外来症例18 「耳鳴り・眩暈・血圧変動」が主症状の老年期ストレス性過覚醒状態

Key word 不快ライフイベント 脳機能低下 過覚醒状態 クエチアピン

70歳代 女性
10日前から頭位変換時に数分間程度持続する眩暈が出現した。数日前突然動悸が起こり内科受診したところ最高血圧160mgHgで高血圧症による症状と診断された。降圧薬と鎮暈薬が処方されたが、眩暈は改善せず当院受診に至る。

初診時
半年前地域でトラブルがあり心痛し、それを機に耳鳴りが出現した。夜は4時間眠ると目が覚める。耳鳴りが気になり寝付けず深夜2時以降はテレビなど見て過ごしていた。以前の睡眠は良好であった。眩暈は10日前、終日流れた震災報道をテレビで見たのをきっかけに発症した。

CTでは頭頂葉萎縮が認められたが、しっかりした応対をされ、認知症症状は認めない。血圧:114/72mmHg。
歩行はスムースで、フラツキは認めない。

不快なライフイベントを契機に発症した一連の耳鳴り、眩暈、血圧変動、早朝覚醒は、加齢による脳機能の低下とストレスにより惹起された過覚醒状態による症状と診断し、以下処方した。
処方
クエチアピン(25mg)0.25錠
リボトリール(0.5mg) 1錠  1日1回 夕食後

服用中の降圧剤は一端中止し経過観察とした。その旨内科主治医に情報提供をした。

治療経過
当夜
20時服薬し、間もなく入眠。22時に一時覚醒したがその後翌朝6時まで熟眠した。
夜中の体位変換時にいつもあった眩暈はない。覚醒して起き上がり再び横になったらクラッと来たがこれまでとは異なり眩暈はすぐ治まった。

2日後
20時30分に服薬し21時入眠。4時30分まで熟眠。耳鳴り、夜間の眩暈は完全に消失した。

14日後
血圧100/70mmHg。眩暈と耳鳴りは全く消失し睡眠も良好。しかし午前中頭重感あり、体が重くスムースな動作がし難かった。家族旅行があり、朝起きられないと困るため、その間クエチアピンは3日間服用中止した。リボトリールのみ服用していたが、午前中は頭がボーとすると話される。
リボトリールのhang-over (持ち越し効果)と考え、以下の処方に変更した。
処方
スルピリド(50mg )1錠 1日1回 夕食後

以後一連の症状の再燃はなく3ヶ月が経過している。

追補症例 80歳代 男性
【初診時】
20年前位から、雨が降っているような、ボイラーが鳴っているような音が終日聞こえ夜眠れない。難聴もあり、人の話が聞き取れない。耳鳴りは草刈機より大きい音で、寝ていてもその音の為に目が覚めると話される。CT:前頭葉・海馬萎縮あり。

本症例と同様な病態と考え以下処方した。
処方 クエチアピン(25mg)0.25錠 1日1回 夕食後

【2週間後】
医師:耳鳴りはどうですか?> ご本人:先生の声が分かります。
音が小さくなりましたか?> するのはするが、ワーとする位で大分小さくなりました。
眠りはどうですか?>よく眠れます。

表情和らぎ、初診時は会話困難であったが、ほぼ普通に応答可能となられた。

診療のポイント
眩暈・耳鳴りの病因は末梢性(内耳性及びその他)と中枢性(脳)に大きく分類される。
これらは原因不明のものが多く、一般的には治療は極めて困難である。本症例の場合、不快なライフイベントを契機に耳鳴り、眩暈、血圧変動、不眠が一連の症状として発症し、長期間持続していた。CT上脳萎縮があり、加齢による脳機能低下状態下で不快なライフイベントがストレスとなり、過覚醒状態が惹起され一連の症状が発現したものと診断した。
追補症例にも示したが、極めて少量のクエチアピンが耳鳴りを含めた一連の症状に著効した。本症状は認知症のBPSD(周辺症状)や老年期のせん妄と類似の病態により発症した、ごく軽微な症状として捉え得ると考えた。このような症状の治療に関しては成書にも記載はないが、抗精神病薬、特に鎮静作用の強いクエチアピンの極少量で過覚醒状態を是正する事がポイントと言えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です