Category Archives: リハビリ部

デイ・ケア❝来夢❞3月の活動報告

32日に三隅梅林公園に梅見物に行ってきました。前日は暴風が吹き荒れていて、このままの天気なら中止になるかなぁ~と思っていました。しかし、日頃の行ないが良いメンバーさん達が多い為、当日はとっても良い天気に恵まれました。山の上まで登る人、下の公園で散策する人などそれぞれの外出を楽しみました。あるメンバーさんは「上まで登ると紫色の梅の花が見られた。」と綺麗に咲いた紫色の梅の花の写真を見せて下さいました。

 37日は、ひな祭り会を行ないました。午前中からちらし寿司を協力して作り、午後からは ♪楽しいひな祭り♬ を皆で歌い、じゃんけんゲームをしてちらし寿司を皆で美味しく頂きました。

                   

328日は、毎年恒例になっているいちご狩りに30名で行って来ました。

この日も日頃の行ないが良いメンバーさん達が多い為か?農園のスタッフの方から「今日で良かったね。今週は天気が良いからいちごが甘くなったよ。先週だったらまだだった。」というお話が聞かれました。

                                                                                   “来夢”M子

ゆうゆう便り 3月号

春一番が吹きわたり暖かかったり寒かったりしながらも少しずつ春の訪れを感じる今日この頃です。
「3月はお雛様よ。花はう~ん桃よ。」と、メンバーさんにアイデアを頂き、戌年にちなみ、遊び心のある犬の雛飾りが完成しました。「楽しみだね~」「これでいい?」等、子供さんの幼い時やお孫さんの事を思い出して話しに花が咲く時もありました。

他にも段ボールリースに折り紙や紙コップのお雛様を飾り付け明るいフロアになりました。こういう作品一つ一つにも今まで培って来られた職業スキルが生きています。

壁画の横には毎月習字の得意なメンバーさんの筆書で季節の言葉があり、生け花もあります。皆さん生き生きと活動に取り組まれており,それぞれに味が出ています。メンバーさんの新しい一面の発見もでき来月も楽しみです。

by みい

デイケア来夢でのボランティア活動

こんにちは。日に日に暖かさが増し、過ごしやすくなってきました。

今月は、デイケアで行っているボランティア活動について利用者の方が感想を書かれたので、ブログに載せる事になりました。

これからも、このようなボランティア活動が継続して行われることを願っています。

スタッフ:おにぎり🍙

 

精神科デイ・ケア「来夢」でのボランティア活動記

 海岸清掃ボランティア2年目を終了して

平成29年度のオバセの波止清掃ボランティアも11月をもって無事終了致しました。4月は、生憎の雨で清掃活動ができませんでしたので、長浜、周布方面の港等の見学ドライブを50分程度行いました。清掃ボランティア実施は、5月から7月(8月はお休み)9月から11月の月に1度計6回行いました。拾い集めたゴミは、1年目の44袋以下にはなりましたが、1回に4袋から5袋あり、まだまだゴミを捨てて帰られる釣り客が絶えません。しかし、悪い事ばかりではなく、顔見知りになった釣り客の人から「いつもご苦労様。」とか広島から来られた釣り客の人からも、「浜田は素晴らしい活動をされているグループがあるのですね。」とうれしい言葉をかけて頂き清々しい気持ちになりました。デイ・ケアに帰って、ジュースを飲みながらのその日の振り返りでは、そういった話題や問題点を話し合い次からの改善策を打ち合わせしています。今後の方針ですが、いつも大きなゴミが優先で後回しになっているタバコの吸い殻も拾っていきたいと思います。

来年度の抱負:この2年間で経験した事を活かして、浜田の釣り場の1つであるオバセの波止を釣り客に益々喜んでもらえる様にきれいにしていきたいと思います。

   

ゆうゆうだより 2月号

新年を迎えたかと思ったら、もう2月。早いものですね。
今月の壁画や飾りは、折り紙で海苔や中身の具を作り、ナイロン綿が寿司飯。皆さん、本当のお寿司を巻く要領で器用に巻いてくださり、出来上がりも本物そっくり!
また、手芸チームでは、縫い物が得意な方にお願いして、クッションカバーやミニ布団カバーを作成中です。クッションは出来上がった物から、早速みなさんに背当てや枕などとして自由に使って頂いています。
「最近は、針を持つことなんてないからね~」と言いながらも、そこはベテラン主婦!器用に丁寧に縫ってくださり、本当に有難いことです。

 

 
 

これからも利用者の方々の力をお借りしながら、いろいろな物を作っていけたらいいな、と思います。by:ベルママ

 

