参照1:統合失調患者の薬物療法指針

薬物療法

まず著者の薬物療法の原則を簡潔に述べる1,2。抗精神病薬の処方に際しては、幻覚妄想状態や、精神運動興奮状態など精神症状の状態像の診断を重視する。そして現在の状態像から推察される「覚醒水準」を最重要視する。急性期に大量投与を行う必要があっても、次第に鎮静し、覚醒水準が低下してくると、眠気、ふらつき、構音障害などの行動毒性が出現してくる。標的症状と行動毒性を指標に1~2週毎に徐々に減薬を行い、最少有効量を維持量とする。

非定型薬時代の現在では表1に示したような原則により薬物療法を行っている。入院症例1は難治例であり、エビリファイ(アリピプラゾール)よりもジプレキサ(オランザピン)が有効と考え、処方し著効したと考える。

 

文献

1)西川 正:抗精神病薬治療の実際. 稲永和豊, 田中正敏編, 向精神薬, 東京, 医歯薬出版,

169-193, 1988

2)西川 正:分裂病治癒者のカルテ. 東京, 星和書店,1-164, 2002

 

表1 抗精神病薬の選択(西川正:福岡PPST研究会セミナー. 2008.6.13)

 

激越 第一選択
ゾテピン
第二選択
ブチロフェノン系
プロペリシアジン
Augmentation; 炭酸リチウム、バルプロ酸ナトリウム
非激越 リスペリドン
スルピリド
アリピプラゾール
難治例
オランザピン
QOL向上
ペロスピロン
アリピプラゾール
EPS脆弱例
ペロスピロン
クエチアピン

参照1:統合失調患者の薬物療法指針 への2件のフィードバック

  1. 玉○ のコメント:

    初めまして。総合失調症の薬について質問させてください。
    私の息子(15歳)は今総合失調症の発作で3月初日から入院しています。
    最初の薬が効果を示し、状態が落ち着いてきていたのですが、ちょうどその時病院を移ることになり、次の病院の先生が薬が強すぎるといって、量を極端に減らしてしまいました。彼女曰く、再発の危険は分かっていたが、他に方法はなかったと。

    もちろん息子は再発しました。そして薬を変えるのかと思ったら、同じ薬を再発後も9日間与えつづけ、息子は文字どうり、ゾンビになりました。寝ないで喋りつづけ、一人で食事することもできない状態になりました。
    10か目に医者もやっとおかしいと思ったのか、今まで使っていた薬をすべて一度に止め、新しい薬(黒日区ソル)を一日目から相当な量使い始めました。そしてアビリファイは徐々に量を増やした様子です。

    恐ろしい治療のあと、幸いにも薬が効いて息子の状態は急激によくなりました。しかし、医者はまた薬の量を早く減らし始めたようで、先週木曜日再発しました。
    その後私も色々調べ、様々なメディカルサイトで再発後は薬を変える、以前使っていた薬は使えない、などの情報を得ました。この情報は確かなものでしょうか?

    前回の苦い経験にも関わらず、医者はまた、まったく薬を変えようとしません。この医者の処方はただしいのでしょうか。息子はまた一日に2~3時間しか寝ず、しゃべり続ける状態が始まっています。日々悪くなる一方です。医者は薬をかえず、新しい薬を増やすと言っています。

    こんな状態ですから、私も眠れません、食べれません。
    どうか、この医者の処方が正しいのか、薬を変えるべきなのか、教えてください。

    ありがとうございます。
    宜しくお願いします。

  2. 西川 正 のコメント:

    ご心痛拝察申し上げます。
    薬物療法の基本方針は参照に述べた通りですが、薬物の減薬のスピードは各種ガイドラインや医師により異なります。但し、再発させない減薬こそが医師の腕の見せどころと言えるでしょう。私の場合は早目の減薬を目指しますが、それにより再発となる事はまずありません。お尋ねの「その後私も色々調べ、様々なメディカルサイトで再発後は薬を変える、以前使っていた薬は使えない、などの情報を得ました。この情報は確かなものでしょうか?」についてですが、その薬が有効であり、早すぎる減薬で再発したのであれば、再度同薬を使用して支障はないと考えます。以上原則論だけを回答させて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です