IPS就労支援プログラム導入ガイドを清和会から出版しました!

投稿日時 2017-06-22 | カテゴリ: 清和会

IPS(Individual Placement and Support)はアメリカで始められた精神障がい者のためのアウトリーチを中心とした個別就労支援です。IPSはあくまでも地域での一般就労の実現と、それによる精神障がい者の人としての成長、すなわちリカバリーを目標としてします。清和会では平成27年に現地視察を行い、平成28年から正式にIPS就労支援を開始しました[SIPS(清和会IPS): シップスと呼びます]。導入に際して、現地視察の際持ち帰ったIPS導入ガイドを日本語訳し、それに忠実に原型のIPSを実践することに努めました。この度、私たちの自験例、日米の就労支援の比較を、この日本語訳に加え、星和書店からこの一冊を出版しました。本書が、精神障がい者の「働きたい」を支援し、リカバリー実現の一助となればと期待しています。 林 輝男






社会医療法人 清和会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.seiwakaihamada.or.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.seiwakaihamada.or.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=40