心理教育公開講座

毎月行っている心理教育公開講座にて、『心身の健康と幸せについて』というタイトルで医局の吉田先生にご講演をいただきました。 先生ご自身の体験談を通して、心身の健康とは?幸せとは?についてお話をしてくださいました。先生は毎日 More »

心理教育公開講座を行いました

当院の管理栄養士・藤川さんを講師に迎え、「摂食・嚥下障害って?!~加齢に伴う変化を知り予防しよう~」が10月11日(木)に開催されました。 老若男女問わず約70名の参加があり、みなさん自分自身のこととあてはめながら、熱心 More »

心理教育公開講座

毎月恒例の心理教育公開講座を開催しました。薬剤師の佐々木さんに『精神科で使われるお薬について』というタイトルでお話をしていただきました。 当院の心理教育公開講座は平成19年にスタートし、今年で11年目になります。薬につい More »

心理教育公開講座 S・IPS

少し前のことになりますが、心理教育公開講座『「働く」ってなんだろう?Part2~みんな誰でも働ける~』を開催しました。講師はS・IPS就労支援専門員の川本作業療法士とS・IPS利用者のAさんにお願いしました。タイトルにP More »

第23回院内感染対策研修会

6月29日、第23回院内感染対策研修会を開催しました。 これは医療法で義務付けられている全職員対象の研修会です。 今回のテーマは、①ノロウイルスアウトブレイクの振り返り ②ここが落とし穴!環境ラウンドを体験しよう  でし More »

きれいな梅の花が咲きました

ヴィレッジせいわ1号館の敷地にきれいな梅の花が咲きました。

今年は例年以上にきれいな花を咲かせています。

ヴィレッジせいわ1号館にお立ち寄りの際は、ぜひ庭に咲いている梅の花をご鑑賞ください。

S・IPS見学①

平成31年1月11日(金)に岡山の慈圭病院、川崎医療大学付属病院から計7名の見学者が当院で行っているIPS就労支援の見学にいらっしゃいました。慈圭病院では主に精神科デイケアで就労支援をされているそうで、今後就労支援にさらに力を入れていきたいとのことでした。

実際の支援の現場にも同行して頂き、企業で働いている姿を見て頂きました。「働いていると障がいがあるかどうか分からない」とS・IPS利用者の働きぶりに驚かれていました。また、活発な意見交換を行う中で精神科医療において就労支援の必要性が高まっていると感じました。

今回見学にいらっしゃるということでしたが、精神障がい者の就労支援に熱心に取り組まれる方々とお話しさせて頂くことで、私たちもより就労支援について前向きに考えられ、同じように就労支援に取り組んでいる仲間がいると勇気づけられました。今後も就労支援に力を入れていきたいと思います。

2019年もS・IPSは精神障害者のリカバリーに向けて活動していきます!!

S・IPS K

癒しの温泉

Kさんの自宅はお風呂が壊れている為、訪問時に清拭をしていました。本人が「温泉に行きたい」と希望を口にしたため、何度か一緒に行きましたが、人が入っていると恥ずかしいのか温泉にはつからず足湯だけで終わっていました。

人の目が気になりなかなか他者と交流が図れないKさん。温泉や大衆浴場は無理だと思っていましたが、田舎の温泉に行くと地域の皆さんがKさんに温かく声をかけてくださり、それをきっかけに温泉に入られる様になりました。

地域の皆さんに感謝です。

「気持ちよかった」と満足した表情をされ、こちらも癒されています。

 byB0R37

生活介護事業所「ひまわり」の作品②

あっという間に2月です。

2月といえば「節分」

生活介護事業所「ひまわり」にも『鬼』がやってきました。

色とりどりのすてきな(?)鬼です。完成度の高さにびっくりです

3日には豆まきをしてこの『鬼』を退治しなければなりません。入り口横の掲示板に飾ってあります。

生活介護事業所「ひまわり」の作品①

生活介護事業所「ひまわり」では創作活動としてアイデアたっぷりの作品を創作しています。

今回は新聞紙を再利用したエコバックです。

いろいろな形のバックが出来上がりました。

玄関ホールに飾ってあり、来場者の目を楽しませてくれています。

今年もよろしくお願いします!!

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。今年もこころクリニックせいわならびにNACTチームをどうぞよろしくお願い致します。さて、昨年はNACTにとっては、とても達成感を味わうことのできた一大イベントがありました。それは、浜田市でACT全国研修会浜田大会を無事に開催することができたことです。清和会から全面的な協力を頂き、さらには全国のACT関係者の仲間からのたくさんの励ましのお言葉も頂くことができ、本当にありがとうございました。この場をお借りし感謝申し上げます。私が、この大会を通じて一番感じたことは、地域のあらゆる業種の人々と出会い、その方々の様々な情報やアイデアを頂くことで、大会が支えられているということでした。これは、私たち精神保健福祉の分野でも同じことが言えると思います。精神障がい者の地域移行や地域定着を可能にするためには、地域に住む様々な人たちと出会い、交流することで新しい支援の方法が見つかり、精神障がい者が自分らしく安心して生活することを可能にするのではないでしょうか?今年も精神障がい者が地域での生活をより充実して過ごせるために、探求心を忘れず活動をしていきたいと思いますので、ご協力及び応援をお願い申し上げます。

By kyuu

心理教育公開講座について

検査で何が分かるの?~当院の臨床検査について~                                           というテーマで臨床検査技師の坂本さんにお話をしていただきました。

当院で働いている職種の紹介にはじまり、検査の種類・方法など普段聞くことのない話題・機器の写真に皆さん耳を傾けられていました。

・検尿カップの底の印は何のため?                                       ・心臓から送り出された血液は全身をまわって戻るのにかかる時間は?などクイズ形式のお話もあり、ひと時も気を抜くことなく参加者は聴かれていました。                             死亡原因第一の癌。食生活の変化と元々の日本人の体質の問題もあり増加しています。最新の検査などで早期発見すれば怖くない病気ともあり、検査の大切さを改めて感じたところです。                                    ふだん聞けない話でためになった、検査の方法・内容、癌の発見のために検査を受けたい・検査を続けたいなどの感想が多数ありました。 ますます寒くなりインフルエンザの時期となります、体調に気をつけておすごしください。

OTべりー

ヴィレッジ研修(1月)開催しました

1月のヴィレッジ研修は「精神症状(統合失調症や気分障がいなど)の特徴について」と題して、ヴィレッジ職員(看護師)による研修を開催しました。

「ヴィレッジせいわ」ではいろいろな職歴をお持ちの方が働いています。ヴィレッジせいわ内での職場研鑽を通じて『障がいの理解』に向けた努力をしています。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

就労継続支援A型・B型事業所「しおかぜ」のスケジュールボードに予定を記入して下さる利用者さんがいらっしゃいます。

いつも工夫を凝らして丁寧に記入してくれます。

今回は新年にちなんだイラストを描いてくれました。

皆さんにご紹介します。

素晴らしいですね。

毎月どんなスケジュールボードにしてくれるか楽しみにしています。

 

 

 

正月を迎える準備もバッチリです

ヴィレッジせいわ2号館の玄関に立派な門松が飾ってあります。生活介護事業所「ひまわり」のメンバーが協力して作成してくれました。

本格的な門松が利用される皆さんを出迎えてくれています

一気に正月気分が盛り上がります。