Category Archives: 特集

第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。

これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。

今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り

②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でした。

年明け早々、当院では過去殆ど経験することがなかった、複数病棟でのノロウイルスのアウトブレイクを経験しました。今まではきちんと出来ていたつもりでしたが、終息後に行ったアンケートから、ノロに対する認識の甘さ、患者さんの理解・協力のこと、そして清掃負担などをあらためて実感し、吐物処理袋の導入など、新たな対策も取り入れることになりました。

二つ目のテーマ、環境ラウンド体験では、少人数に分かれ、ラウンド場面の画像を見ながら、問題箇所を探し、発表しました。(正解率高かったですよ!でも景品がなくてごめんなさい)

バイオハザードマークって、これだっけ???・・・実は島根県のシンボルマークでした(苦笑)

等々、リンクナースのアイディア満載の出題もありました。

ICTのラウンドは、悪いところを見付け改善することですが、同時に良いところや工夫を院内全体に広げていく、そういう役割も担っています。

今後も魅力ある研修会を開催していきたいと思います。職員の皆さん、次回も楽しみにしていてください。    ICT委員 O

第19回こころの日音楽会

「こころの日音楽会」を7月5日に行いました。今年で19回目になります。会場が満席になり立ち見が出るほどの盛況でした。日頃なかなか聴けないチェロの生演奏や合唱など色々なエントリーがあり、楽しい時間をすごすことができました。

私は、看護係長会で三線を演奏しました。多くの人の前での演奏はとても緊張しましたが、一緒に歌ったり手拍子をしたりと、みんなのこころが一つになった音楽会でした。

写真は司会者の2名と三線メンバーです。

                                                                                                         ニッチー

夏季総合防火訓練終了!

梅雨空のすき間をねらった晴れの日に毎年行っている防火訓練を実施しました。

西川病院では、年2回の総合防火訓練を実施しています。

今年も夜間病棟での火災発生を想定し、避難誘導や初期消火活動、通報が適切で迅速に対応できることを目的に訓練を行いました。初期消火活動では消火器を使用した模擬消火や消火用散水栓を利用して実際に放水も行い、行方不明者は、はしご車を使用して救出する訓練も同時に行いました。

火元病棟の2名がリーダー・サブリーダーとなり、的確な指示が出来、応援者の声かけもうまく出来た「静かな訓練」だったと評価反省のコメントが今回の訓練を表していました。

はしご車での救出訓練は2回目ながらもはしご車が来て下に無事降りるまでは、長く感じました。実際の火事で火が目の前にせまっている時も冷静にその現場に居合わせることができるだろうかと感じた一面でもありました。

このような訓練を積み重ねることで火災以外の災害にもこの経験が活かされればと思います。

次回の秋季総合防火訓練は、起震車による地震体験を予定しています。

HP委員 Y美

 

精神科デイケア”来夢” プログラム紹介

ニュースでは梅雨入りしたとのことですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。次に今回デイケアのプログラムから今回「導入期プログラム(PFC)」をご紹介したいと思います。3月より始まった新しいプログラムでPFCはPOWER(パワー)FUTURE(フューチャー)CLUB(クラブ)の略です。このステキな名前ですが参加メンバーさんと導入期プログラムの際に考えました。メンバーさんの一人が「利用者さん、スタッフさんとの交流を通して一人一人が皆さんから元気をもらい、未来に向かって前進できるような活動をしていきたいという思いを込めて」名付けてくださいました。

対象はデイケア通所が1年未満の方、またはコミュニケーションが苦手な方で毎週火曜にスタッフ1~2名とメンバーさんと5~9名程度で簡単なテーブルゲームをした後にデイケアにて困ること、また生活上で困ることといった話をして過ごしています。デイケアに慣れて継続通所が可能になること、対人関係の不安が少しでも解消されることを願い、発足しました。気になる方はデイケア来夢スタッフまでお声かけくださいね。

スタッフW

心理教育公開講座を行いました!