ゆうゆう便り1月号

明けましておめでとうございます。

今年もゆうゆうは、メンバーさんの手作り門松でお出迎えです。

さすが元職人さん!ビッグでとても素敵な門松です。

ホールは、手編みの富士山の壁画をはじめ、習字、絵手紙、なんとゴミ箱
までが手作りで、メンバーの皆さんの得意とされることを発揮され、心温まる雰囲気でいっぱいです。

今年の抱負をお尋ねしますと、皆さんの多くが「元気で過ごす!」とおっしゃいました

本年も笑顔いっぱいのゆうゆうでありますように。

どうぞよろしくお願い致します。
ポンとコン

12月の公開講座「精神科と感染症について」

今年最後の心理教育公開講座が開催されました。

今回は「精神科と感染症について」のテーマで、臨床検査技師の坂本広隆さんにお話しをしていただき、たくさんの方が参加してくれました。

「人間を地球に例えるなら、細菌は、地球の中に住んでいるゾウほどの大きさで、ウイルスはネズミほどの大きさ」「人間の細胞の数は、(はやりの)『35億』ではなく60兆個もある」「抗生物質はカビから作られた」「精神科病院の中だからこそ感染対策は重要」などたくさんの『へぇ~』が詰まった公開講座でした。最後には、手洗いやアルコール手指消毒の方法など参加者のみなさんと一緒に実演することもできました。これからインフルエンザが流行してきます。ちょうどこのタイミングで、日頃の体調管理と手洗いをしっかりしなければならないことを意識することができました。

今年度の公開講座は、今回で終了です。講師の皆様ご協力ありがとうございました。

また来年度も引き続いて、様々なテーマで行っていく予定です。お楽しみに~。

OT kino

ゆうゆうだより 12月号

今年もゆうゆうの長寿ベンジャミンにクリスマス飾りを付けました。
植物に関心がある利用者さんが剪定され、編み物が好きな利用者さんに紐を編んでいただき、縫い物が好きな利用者さんにフェルトで靴下やハート型を作っていただきました。ツリーには利用者さんそれぞれ得意な事を生かした作品が盛り込まれており、世界で一番すてきな、クリスマスツリーができました。
毎日を利用者さんと一緒に考え、色々な事を楽しむことができた一年間ありがとうございました。
by:310

ゆうゆうだより 11月号          「初ほりの 花型できたよ 味いかが?」

暑かった夏が懐かしく感じる季節になりました。                             ゆうゆうでは昨年,獣に取られて収穫ゼロだった畑のリベンジにサツマイモを植えました。「また、取られるんじゃないの?大丈夫?」と利用者さんの声もありましたが、今年は被害なく収穫までたどりつけました。

畑起こし、畝作り、苗の購入、植え付け、それぞれ利用者さんの経験をもとに作業が進みました。スタッフはただついて歩くのみ。取れた日には記念写真をカメラが得意な利用者さんが写し、当法人の写真展に出展することができました。その後はデイルームに展示して皆さんに見て頂いています。芋をもとにタイトルの句を考えることにもつながりました。

穫すれば次にあるのは作って食べること。リクエストの中からゆうゆうで可能な方法を考え、芋羊羹を作り収穫祭をいたしました。利用者さん中心の活動ができるって本当に嬉しいことです。皆さんの表情みていると次は、何ができるかな~と楽しみが続きます。                                        毎月恒例、壁画もすてきな秋の装いになっています。お手製のキャンバスは建築関係をされていた方のこだわりの作品です。 by:ベリー

デイ・ケア❝来夢❞バス旅行に行く(^◇^)

11月14日に毎年恒例となっているバス旅行に行ってきました。

10月から来夢会で行き先をどうするか?昼食代の負担を無くす為、皆でお弁当を作ってから出かけたら良いのではないか?お弁当のおかずは何が良いか?など当日は仕事で参加出来ないメンバーさんからも活発な意見があり、仲間って良いものだなぁ~と思いながら来夢会に参加していました。

結局、おかずは、玉子焼き、シューマイ、ウインナー、唐揚げ、スパゲティサラダなどに決まりました。ご飯は出発時間の関係でふりかけをかけて食べる白ご飯になりました。

当日は、予定では万葉公園でしたが、朝からの雨模様で出発前に皆で話し合い少し足を延ばして日原シルクウェイに行く事になりました。

皆で作った手作りお弁当を食べたり、散策したり、お土産を選んだりと皆さん自由に楽しんでおられました。

「お弁当が美味しかった。」「お弁当が意外に豪華だった。」「楽しかった。」などと良い笑顔で話しておられました。

いつもはジャージで通所されるメンバーさんがスカートに髪飾りとおしゃれをして来られ楽しそうにしておられる姿にほっこりとした気分になった1日でした。

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

園芸のプログラムでは、5月に植えたさつま芋(安納芋と鳴門金時)が豊作で立派なお芋がたくさん収穫出来ました。10月に焼き芋にして美味しく頂きました。

“来夢” M子

 

 

10月 心理教育公開講座

10月31日に開催の心理教育公開講座では、『病気とつきあう心』というテーマで医局の鴫原先生よりお話をいただきました。

病気と付き合いながらも、健康な生活を送るために大切な以下の点について、わかりやすく話されました。

  • 住む場所があること
  • 食事を食べること(作ることではない)
  • 困ったときに頼りになる場所(病院)があること
  • 身の回りのことや服薬ができること
  • 昼間にやることがあること
  • 自分の限界を知ること

 

 

また、心の悩みに対するリハビリテーションの必要性についても触れられました。

現在OTでは、SST・WRAP・心理教育・リワークなど様々なプログラムを設けています。興味のある方はぜひOTスタッフにお尋ねください!

  

11月の公開講座は検査についての講演を予定しています。

皆さんのご参加お待ちしています。

                                               OTR.M