公開講座特別講演

去る11月27日、福島県立医科大学会津医療センター特任教授、SST普及協会会長の丹羽真一先生を講師としてお迎えし、『リカバリーの時代』というタイトルでご講演いただきました。 今回は公開講座特別講演とし、入院外来患者さん、 More »

職員スポーツ大会開催!

毎年恒例の職員スポーツ大会が、今年も精神科デイケア棟のアクティビティーホールで開催されました。 種目は、男女2名ずつの4人に行われるソフトバレーボールです。 今年は、参加チームが5組と少なかったのですが、それでも各部署の More »

デイケア来夢 10月活動報告

肌寒く感じる日が増えてきました。食欲の秋、おいしくご飯を食べて、寒さを吹き飛ばしましょう! 西川病院では、10月15日(日)にしおさい祭りが行われました。来夢は、去年はお好み焼きでしたが、今年はミートスパゲティで出店しま More »

暑い!秋ですね~

朝夕は秋の冷気を感じますが~日中は暑い!汗をかきかき、院内の秋を探して。 先日まで、プールだった所が「秋の田んぼ」になって案山子が立っていました。 中秋の名月がなお美しく輝いている病棟もありました。 3病棟は相変わらずフ More »

心理教育公開講座を行いました

先日、心理教育公開講座を行いました。今回は、延川真知子管理栄養士に「摂食・嚥下障害って?!~加齢に伴う変化を知り予防しよう~」というテーマで講演していただきました。 病院給食についてのお話もあり、皆さん興味津々に聴いてお More »

公開講座特別講演

去る11月27日、福島県立医科大学会津医療センター特任教授、SST普及協会会長の丹羽真一先生を講師としてお迎えし、『リカバリーの時代』というタイトルでご講演いただきました。

今回は公開講座特別講演とし、入院外来患者さん、職員に加え、ご家族や院外の関係機関の方にも多くご参加いただきました。

リカバリーとはどういうことか、リカバリーのために必要な治療や支援について等、とても分かりやすくお話をしていただきました。患者さんからも活発な質問がありましたが、丹羽先生は一つ一つ丁寧に回答して下さり、参加された皆さんにとって大変有意義な時間となったことと思います。

このように患者さんも職員も一緒に学ぶことができる場の必要性を改めて感じます。この講演会で学んだことを活かし、今後もリカバリーに向けた関わりをしていきたいです。

OTR.S

守り神?

今日、ヴィレッジ3号館の物置に止まる大きな鳥を見ました。何という鳥なのかわかりませんが、年少の幼稚園児ほどの大きさで、じっと病院の方角を見つめていていました。

風水では鳥は縁や幸運を運んでくれる縁起の良い生き物で、人間関係をスムーズにして良い情報をもたらしてくれると言われているそうです。

彼(彼女?)にヴィレッジの守り神をお願いしたいものです。    70

ゆうゆうだより 11月号          「初ほりの 花型できたよ 味いかが?」

暑かった夏が懐かしく感じる季節になりました。                             ゆうゆうでは昨年,獣に取られて収穫ゼロだった畑のリベンジにサツマイモを植えました。「また、取られるんじゃないの?大丈夫?」と利用者さんの声もありましたが、今年は被害なく収穫までたどりつけました。

畑起こし、畝作り、苗の購入、植え付け、それぞれ利用者さんの経験をもとに作業が進みました。スタッフはただついて歩くのみ。取れた日には記念写真をカメラが得意な利用者さんが写し、当法人の写真展に出展することができました。その後はデイルームに展示して皆さんに見て頂いています。芋をもとにタイトルの句を考えることにもつながりました。

穫すれば次にあるのは作って食べること。リクエストの中からゆうゆうで可能な方法を考え、芋羊羹を作り収穫祭をいたしました。利用者さん中心の活動ができるって本当に嬉しいことです。皆さんの表情みていると次は、何ができるかな~と楽しみが続きます。                                        毎月恒例、壁画もすてきな秋の装いになっています。お手製のキャンバスは建築関係をされていた方のこだわりの作品です。 by:ベリー

職員スポーツ大会開催!

毎年恒例の職員スポーツ大会が、今年も精神科デイケア棟のアクティビティーホールで開催されました。

種目は、男女2名ずつの4人に行われるソフトバレーボールです。

今年は、参加チームが5組と少なかったのですが、それでも各部署の精鋭34名が、寒さの中熱い戦いを繰り広げました。

チーム数が少なかったので、総当たりの10試合を行い、フル出場でがんばる方から笑いに徹する方まで色々な立場で日頃のチームワークも少し垣間見れました。

みなさん、ケガもなく覧ているものは楽しくなる大会に来年は、参加できるかも?と思ったしだいでした。みなさん、ご苦労さでした!

