が見られた。」と綺麗に咲いた紫色の梅の花の写真を見せて下さいました。

 37日は、ひな祭り会を行ないました。午前中からちらし寿司を協力して作り、午後からは ♪楽しいひな祭り♬ を皆で歌い、じゃんけんゲームをしてちらし寿司を皆で美味しく頂きました。

                   

328日は、毎年恒例になっているいちご狩りに30名で行って来ました。

この日も日頃の行ないが良いメンバーさん達が多い為か?農園のスタッフの方から「今日で良かったね。今週は天気が良いからいちごが甘くなったよ。先週だったらまだだった。」というお話が聞かれました。

                                                                                   “来夢”M子

ゆうゆう便り 3月号

春一番が吹きわたり暖かかったり寒かったりしながらも少しずつ春の訪れを感じる今日この頃です。
「3月はお雛様よ。花はう~ん桃よ。」と、メンバーさんにアイデアを頂き、戌年にちなみ、遊び心のある犬の雛飾りが完成しました。「楽しみだね~」「これでいい?」等、子供さんの幼い時やお孫さんの事を思い出して話しに花が咲く時もありました。

他にも段ボールリースに折り紙や紙コップのお雛様を飾り付け明るいフロアになりました。こういう作品一つ一つにも今まで培って来られた職業スキルが生きています。

壁画の横には毎月習字の得意なメンバーさんの筆書で季節の言葉があり、生け花もあります。皆さん生き生きと活動に取り組まれており,それぞれに味が出ています。メンバーさんの新しい一面の発見もでき来月も楽しみです。

by みい

デイケア来夢でのボランティア活動

こんにちは。日に日に暖かさが増し、過ごしやすくなってきました。

今月は、デイケアで行っているボランティア活動について利用者の方が感想を書かれたので、ブログに載せる事になりました。

これからも、このようなボランティア活動が継続して行われることを願っています。

スタッフ:おにぎり🍙

 

精神科デイ・ケア「来夢」でのボランティア活動記

 海岸清掃ボランティア2年目を終了して

平成29年度のオバセの波止清掃ボランティアも11月をもって無事終了致しました。4月は、生憎の雨で清掃活動ができませんでしたので、長浜、周布方面の港等の見学ドライブを50分程度行いました。清掃ボランティア実施は、5月から7月(8月はお休み)9月から11月の月に1度計6回行いました。拾い集めたゴミは、1年目の44袋以下にはなりましたが、1回に4袋から5袋あり、まだまだゴミを捨てて帰られる釣り客が絶えません。しかし、悪い事ばかりではなく、顔見知りになった釣り客の人から「いつもご苦労様。」とか広島から来られた釣り客の人からも、「浜田は素晴らしい活動をされているグループがあるのですね。」とうれしい言葉をかけて頂き清々しい気持ちになりました。デイ・ケアに帰って、ジュースを飲みながらのその日の振り返りでは、そういった話題や問題点を話し合い次からの改善策を打ち合わせしています。今後の方針ですが、いつも大きなゴミが優先で後回しになっているタバコの吸い殻も拾っていきたいと思います。

来年度の抱負:この2年間で経験した事を活かして、浜田の釣り場の1つであるオバセの波止を釣り客に益々喜んでもらえる様にきれいにしていきたいと思います。

   

ゆうゆうだより 2月号

新年を迎えたかと思ったら、もう2月。早いものですね。
今月の壁画や飾りは、折り紙で海苔や中身の具を作り、ナイロン綿が寿司飯。皆さん、本当のお寿司を巻く要領で器用に巻いてくださり、出来上がりも本物そっくり!
また、手芸チームでは、縫い物が得意な方にお願いして、クッションカバーやミニ布団カバーを作成中です。クッションは出来上がった物から、早速みなさんに背当てや枕などとして自由に使って頂いています。
「最近は、針を持つことなんてないからね~」と言いながらも、そこはベテラン主婦!器用に丁寧に縫ってくださり、本当に有難いことです。

 

 
 

これからも利用者の方々の力をお借りしながら、いろいろな物を作っていけたらいいな、と思います。by:ベルママ