外来症例8 暴力を伴う難治性てんかん

 

Key word 過量投与 拒薬 血中濃度 防衛反応としての暴力

 20歳代 男性

中学2年時より痙攣発作があり神経内科で加療。18歳から県外のてんかん専門病院で治療を受けている。最近街中で、金属バットで素振りをするなどの奇異行動や、それを注意した家族に手を挙げるなど粗暴な行為が目立つようになった為当院受診に至る。

治療経過

初診日
てんかん治療は引き続き専門病院とし、当院では攻撃性などの精神症状を治療目標に薬物療法を行う事とした。
リスペリドン2mg  1錠 1日1回 夕食後

3ヶ月後
依然攻撃性は続いている。特にCDやお菓子を欲しがって困ると家族から訴えがあった。てんかん発作はコントロール不良。
リスペリドンから、より静穏効果の強いジプレキサに処方変更した。
ジプレキサ5mg 1錠 1日1回 夕食後

この後、攻撃性は抑制された。

5ヶ月後
てんかん治療の主治医から、てんかん発作コントロールのためフェノバールを増量していくので、当院にて血中濃度測定を行いフォローして欲しいと依頼があった。
フェノバールの増量が行われ、一日量180mgの高用量になったが、フェノバール血中濃度は低値のままで治療有効濃度に達しなかった(⇒参照11)。
てんかん発作コントロールは依然不良。

10ヶ月後
最近は父親にまで暴力が出て困るとの訴えで受診に至る。
どの様な場合に暴力が出るかと家族に尋ねたところ、家族の目の前で薬を飲むように言った時に暴力が出る由。本人に聞くと「両親が薬を飲めと言うので腹が立つ」「薬を飲むとふらつく」と訴える。

この時点での抗てんかん薬(1日量)は、アレビアチン275mg、テグレトール400mg、フェノバール180mgであった。通常量の倍量のフェノバールが処方されているにも関わらず血中濃度は依然治療有効濃度に達せず、ふらつきなどの副作用が前面に出ていたため、フェノバールを半分量にしようと提案したところ、険しかった本人の表情は途端に和らいだ。

父親に本人の暴力は薬物の副作用から自分自身を守る防衛反応であることを説明したところ納得される。本人にも医者は君の味方なので自分の要望ははっきり言って、その代わりきちんと服薬する事を約束させた。また保護者から、てんかん治療も精神症状の治療も当院で行って欲しいと希望される。
この為、睡眠作用の少ないバルプロ酸1000mg(デパケンシロップ20ml)単剤で治療を開始する。

その後アレビアチン200mg(10%アレビアチン散2g)を併用し、以後血中濃度は治療有効域に収まるようになった。
最終処方(1日量)は、バルプロ酸1000mg(デパケンシロップ20ml)、アレビアチン220mg(10%アレビアチン散2.2g)、イーケプラ1000mg。

てんかん発作のコントロールは多少の自動症はあるものの許容範囲となる。
粗暴行為は一旦終息した為ジプレキサを中止したところ、その後再び街中で粗暴行為があったためエビリファイ液6mlを追加処方した。

暴力もなく6ヶ月以上経過している。

診療のポイント

本症例は、処方薬の副作用から服薬が遵守されず、血中濃度が上昇しなかったケースである。服薬状況を確認せずに血中濃度値だけで判断して、薬物増量を行う事は極めて危険である。また、確実な服薬のために水薬や散剤を用いることが有効な場合もある。副作用で患者を苦しめる事のない薬物療法を行い、信頼出来る患者・医師関係を築くことが大切である事を痛感した症例である。

外来症例8 暴力を伴う難治性てんかん への6件のフィードバック

  1. Y のコメント:

    子どもの事です。18歳の女子です。2年前にてんかん発作がでて、いくつかの病院をたらい回しに行きました。
    入院も何度し、検査、手術をした結果、側頭葉てんかんと診断されました。
    現在は薬の調整でてんかん発作は抑えた感じです。
    ただ逆に毎日暴れるようになり、妄想感強まり、妻や息子に強い嫌悪感を抱いています。妻や息子の部屋をめちゃくちゃにしています。
    警察に何度も通報しています。
    このままだと、家族の方がおかしくなりそうです、どのような対処をした方がいいのでしょうか。

    • 西川 正 のコメント:

      精神科を受診され、適切な抗精神病薬による治療が必要と思われます。場合によっては入院加療も考慮されるべきでしょう。

  2. N,M のコメント:

    子ども7歳。3歳の頃にてんかん発作を起こし、その後テグレトール3年服用、移行期間半年おいて1年前にイーケプラ0.3gのみに変更しました。
    年に一度程度の右側の痙攣が主でしたが、発作が増えた為イーケプラに変更しました。
    口元の痙攣も徐々に増え始め、3ヶ月前には口元の痙攣があり、それ以降は発作がなくてもよだれが出る事が増えました。
    それ以上に、暴言、神経過敏、イライラ、しつこさが毎日あります。
    発作が原因なのか、成長の過程なのか、環境の変化が原因なのか?

    てんかんでこのような症状は出るのでしょうか?

    • 西川 正 のコメント:

      恐らく、発作を繰り返す事により形成される脳障害による「てんかん性性格」と思われます。このような症状がある事を主治医に話されて、対策を検討して下さい。

  3. N のコメント:

    子供のことです。子供は左側頭葉てんかんです。
    薬物療法では、発作は抑制されず、イーケプラ、テグレドールの二種類を試し、外科手術に進みました。
    三種類目を服用しながら、手術を待ちました。
    ピムバットは、発作を抑制しましたが、目がチカチカする副作用はありました。
    手術で発作の焦点を摘出しました。
    発作はなくなりましたが、、
    きれて暴力を振るうことが増え一旦暴力を振るい出すと15分は止まりません。
    日々どうしたらよいかわからずにいます。

    • 西川 正 のコメント:

      Nさんのコメントに返信。
      現在何科で薬物療法を受けておられるのでしょうか?このような症状に対しては抗てんかん薬だけでなく、抗精神病薬の投与が必要です。私はアリピプラゾールがこのような症状には有効と思いますが、抗精神病薬の処方に関しては精神科医が習熟していますので、まずは現在の主治医に相談され暴力が治まらない場合は精神科を紹介して貰われたら良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です