デイ・ケア❝来夢❞バス旅行に行く(^◇^)

11月14日に毎年恒例となっているバス旅行に行ってきました。

10月から来夢会で行き先をどうするか?昼食代の負担を無くす為、皆でお弁当を作ってから出かけたら良いのではないか?お弁当のおかずは何が良いか?など当日は仕事で参加出来ないメンバーさんからも活発な意見があり、仲間って良いものだなぁ~と思いながら来夢会に参加していました。

結局、おかずは、玉子焼き、シューマイ、ウインナー、唐揚げ、スパゲティサラダなどに決まりました。ご飯は出発時間の関係でふりかけをかけて食べる白ご飯になりました。

当日は、予定では万葉公園でしたが、朝からの雨模様で出発前に皆で話し合い少し足を延ばして日原シルクウェイに行く事になりました。

皆で作った手作りお弁当を食べたり、散策したり、お土産を選んだりと皆さん自由に楽しんでおられました。

「お弁当が美味しかった。」「お弁当が意外に豪華だった。」「楽しかった。」などと良い笑顔で話しておられました。

いつもはジャージで通所されるメンバーさんがスカートに髪飾りとおしゃれをして来られ楽しそうにしておられる姿にほっこりとした気分になった1日でした。

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

園芸のプログラムでは、5月に植えたさつま芋(安納芋と鳴門金時)が豊作で立派なお芋がたくさん収穫出来ました。10月に焼き芋にして美味しく頂きました。

“来夢” M子

 

 

アッという間の1か月

10月から在宅サービス課NACTに異動になりましたM・Yです。

異動となってあっという間に1か月経ち、毎日がとても充実しております。
地域での関わりは、よりその方に身近で接することができ、とても勉強になる経験をさせていただいています。

まだまだ未熟なOTですが、たくさん経験を積んで利用者さんによりよい人生を送ってもらえるよう、しっかりと向き合って頑張っていきます!

M・Y

10月 心理教育公開講座

10月31日に開催の心理教育公開講座では、『病気とつきあう心』というテーマで医局の鴫原先生よりお話をいただきました。

病気と付き合いながらも、健康な生活を送るために大切な以下の点について、わかりやすく話されました。

  • 住む場所があること
  • 食事を食べること(作ることではない)
  • 困ったときに頼りになる場所(病院)があること
  • 身の回りのことや服薬ができること
  • 昼間にやることがあること
  • 自分の限界を知ること

 

 

また、心の悩みに対するリハビリテーションの必要性についても触れられました。

現在OTでは、SST・WRAP・心理教育・リワークなど様々なプログラムを設けています。興味のある方はぜひOTスタッフにお尋ねください!

  

11月の公開講座は検査についての講演を予定しています。

皆さんのご参加お待ちしています。

                                               OTR.M

ヴィレッジせいわ写真展を開催しました

今年で8回目となる、「ヴィレッジせいわ写真展」を11月11日(土)12日(日)の2日間にわたり、ヴィレッジせいわ2号館(地域交流室)において開催しました。 総勢45名の方々に200点を超える作品を出展していただきました。

年々出展して下さる方や出展数も増えています。これも地域の皆様の温かいご支援のおかげです。この場を借りて改めて感謝申し上げます。今回はその 作品の一部をご紹介します。 どの作品も素晴らしい作品ばかりで観る方の心を引き付けていました。

ヴィレッジせいわでは引き続き、地域交流事業として様々なイベントを企画します。

今後もよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デイケア来夢 10月活動報告

肌寒く感じる日が増えてきました。食欲の秋、おいしくご飯を食べて、寒さを吹き飛ばしましょう!

西川病院では、10月15日(日)にしおさい祭りが行われました。来夢は、去年はお好み焼きでしたが、今年はミートスパゲティで出店しました。初めてのメニューでしたが、準備の段階から販売・片付けまで、みなさんと手際よく進めることができました。小雨とあいにくの天気の影響もあり、売れ行きはあまり良くなかったのですが、注文が多く入った時などに素早いチームプレイを見ることができたり、片付け終了後はデイケアでスパゲティを食べたりしながら談笑できたことが思い出に残りました。初めてのメニューでしたが、無事に終えることができてよかったです。

ありがとうございました!

元NACTスタッフのMです。

去年の5月からNACTチームに加わり、1年5か月という短い期間でしたが、今月よりOTに戻ることになりました!

 

訪問に行けばすぐ時間が経ち、毎日があっという間に終わり、気が付けば1年以上経っていました。日々の訪問を振り返ると、

自分の力不足を痛感することもありますが、“訪問することが楽しかった!”ということが一番の想いです。

 

自分がこれからもOTとして利用者様を支援していく中で、地域で過ごす方と楽しい時間や苦しい時間を共有し、

様々な問題に立ち向かい希望を叶えていく場面に関われたことは、かけがえのない経験が出来たと感じています!

 

この経験を活かして、自分なりのOTを貫いていけたらなと思います。

短い間でしたが、ありがとうございました!!

by M