先日、今年度第1回目の心理教育公開講座を行いました。

今回は「WRAP元気回復行動プラン~元気に役立つ道具箱をつくろう!~」と題して、私がお話させていただきました。

WRAPとはWellness Reconery Action Planの略で、元気回復行動プランとよばれています。元気のために自分でできる生活の工夫をプランとしてまとめたものです。当院のOTプログラムでもWRAPを行っています。

公開講座でWRAPの話をさせていただくのは今年で3回目になります。今回は「WRAPとは何だろう」という話から、実際にWRAPに参加された方に感想をきいたり、自分のプランを紹介してもらったりしました。後半は実際に会場の皆さんにも、『元気に役立つ道具箱』を考えてもらうグループワークを行いました。各グループ和気あいあいとした雰囲気で、様々なアイディアが出ていました。

今年度も作業療法科では、毎月さまざまなテーマで心理教育公開講座を行う予定です。

次回は「働くってなんだろうPart2~みんな誰でも働ける~」と題してSIPSさんにお話をしていただきます。みなさんのご参加お待ちしています!

 

OTR.W

雨の日の運動会

運動会が始まる前から天気予報とにらめっこしていた実行委員会。当日の雨マークをみて、運動会の前日まで快晴なのに本当に降るのかと思っていました。

そして迎えた5/18当日。みるみる曇っていった天気はやがて土砂降りになり、運動場ではなくてアクティビティホールで行うことになりました。

赤組と青組の元気な入場行進から始まった運動会ですが、患者さんの楽しみながらも真剣に協議に取り組まれている姿が印象的でした。また、近所の保育園の園児のみなさんが今年も参加して下さり、かわいい姿に患者さんも職員もほっこり。

職員による風船割りは、写真をとってもぶれてしまうほど白熱しました。

 

あいにくの雨でしたが、すずしい風が入ってきて競技に取り組みやすかったのではないかと思います。

ホームページ委員会 M

入社して1ヵ月が経ちました!

初めまして、りんと申します。

今年度から作業療法士としてリハビリテーション部に加わらせて頂きました!これからよろしくお願いいたします。

社会人としての第1歩、4月は新しい環境に慣れようと四苦八苦、息も絶え絶えでしたが、最近やっとこさ息がつけた気がします。

これから関わる皆様1人1人との関わりを大切にし、ひととして、もちろん作業療法士としても成長していけるよう、頑張ります!

りん

デイケア‟来夢”12月活動報告

デイケア“来夢”では春から物作りグループとして“来夢製作所”を立ち上げ、木工や園芸など様々なモノづくりを行ってきました。12月後半の活動としてミニチュア門松作成、デイケア棟の門松作成を行いました。

初めて作る方が多い中、女性は画用紙を利用して手作り扇子や正月飾り作り、男性メンバーは竹切りやオイル缶のこも巻きなど、分担することでアッという間に完成する事が出来ました。自分の作った作品を写真に撮る方、お互いの作品を見せ合う方、「かわいいねぇー」「これなら家でもできそう」と反応はそれぞれ。

物作りという作業の中には道具の使用は当然として、話し合う(相談する)事、協力する事、完成する喜びを得る事、物品の管理と必要となる技能は山ほどあります。そうした経験を積み重ねることで、社会生活に必要な基礎的な能力を回復し、生活の質を高めることができればと思います。

 

最後に、今年も残す所あとわずかとなりましたが、来年もよろしくお願い致します。

 

大きな熊さん より

公開講座特別講演

去る11月27日、福島県立医科大学会津医療センター特任教授、SST普及協会会長の丹羽真一先生を講師としてお迎えし、『リカバリーの時代』というタイトルでご講演いただきました。

今回は公開講座特別講演とし、入院外来患者さん、職員に加え、ご家族や院外の関係機関の方にも多くご参加いただきました。

リカバリーとはどういうことか、リカバリーのために必要な治療や支援について等、とても分かりやすくお話をしていただきました。患者さんからも活発な質問がありましたが、丹羽先生は一つ一つ丁寧に回答して下さり、参加された皆さんにとって大変有意義な時間となったことと思います。

このように患者さんも職員も一緒に学ぶことができる場の必要性を改めて感じます。この講演会で学んだことを活かし、今後もリカバリーに向けた関わりをしていきたいです。

OTR.S

職員スポーツ大会開催!

毎年恒例の職員スポーツ大会が、今年も精神科デイケア棟のアクティビティーホールで開催されました。

種目は、男女2名ずつの4人に行われるソフトバレーボールです。

今年は、参加チームが5組と少なかったのですが、それでも各部署の精鋭34名が、寒さの中熱い戦いを繰り広げました。

チーム数が少なかったので、総当たりの10試合を行い、フル出場でがんばる方から笑いに徹する方まで色々な立場で日頃のチームワークも少し垣間見れました。

みなさん、ケガもなく覧ているものは楽しくなる大会に来年は、参加できるかも?と思ったしだいでした。みなさん、ご苦労さでした!