2.理事長・院長・副院長交代式が挙行されました

平成24年8月1日㈬ 13:30 清和会史上、重要な場面を迎えたことを誰もが実感する厳粛な空気の中、西川病院大会議室にて理事長・院長・副院長交代式が挙行されました。

西川前理事長は昭和53年から理事長の任務を、そして古賀前院長は平成16年からその任務を果たしてきました。自由・開放・科学の理念を立ち上げ、組織の改革から個室開放病棟の新築、この数年間では、社会医療法人の認可、新2号館新築など多くの事業を成し遂げました。

その思いを引き継ぎ、この日から新たな清和会が一歩を踏み出しました。新理事長・院長を荒木正人、新副院長を松本貴久、林輝男、内田有彦とした新四頭体制です。清和会を更に盛り上げていく決意を新たにし、これからも更なる発展を目指して精進して参ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です